プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!七期の中根です。
暖かくなってきましたね(^^)。海に入ってじっくり生物を観察できる時期が目の前に迫ってきているのを肌で感じます(笑)

さて、モノ作りブログはいったんお休みさせていただいて、、、
今回はタツノオトシゴHippocampus coronatusの体色変化について書こうと思います。

以前のブログで書かれていましたが、タツノオトシゴはオスが育児嚢の中で子供を育てます。
これだけでも十分に面白い生物だと言えますね!


しかーし!!タツノオトシゴの面白さはこれだけではありません!!
なんとなんと!自分の周りの色に合わせて、体色変化をするのです!


はい、では実際に写真を見てみましょう!

IMG_8346.jpg
 ↑
黄色くなっています。奥の個体は特に真っ黄色になってますね!
この写真は自然光に近い光を当て、プラスチックの水槽内隔離ゲージに入れていた時の写真です。


IMG_8420.jpg
 ↑
こちらの写真では真っ黒です。
かなり暗めの白色光で、水槽の底面には黒い砂を引いた時の写真です。



IMG_8749.jpg
 ↑
三つめは脱色したかのような白色です!
深海のような暗く青黒い空間にしていた時の写真です。


上の二枚は、藻のような黄色と砂に溶け込んだ黒色に変化したことから、周りの色に溶け込んだのだと推測できますが...

最後の一枚!通常なら黒色になりそうなところですが、真逆の白色!
暗い水槽内に白色の体では直ぐに見つけられそうですが、これがびっくり!
パッと見た感じでは何もいないかのように溶け込んでいました。

......まるで忍者です(笑)


実際にタツノオトシゴの体色変化については、まだ仕組みが分かっていないそうです。
それでも、この写真に写っているのは全部同じ個体!いやぁ~!タツノオトシゴの体色変化恐るべし!ですね(^^)



それではこのあたりで!(^^)
スポンサーサイト

2017/03/28(火) 16:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム