FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!
アクアリウムラボ9期生の志田です。

アクアリウムラボでは魚やクラゲを展示しているイメージがあると思いますが、展示している生物はそれだけではありません!

実は最近、「虫」の展示が開始されました!!

その虫とは・・・

ヘビトンボProtohermes grandisの幼虫です!!!

虫は虫でも、川に生息する虫です。
ヘビトンボは主に水のきれいな河川の、石の下などに生息しています。

そこで今回はヘビトンボの幼虫の魅力について紹介していきます(*^○^*)
IMG_8347.jpg



1つ目の魅力としては、この立派な大アゴです (赤矢印) 。
この大アゴでカワゲラやトビケラの幼虫などの水生昆虫を捕食します。
ヘビトンボ2



2つ目は鰓 (えら) です。
赤い線で囲んである腹部から飛び出しているものは足ではありません!鰓足 (さいそく) と呼ばれる鰓なのです。青い線で囲んだ部分が足になります。昆虫なので足は6本ですね。この鰓を動かす姿がまた美しいのです…!
ヘビトンボ3



3つ目はヘビトンボの泳ぎ方です。体を大きくくねらせて推進力をつけるのですが、その姿がとても可愛いです!ブログにはその映像を載せることができないので、実際に見に来ていただきたいです…!



ちなみに、名前に「トンボ」と付きますが、ヘビトンボはトンボの仲間ではありません。
トンボは蜻蛉目 (せいれいもく) に分類される一方で、ヘビトンボは広翅目 (こうしもく) に分類されます。
つまり、ヘビトンボは「ヘビトンボ」なのです。トンボの幼虫である「ヤゴ」と比べても形態が全然異なりますね…!

今回は少しですがヘビトンボの幼虫について紹介させていただきました。少しでもヘビトンボをはじめとした川虫に興味を持っていただけたら幸いです!

ここまでご覧いただきありがとうございました。


スポンサーサイト




2019/10/29(火) 22:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム