FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
みなさんこんにちは!アクアリウムラボ10期の幸田です。暑かった夏も終わり徐々に涼しい秋の季節がやってきました。みなさんは秋と言うとどんな魚を思い浮かべるでしょうか??秋刀魚(さんま)や鯵(あじ)、鰹(かつお)、鮪(まぐろ)などを思い浮かべるかと思います。そんな魚たちがいる中、秋が旬とはあまり知られていない生き物を今回は紹介したいと思います。
今回紹介するのはこちら!

うな重

鰻(うなぎ)です!!あ、これはうな重です(笑)美味しそうですねぇ〜!

天然のうなぎは冬眠をします。冬眠前に体力をつけなくてはいけないのでたくさんの栄養を蓄えなければなりません。そのため冬眠前の晩秋から初冬にかけて栄養を溜め込んだこの時期に取れる天然のうなぎは淡白であっさり、脂くどさを感じなくてとても美味しいそうです。

うなぎ

しかし、みなさんよく考えてみてください。「土用の丑の日」ってありますよね?みなさんは夏である土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣を聞いたことは無いでしょうか??うなぎの旬でもないのになぜ土用の丑の日にうなぎを食べるという習慣ができたのか。この風習は江戸時代に誕生したそうです。天然のうなぎは冬が旬のためそれ以外の季節は取れても売れないという状態でした。そこで、うなぎ屋さんは平賀源内という人に相談したところ「丑の日に“う”の付く食べ物を食べると夏バテしない」という風習が昔からあったことに着目し、「本日、丑の日」と書いた張り紙を店先に貼っておくように勧めたところそのうなぎ屋は大繁盛し、他のうなぎ屋も真似するようになったと言われています。その伝統は今も受け継がれているそうです。



そんなうなぎですが、現在アクアリウムラボの常設展示としてニホンウナギAnguilla japonicaの展示をしています。普段は地面に潜っているためあまり見えないかもしれないですが、運がいいとこんな地面から顔をちょこっと出している可愛らしい姿が見れるかもしれないのでぜひアクアリウムラボに見に来てください!

うなぎ2

少し長くなってしまいましたが、最後までのご閲読ありがとうございました!
それではまた!
スポンサーサイト




2019/10/09(水) 00:00 | コメント:1 | トラックバック:0 |
コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム