FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
皆さんこんにちは!!
ラボスタッフクラゲ担当のナベちゃんこと渡部でっす!!(^O^)/

この間研究活動で三陸地方に行って、某場所でアイナメHexagrammos otakiiが大量に釣れました
釣ったのは昼間だったんですけどサイズも大きめでした(早速塩焼きに( *´艸`))

ところで皆さん、分身の術を自分が使えたら便利だと思いませんか?
自分の分身が仕事や家事をしてくれて本人は優雅な昼の一時を過ごす・・・なんてことに俺は真っ先に使いますね(笑)

アニメやゲームでは、自身が高速移動して残像を作ることで分身を作り出す
いわゆる「影分身の術」と言われるものが一番イメージされると思います。

ところが生物の中にはこれらを駆使して種を増やそうとするものが意外と多くいます

無性生殖」です!

アメーバのような微生物は自身を分裂させることで個体数を増やすことが出来ます(';')
クラゲのポリプ世代も例外ではありません!
しかも、これらの分裂は影分身ではなく実体を分裂させることが出来ます!( ゚Д゚)

そういえばラボに最近入ったクラゲにも変わった分身をするものがいます!
それがこちらです!ジャ~~~ン!!!

IMG_0069[1]

和名をシミコクラゲRathkea octopunctataと言います
春に出現する5㎜ほどのクラゲです(写真は顕微鏡から撮影しました)

皆さん写真のクラゲの傘の中央を見て何か違和感を感じませんか?
そう、傘の真ん中にいる小さなものは本種の稚クラゲなんですよ!!!!!(;゚Д゚)

実はシミコクラゲは口から稚クラゲを遊離してクローン個体を作って増殖することができます
(もちろん有性生殖もできます)

驚異的なのはそれだけではありません(・へ・)
一週間前に個体数を計測した時は10個体ほどだったのに対し、昨日数えたら約50個体ほどに増えているという圧倒的な繁殖スピードです!!(;゚Д゚)

そのため、ラボで展示しているアカクラゲCrysaora pacificaやアマクサクラゲSanderia malayensisのようなクラゲを食べるクラゲの初期飼料に有効として飼育しています(-ω-)/

クラゲって知れば知るほど奥が深いですね~(・へ・)
そんなクラゲたちをこれからも勉強して面白い情報をこのブログを通して公開していくつもりです!!!(^O^)/

それでは今日はこの辺で~~~(^^)/~~~
スポンサーサイト




2015/06/20(土) 09:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム