FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
えー・・・突然ですが、みなさん。

人生には輝かしい出会いがあり、切なくも乗り越えなければならない別れがあるものです・・・

これまで8回に渡ってお送りしてきたこのコーナー

9回目の今回をもって最終回とさせていただくことになります

切ない・・・非常に切ないです・・・

しかし、この別れも乗り越えなければならないのです!!

この別れを乗り越え、また一つ強くなり、新たな出会いに向かって進んでいきましょう!!

もちろん一人とは言いません

彼が一緒に乗り越えてくれます

楽しい時も、つらい時も、いつもそばにいてくれた彼が一緒なのです!!

怖いことなどありましょうか!!

それではお呼びいたしましょうか!!

いつも一緒にいてくれた、心強いみんなの味方!!

リーダー!!!!!!!!!!!!!

はい、ということで最終回となってしまいましたが、いつもと変わりません

張り切っていきましょう!!

今回ご紹介致しますのは、現在3年生の吉川 美月さんの好きな生き物です

それはズバリ、熱帯魚!!

淡水の熱帯魚です

熱帯魚

写真は、現在アクアリウムラボのバックヤードにて出番を待っている熱帯魚たちです

こちらの生体たちは新江ノ島水族館からご提供して頂きました

どれも日本では採れないお魚たちばかりです

色も綺麗ですよね~

これらの熱帯魚は、主に観賞魚屋さんなどで購入することが出来ます

飼育が凄く簡単な種類もいますので、魚の飼育に興味がある人には熱帯魚の飼育はお勧めです

そしてこの熱帯魚たちの魅力の一つが、繁殖です

海水魚は繁殖が簡単に狙える魚がとても少ないのですが、淡水魚は自分たちの手で簡単に増やすことが出来る種類がいくつか存在するんですよ

卵から飼育していくと、より一層愛着がわいてきて、魚の飼育がやめられなくなっちゃうんですよね~

もう一つ熱帯魚飼育の魅力として挙げるならば、やはり水草レイアウト水槽でしょうか

一般に、水草や流木や石を水槽に入れることによって隠れ家が出来たりするため、お魚達が水槽という環境になじみやすくなるんですよ

そのほかにも水草などを入れるメリットはいくつかあるのですが、この水草などを使ったレイアウト水槽は奥が深いんです

興味のある方はインターネットで調べて見て下さい

凄い人たちのレイアウト水槽は本当に圧倒されます!!

残念ながらリーダーは素晴らしいレイアウトを作れるようになるため精進を重ねている最中でございまして・・・

アクアリウムラボを卒業するまでには、スーパーレイアウト水槽を作れるようになっている予定です

乞うご期待!!ということで!!

吉川さんの一番好きな熱帯魚は、ベタという熱帯魚です

ベタ クラウン

トラベタ

ベタとは、一般にベタ属Bettaに分類されている魚の総称なのですが、観賞魚界では写真のような魚のことをさします

綺麗ですよね~

写真のようなベタは、スプレンディスBetta splendensと呼ばれている種類のベタの仲間を、観賞用に品種改良したものなんです

道理で綺麗なわけです

こちらの観賞用のベタは観賞魚屋さんには必ずいると言っていいほど取り扱われています

私が最初に飼育したお魚も、ベタでした

う~む、懐かしいですね~

ベタは丈夫で初心者も飼育しやすい魚です

ただ気性が荒く、他の魚とは飼育できないのでご注意ください

吉川さんに熱帯魚が好きな理由を聞いてみました

「品種改良された魚が好き」とのことでした

熱帯魚は、繁殖がしやすい種類が多いため、品種改良がしやすい種類も多いんです

種類によってはご自宅でも品種改良が出来ます

簡単ではありませんがこれはこれで奥が深くて、楽しいですよ

といったところで、おしまいにしようかと思います

ここで皆さんに朗報があります!!

実は、当初9名だった6期生ですが、現在は13名に増えました!!

ですので、今回を一つ区切りにいったんこのコーナーをしめますが、忘れたころにまた復活するかもしれません

完全に私の気まぐれです!!

やりたいことをやるためにアクアリウムラボに入ったのです!!

とことんやりたいことをやりつくしていく所存です!!

そんなどうしようもないリーダーと楽しいアクアリウムラボを、今後ともよろしくお願いいたします!!

それでは失礼いたします

また会う日まで~(^o^)/
スポンサーサイト




2015/07/19(日) 17:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム