FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんにちは!10期生の松澤です。

長い梅雨が明け、気温も上がり、海開きの便りが聞かれる頃になりました!

海に行った際、岩や砂に紛れて生物が隠れているのを見たことはありますか?

今回はアクアリウムラボの中で擬態のプロであるオニダルマオコゼの紹介をしたいと思います!

オニダルマオコゼ(学名;Synaceia verrucosa)は体長が40センチほどになります。体表はこぶ状でボコボコとしており、岩礁や砂に擬態して生活しています。

見てください!この恐ろしい顔!!
写真①
名前の通り”鬼”のようですね。

左側にいるのがオコゼで、右側に置いてあるのはサンゴが白骨化したものです。近くに寄って見てみないとなかなか見つけられないですね、、!
でもこの恐ろしい見た目のオコゼも可愛いところがあるんです💛

オニダルマオコゼは浮袋をもたないため、大きく重たい体を動かして泳ぐのはかなり大変そうです。
普段はじっと動かず、自分の近くに寄ってきた獲物を捕らえるので泳ぐことを必要としないのであまり不便はないようです。

私も実際に泳いでいる様子を見たことはなく、映像でしか見たことがありません。本当に運が良ければ見ることができるかもしれません!!

先日展示場所が変わり、オコゼをより間近に見ることができるようになりました!
水槽の上部に蓋がついていませんが、絶対に手を入れたりしないようにしてください。
猛毒ですし、餌と勘違いして噛みつかれる恐れがあります。

アクアリウムラボに是非足を運んでください(^▽^)/
スポンサーサイト




2019/08/01(木) 23:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム