FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!アクアリウムラボ10期生の飯山です!
今回は私たちが作ったポリプテルス・パルマスの乾燥標本について紹介します。

昨年の冬、アクアリウムラボで飼育していたポリプテルス・パルマス P. palmas palmas の一匹が亡くなってしまいました。

私たちの元で命を全うしてくれた彼の為にも、亡骸は無駄にせず有意義に使ってあげたい。
そう考えた私たちは、彼を乾燥標本にすることにしました。

標本と言うとなんだか難しそうに聞こえますが、乾燥標本の作り方はとても簡単です。

1.解剖して内臓とエラを取り除く
2.水道水でよく洗う
3.潰れないようお腹の中に詰め物をする
4.風通しの良い場所で長期間乾燥させる

そうしてできた乾燥標本がこちらです。

ポリプテルス 乾燥標本(小) 1


ポリプテルス 乾燥標本(小) 2


ヤバい…めちゃくちゃカッコいい!!

ポリプテルスの身体は硬鱗で覆われているため、乾燥させても生きていた時とほとんど形が変わりません。触るととても硬いです。


ポリプテルス 乾燥標本(小) 3



また、特徴の一つである胸びれの発達した筋肉もしっかりと残っています!


ポリプテルス 乾燥標本(小) 4


この乾燥標本はアクアリウムラボの入り口近くのカップ麺自販機の横に、他の乾燥標本と一緒に展示してあります。
アクアリウムラボにご来館された際はぜひ、生体だけでなく標本にも目を向けてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト




2020/02/05(水) 20:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム