プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
皆さんこんにちは!!
ラボスタッフクラゲ担当のナベちゃんこと渡部でっす!!

今日がゴールデンウィーク最終日ですね~
皆さんはどのような休日を過ごしましたか?

僕は地元の福岡に帰って4日間ラーメンを食いまくりました( *´艸`)
(ついさっき関東に帰ってきたところです(;'∀'))

そして、休日中にラボの展示法のヒントを得るべく地元の水族館に足を運んだのですが・・・
ちょうどその頃特別展で有明海に生息する生物を展示していました(*^^*)

有明海と言えば九州最大の湾であり、国内最大の干潟面積や独自の生物相で有名ですね。
(僕が幼稚園の頃、干潟にハマって出られずに泣きじゃくったのを鮮明に覚えています(;´∀`))

有明海には以前ブログで紹介したビゼンクラゲRhopilema esculentaの他にも、
昭和天皇が「ウナギよりも美味しい!」と絶賛したムツゴロウBoleophthalmus pectinirostorisや、
現地では幻の魚と名高いエツCoilia nasusなどが生息しています!

珍魚たちを見れて大満足で帰ろうとしたとき、ラボスタッフにお土産を買って帰ろうと館内のショップに寄ってみると・・・
・・ん?

IMG_1069.jpg

なんじゃこりゃ?( ゚Д゚)
干物みたいだけど・・・どれ、もう少し近くで・・・

IMG_1065.jpg
怖っっ!!!(゚Д゚;)
えっ?エイリアン?エイリアンを売ってるのか!??

勿論エイリアンなどではなく、立派な魚です(*^^*)
こちらも有明海に生息していて、ワラスボOdontamblyopus lacepediiといいます

細長い体形をしているのでウナギのようにも見えますが、ハゼの仲間なんです(';')
主に干潟の泥の中で生息しているので、眼はほぼ退化していてとても小さいです
そのため、現地の人は先がフックになっているひっかき棒を使って本種を採っているみたいです

また、野生では主にゴカイなどを捕食しているため、写真をご覧の通り歯が鋭くなっています( ゚Д゚)

これらの特徴から、映画に出てくるエイリアンのような外見をしているため、「有明海のエイリアン」とも呼ばれています

面白そうだったので、ラボの土産として購入しました(^ム^)
そして本日ラボに顔を出し、1袋しかなかったので今日来ているメンバーでじゃんけんをしてもらい、勝者にワラスボの干物(その時はまだ秘密)をあげることにしました

その結果、同年代のスタッフの竹内君にあげることになりました~~~!!\(^o^)/おめでとう~~
竹内君も最初は何これって感じでした(;'∀')(笑)

本種の干物は炙ったり茹でたりして調理すると食べるらしく、竹内君にはまた後日ワラスボの味の感想を聞きたいと思います( *´艸`)

それでは今日はこの辺で~~~(^^)/~~~
写真提供してくださった同スタッフの武井くんありがとうございました!
スポンサーサイト

2015/05/06(水) 19:00 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

MS :

完璧なエイリアンだね
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム