FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
皆さんこんにちは。
6期の関口です。
先日、潮干狩りに行ってきました。
潮干狩りといえば春先の4~5月くらいなんですが、
今回は別の目的がありました。
それについてはまた別の機会にします。お話しできるかはわかりませんが・・・

それでは潮干狩りでとれた貝を紹介したいと思います。
左から順に、
ホンビノスガイ Mercenaria mercenaria、オキシジミ Cyclina sinensis
アサリ Ruditapes philippinarum、シオフキ Mactra veneriformisです。
潮干狩り1
これらの貝は、大きさ、色、形、高さ、手触りで仕分けることができます。

↓は別アングルの写真です。
KIMG0045.jpg
こうしてみるとオキシジミはわかりやすいですね。
ホンビノスガイはアサリやシオフキよりも大きくなり、色もほとんどが灰色なので
知ってさえいれば簡単に見分けられると思います。
シオフキはサイズはアサリとほとんど変わりませんが、手触りがつるつるです。
アサリやホンビノスはざらざらしているのでこれも知っていれば簡単に分けられます。

さて、これらの貝は調理して美味しくいただけます。
シオフキは砂抜きが面倒なので敬遠されがちですが、これも美味しい貝です。
今回は酒蒸しでいただきました。
長くなってきたので、感想はシオフキとオキシジミだけにします。
ホンビノスとアサリは市場によく出回るのでご自身で確かめてください。<(_ _)>

シオフキは、味はアサリと似ていて大変おいしかったです。
ただ、アサリと比べると少し水っぽく柔らかかったです。
オキシジミは肉厚で美味しかったのですが独特の臭みがあり、
それが少し気になりました。
ただ、後日出汁をとって味噌汁にしたら大変おいしかったです。
身の方は相変わらずでしたが…

今回はこの辺で、ありがとうございました。(^^)/^^^
スポンサーサイト




2016/09/21(水) 11:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム