FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
月別アーカイブ

皆さんこんにちは!
北里大学アクアリウムラボ12期生の阿部です。


ポカポカと暖かい日差しが春を感じられるようになりましたね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
新学期が始まり、1ヶ月が経とうとしています。大学での新しい生活に少しずつ慣れてきましたが、気を緩めずに手洗い、うがい、マスク等の感染対策を万全に行い、体調には気をつけましょう。


話は変わりまして、今回はアカハライモリ Cynops pyrrhogaster を紹介していきたいと思います!

2021042811114384a.jpeg


アカハライモリは、有尾目イモリ科イモリ属に分類される両生類の一種で、水田や池、川の淀み等の流れのない淡水中に生息しています。

このアカハライモリの最大の特徴としては、なんと言ってもこの赤い模様のお腹!鮮やかで綺麗な赤い模様ですね。

20210428112238bcb.jpeg


この赤い模様のお腹は、アカハラ(赤腹)イモリという名前の由来にもなっています。

アカハライモリは皮膚からフグと同じテトロドトキシンという神経毒を分泌します。このお腹の赤色は、外敵に毒をもっていることを伝える警戒色であると考えられています。
綺麗なものには毒があるということですね。

テトロドトキシンは非常に危険な毒ですが、アカハライモリを触っただけでは害はありません。触った後には目や口等を触らずに、しっかりと手を洗いましょう!


ところで、皆さんはイモリとヤモリの違いについてご存知でしょうか?

イモリとヤモリは名前と見た目が似ていますが違う生き物です。イモリは水中に生息しており、分類上はカエルの仲間の両生類になります。一方、ヤモリは陸上で生活しており、水中に入ることはありません。分類上はトカゲやカメの仲間の爬虫類に分類されます。

諸説ありますが、イモリは井戸を守る「井守」と呼ばれたことからイモリ、ヤモリは家を守る「家守」と呼ばれたことからヤモリという名前が付けられたと言われています。


今回紹介したアカハライモリはMB号館2階のラウンジ横に展示しています。現在はアクアリウムラボは閉館中ですが、開館しましたら是非見にいらして下さい!


最後までご覧頂きありがとうございました。


スポンサーサイト




2021/04/28(水) 11:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム