プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんにちは!7期の新村です。

今日は久しぶりにラボで飼育しているサンゴの紹介をします。

今回紹介するのは ミズタマサンゴ Plerogyra sinuosa です。

DSC_7173.jpg

このサンゴはその名の通り、明るくなると光を求めて水玉のような形のポリプを出します。

英名もバブルコーラルです。

そう!写真に見えている蛍光緑色の部分は全てポリプなんです!本体はポリプの付け根にある硬い骨格の中にあります。

水流にポリプが揺られる様は見ていてとても美しく、蛍光緑色が綺麗です。

DSC_7157.jpg

上の写真は、ポリプを全開にしている様子です。

よく見ると触手が出ていることがおわかり頂けるでしょうか? この触手をスイーパー触手と言います。

飼育が少し難しいサンゴの一つですが、定期的な水替えのおかげで状態良くキープできています。絶好調です!


ミズタマサンゴを含む好日性サンゴは、体内に住まわせた褐虫藻に光合成させて栄養を吸収します。

そのため、飼育には光がとても重要な要素になります。

また、ミズタマサンゴは好日性、ハードコーラル、LPS (ラージ ポリプ ストーニー コーラル)という分類になります。

簡単に言うと、褐虫藻に光合成させて栄養を吸収して成長し、硬い骨格を持ち、ポリプが大きいサンゴという意味です。

このブログを見て皆さんがサンゴに興味を持って頂けたら幸いです。

では失礼します。(^-^)/~

  
スポンサーサイト

2017/01/31(火) 10:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム