プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!7期の土です!

皆さんはギンガメアジCaranx sexfasciatusという魚をご存知でしょうか!?


どんな魚かといいますとコチラです!!
ギンガメアジ

パッと見た感じどうですか?
めっちゃ地味だと思いませんでしたか?
色が派手なわけでもなく、形が変わっているわけでもない・・・

じゃあどこが一味違うのか?アジだけに・・・

今回はこんなギンガメアジの一味違った素顔についてご紹介したいと思います。

まずはギンガメアジの味について

普通に美味しい!

刺身でもフライでもカルパッチョでもなんでもいけそうな感じです!



ギンガメアジはインド洋・太平洋の熱帯・亜熱帯海域に分布する大型のアジで、黒潮に乗って関東地方にもやってくることがあるそうです。

つまり、ギンガメアジの正体は南の国から来た南国ボーイだったのだ!!!

ということで、去年の今頃、ギンガメアジの故郷に行って参りました(笑)

その場所は日本から遠く離れてパラオ共和国のブルーコーナー。

ダイビングのメッカとも言われるパラオにはラボでは見せないギンガメアジの驚きの顔が隠されていました!!




それがコチラ!!
P3231259.jpg

P2230429.jpg

撮影場所 パラオ共和国 ブルーコーナー


おわかりいただけますか?ギンガメアジの大群です!

大群を作ってサメなどから身を守っていると考えられます。
ラボではあんなに地味な感じのキャラなのに、祖国ではこんなに統率の取れた泳ぎをしているなんて驚きです(笑)

ラボには二匹しかいませんが、いつかあの大群をラボで再現してみたいものです。
そのためにはMB棟すべてを水槽にしなくてはなりませんが(笑)



そんな感じで意外な一面を持つギンガメアジでした~。



それではこの辺で!










スポンサーサイト

2017/02/08(水) 22:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム