FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
皆さんこんにちは

今日はあの人の回ですよ!!

もしかして期待してくれてます?

期待してくれちゃってますよね?

だってこの始まり方ですよ!!

では、私が皆さんを代表しまして質問してみたいと思います

Are you a leader?(訳:貴方様はリーダーであらせられるお方ですか?)

Yes!!I am a leader!!!!!! (訳:いかにも!!我がリーダーなり!!!!!!

はい

ということで、今日はフグのお話をさせていただこうと思います

なんで突然フグなの?

と思われた方もいらっしゃいますでしょうか

ついこの前、副リーダーの武井君がかわいいフグたちを採ってきてくれました

クサフグ

クサフグTakifugu niphobles

キタマクラ

キタマクラCanthigaster rivulataです

この子たちがまだまだ子供でかわいいんですよ( *´艸`)

また展示しているフグもいます

シマフグ

シマフグTakifugu xanthopterusです

このブログにも何度か登場してきております

フグの特徴と言えばパッと思いつくのが毒ですよね

フグの毒は怖いという印象を持っている方は多いと思います

しかし、フグは食べても大抵の場合問題ないと主張する方もいらっしゃいます

これは実はどちらも事実なんですよ

フグの毒は自ら生産しているものではないのです

フグ毒を生産する植物プランクトンなどがいます

それを食べる生物がいます

その生物をフグが食べます

このような流れでフグに毒が蓄積されていくと言われています(実はフグ毒がどこから来るのかはまだ明確にはわかっていません)

つまりフグが食べたものがほとんど毒を持っていない場合、フグもほとんど毒を持ちません

しかし目の前にいるフグが毒を持っているかどうかは見た目では分かりません

なので食べてはいけないと言われている種類のフグや部位は決して食べないでくださいね

はい、フグの特徴2つ目です

まずは下の写真を見てみてください

ベラ絵

フグ絵

一枚目は一般的な魚の絵で、二枚目は一般的なフグの絵です

どこが違うか分かりますか?

腹びれに注目してみてください

フグには見当たりませんね~

そうです、そこがフグの特徴の一つなのです

今度フグを見る機会がありましたらぜひ注目して見て下さい

ちなみにハギと名の付く魚たちもフグの仲間なんですよ

だからハギにも腹びれがありません

では世界最大のフグってどのフグかご存知ですか?

おそらく皆さんご存知のはずですよ

正解はマンボウです

マンボウはフグの仲間なんですよ

じゃあマンボウって美味しいの?と思いますよね

私もそう思いまして、先代のリーダーに聞きましたところ、美味しいという答えでした

どんな味なのかますます気になりますよね~

死ぬまでに一度食べてみたいものですよ

・・・・・・・・・・・そもそもフグ食べた事ありませんでした

最後にもう一つフグの特徴をあげるとしたら、硬~い歯ですね

フグ(ハギも)の歯は本当に硬いんですよ

あまり知られてはいませんがフグに噛まれるととんでもない大けがになることが良くあります

フグはそのとても丈夫な歯を使って二枚貝の殻をかみ砕いて食べたりします

私はやってみてないので分かりませんが、おそらく人間が簡単に出来ることではないと思います

皆さん釣りに行っってフグを釣った際は決してフグの口に指を入れたりしないでくださいね

まだまだ紹介したいフグのお話はたくさんあるのですが、これ以上書いていると止まらなくなってしまいますのでこの辺でやめておきます

皆さんもいろいろ調べてみてください

フグって、魚って、生き物って面白いですよ~(≧▽≦)

それではまた次回!!
スポンサーサイト




2015/09/29(火) 19:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム