FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは、7期の熊です。
本日紹介するのはこちら↓
グソクたん
等脚目スナホリムシ科オオグソクムシ Bathynomus doederleiniiです
某深海水族館でおせんべいにされてましたね

しかしグソクムシと聞いて皆さんが最初に思い浮かべるのはダイオウグソクムシ Bathynomus giganteusではないでしょうか
この2種は見た目も似ているため、混同されがちです
そこで!今回はオオグソクムシとダイオウグソクムシの見分け方をお伝えしたいと思います

オオグソクムシの体長は体幅の約3倍、体長は10~20 cm
ダイオウグソクムシの体長は体幅の約2倍、体長は20~50 cm

体長は個体によって様々ですが、体幅比は変わりません
オオグソクムシの方が小柄で胴長なんです!!日本人体型で可愛いですねー

改装後の北里アクアリウムでもオオグソクムシは展示します
「ダイオウグソクムシは見たことあるけど...」なんて方は是非北里アクアリウムにいらしてみてください。


2016/10/29(土) 00:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!7期生の立枝です。
最近暑くて早くも夏バテぎみなので、今日は冷たい水槽で暮らしているユメカサゴHelicolenus hilgendorfi Steindachner and Döderlein, 1884 について話して涼みたいと思います!

ユメカサゴは偶数日にご飯を食べていて、ラボスタッフが直接口元まで餌を運んでいます。水槽の水は非常に冷たいので、ご飯をあげるのに手間取ると夏でも手が痛くなってしまいます(^^;

でも彼らにはこの温度が良いそうです。
20160704_144424.jpg

石の上で寝ているような愛くるしい姿を是非みて下さいヾ(o´∀`o)ノ

2016/07/06(水) 14:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!3年…あらため、7期生田代です✩
他の皆さん7期生で統一してるのに・・・なにをしていたのか自分!(笑)

さてさて、本日はまたまた登場、オオグソクムシ(Bathynomus doederleinii)さんです。
DSC_1935.jpg

今日は30日!・・・ということで、深海コーナーに餌を与える日であります。

皆さんオオグソクムシ(Bathynomus doederleinii)が餌を食べるところを見たことがありますか??

なんとですね、そんなお食事シーンの撮影を当ラボスタッフ、Tさんが行ってくれました!(拍手!)
そんな貴重なグソクさんのもぐもぐシーン、皆さんもどうぞご覧ください(^ ^*)

GM_20160630_122937.gif

どうですこのかわいらしさ!!!!
グソクさんのスピードは本当はもうちょっと遅いのですが(編集で早くなっちゃいました)、するりと近寄る感じはわかりますよね!
このままゆっくりともぐもぐ食べていくんです。

DSC_2189.jpg

グソクムシさん、味はどうですか?
グソク「・・・」


もぐもぐ・・・それではグソクさんご飯に夢中ですね;
それではお邪魔しないよう、皆さんとお別れしましょう・・・

もちろん、この可愛らしいグソクさんは当北里ラボ内でご覧になれます。
皆さんのご来館をお待ちしております。

以上、田代がお送りしました✩


2016/06/30(木) 17:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。最近雨が多くてジメジメしてますね。7期生の武澤です。

今日ご紹介するのは、こちら!ヌタウナギ(Eptatretus burgeri)ちゃんです!
IMG_4492.jpg
この細長くスマートなボディ・・・!小さいオオグソクムシ(Bathynomus doederleinii)とツーショット!
「うなぎ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ヌタウナギはウナギとはまったく別の種類です。(もちろん、ヘビでもありません!)外見がウナギとよく似ていますが、よ~くみてみると、ヌタウナギには眼がないんです・・・!

そんなヌタウナギちゃんたちの水槽には・・・
IMG_4494.jpg
げげっ!(驚)魚の骨・・・!
恐ろしい光景ですが、じつはヌタウナギちゃんにとって、魚の死がいは御馳走なんです。ヌタウナギは深いふかい海の底に住んでいます。海の底には、力尽きて沈んできた魚などが溜まっていきます。ヌタウナギやオオグソクムシは、そういったものを食べて暮らす、海の底のお掃除屋さん、なんです!すごいぞ!かっこいいぞ!

アクアリウムラボへお越しいただいたときには、是非とも可愛らしいヌタウナギちゃんにも会いにきてくださいね!
それでは!

2016/06/28(火) 16:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ラボ日誌へようこそ!3年田代です。

今日の主役はみんな大好きオオグソクムシ (Bathynomus doederleinii)
DSC_1935.jpg

グソクムシのが何本あるか知っていますか??
グソクムシを裏返して見てみると、左右合わせて7対、合計14本の脚があります!
これは陸のダンゴムシも同じで、じゃあダンゴムシとどう違うの?っていうと、丸まることが出来るか出来ないか、なんです。
ダンゴムシはコロンと丸まって防御姿勢をとれますが、グソクムシは完全には丸まることが出来ないんですよ~
なんでですかね、泳いで逃げることが出来るからでしょうか・・・それとも戦う術を持っているから・・・?

そういえば、グソクムシ類にはオオグソクムシ(Bathynomus doederleinii)、ダイオウグソクムシ(Bathynomus giganteus)、メナガグソクムシ(Aega antillensis)と似たような種類が沢山いますがダンゴムシにも種類が沢山あるんですかね?なんにせよ、それぞれの個体が生きていくのに適した体になったのですから、近縁種が沢山いるということにロマンを感じてしまいます。

おっと、つい考えにふけってしまいました。
読者の皆さんもぜひ当ラボ水槽の生き物たちについて考えてみてはいかがでしょうか。

以上、田代がお送りしました。

2016/05/27(金) 16:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム