FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
皆さんこんばんは。水族館スタッフの湯田です!
文化祭まできっかり1週間となりました。
各水槽、着々と準備しており、スタッフ一同頑張っております!

さて、告知は毎日のようにやっているんで今日は少しお勉強話を・・・
お勉強内容は、タイトル通り共生と寄生の話です。

共生と聞くとクマノミとイソギンチャクみたいなのが想像でき、寄生と聞くと悪いイメージな寄生虫なんかが想像できるかと思います。
しかし!実は寄生は共生の1つなのです!
・・・分かりにくいですよね(苦笑
共生とは
相利共生(そうり)、片利共生(へんり)、片害共生(へんがい)、寄生の4つに分けられます。
つまり、クマノミとイソギンチャクの関係もヒトとシラミの関係も大きくみれば同じ共生の1つなのです。
1つ1つ軽く説明しましょう
相利共生とは、お互いが利を得る共生のことです。さっきから再三書いているクマノミとイソギンチャクの関係がそうです。
片利共生は、片側だけが利を得ること。例を挙げればジンベイザメとコバンザメの関係です。
片害共生は、片側が損をすること。カッコウとオオヨシキリの関係なんかです。
そして寄生、片側が利を受け、もう片側は損をすることです。ハリガネムシとカマキリの関係等です。
寄生にもいろいろな種類がありますが、これを説明すると長引くので今回は省略で。

ちなみにアクアリウムラボにも共生関係の生き物がいます。
そう、オープンから未だ健在なヤセオコゼとウミヒドラです。
まだ残念なことにどの共生関係なのか分からないみたいですが。
ついでに標本には以前疑問に出たサナダムシ(9/3参照)もいます。
栄養を奪って宿主を痩せさせるサナダムシは、本来なら寄生です。ただ、サナダムシダイエットしている方には相利共生になるのかもしれませね(汗

湯田
スポンサーサイト




2011/10/29(土) 17:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム