FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!11期生の及川です。

春の日差しが心地よく、ぽかぽかと暖かくなってきましたね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
近頃は、新型コロナウイルスの報道で状況を知るたびに心痛みますが、厳しい局面に対峙し改めて人とのつながりの大切さを実感します。体調には十分気をつけていきましょう。

今回は、いまこそ大事にしたい“助け合いの精神”をもつラボの仲良しコンビ、ギンガハゼ Cryptocentrus cinctus (Herre, 1936) と ニシキテッポウエビ Alpheus bellulus Miya & Miyake, 1969 をご紹介します。

ギンガハゼとニシキテッポウエビ

ギンガハゼとニシキテッポウエビは、生活を共にしお互いに相手から利益を得る「相利共生」の関係にあります。
それぞれのお仕事をみていきましょう!

早速水槽をのぞいてみると..姿を見せてくれました.♡こちらは、ギンガハゼ。

ギンガハゼ

砂泥底を好み、巣穴に隠れていることが多いです。巣穴はもともとニシキテッポウエビのもの。隠れ場所とする代わりに常に周りの様子をキョロキョロと見張り、外敵から巣穴を守るお仕事をしています。
大きくて丸い目が印象的!ハゼの仲間は視力がとても良いんです。
いち早く危険に気づき外敵を見つけると、ニシキテッポウエビに危険を知らせます。
どうやって知らせているのかはこの後のお楽しみ♡

続きましてニシキテッポウエビ。

ニシキテッポウエビ

白い斑点が沢山あって、鮮やかな見た目をしています☆ テッポウエビの仲間はハサミ脚がとても大きいのが特徴です。

ニシキテッポウエビ 2

これを使い音を出すため「鉄砲エビ」といいます。本来は威嚇に使われますが、ハゼと共生するテッポウエビは、この大きなハサミ脚を活用して巣穴掘り、砂や泥を運搬するお仕事をしています。

エビは高速で泳ぐイメージがありますが、実はテッポウエビは泳ぎが上手ではありません。巣穴からあまり離れずに過ごしています。また、ハゼとは対照的に視力が良くなく、自然界では油断した隙に外敵に食べられてしまうこともしばしば…。

そのため、ハゼは外敵が接近すると目の悪いテッポウエビに代わって外敵を発見し、テッポウエビに知らせて一緒に巣穴に潜り込み、危険を回避しているんです。

さて!ニシキテッポウエビは「敵が来た!」という警告をどうやってハゼから受け取るのでしょうか?
ニシキテッポウエビの長い触覚にご注目。外に出る時、触覚は必ずハゼの体のどこかにくっつけており、ハゼは体を振ってニシキテッポウエビに危険を知らせているんです。

ギンガハゼとニシキテッポウエビ 2

さらに、テッポウエビはハゼを綺麗に掃除する「クリーニング」をします。ハゼの排泄物や餌の食べ残しを餌として利用するのが目的です。ハゼはお礼にテッポウエビの餌となる藻類の切れ端などを巣穴に運びます。
持ちつ持たれつ仲良く暮らしている姿に、ほっこりと癒されます♡

現在、新型コロナウイルスの影響により5月31日まで臨時休館しております。
開館後お越しの際にはぜひ観察してみてくださいね♪
最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーサイト




2020/04/29(水) 10:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム