プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんにちは!アクアリウムラボ7期の新村です。

今日は、ラボで飼育しているサンゴの中から コエダナガレハナサンゴ Euphyllia divisa を紹介します。


DSC_0611.jpg



以前にもお話ししましたが、コエダナガレハナサンゴは好日性ハードコーラルLPSに分類されるサンゴです。

ポリプがタコの足のように見えることから、別名タコアシサンゴとも言われます。

ラボで飼育しているコエダナガレハナサンゴはブランチタイプです。

そんなコエダナガレハナサンゴですが、最近、なんと骨格が枝分かれしました!(@ ̄□ ̄@;)!!


DSC_0670.jpg


照明が青いので少しわかりにくいですが、緑色のポリプの根元の白っぽい部分が新しく枝分かれした骨格です。

ソフトコーラルとは違い、コエダナガレハナサンゴのようなハードコーラルは骨格の形成に時間がかかり、加えて要求される水質

の条件が厳しいため、今回のような骨格の枝分かれはなかなか見られません!!私は初めて見ました。

私自身、実家でコエダナガレハナサンゴのブランチタイプを飼育していますが、まだ枝分かれには至っていません。

ラボのコエダナガレハナサンゴは絶好調です!

ちなみに、サンゴ水槽の水替えは Red Sea 社 製のサンゴ用人工海水である「CORAL PRO SALT」を用いて2日に1回20リットルほど行っています。

DSC_0673.jpg

このこまめな水替えがサンゴたちの調子が良い要因であることに間違いはないでしょう!!



今回の骨格の枝分かれを日々観察し、サンゴの成長を実感することが出来ました(>▽<)

とても嬉しいです!!!



このブログを読んで皆さんがサンゴにより興味をお持ちいただけたのなら幸いです。

ではまたお会いしましょう( ^ ^ )/~~~






  
スポンサーサイト

2017/03/18(土) 10:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム