FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは、アクアリウムラボ10期生の吉田です。

いよいよ梅雨本番、ジメジメした日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今回は アカハライモリCynops pyrrhogaster について少しお話しようと思います。

写真1↓
1183.jpg



アカハライモリは有尾目イモリ科イモリ属に分類される両生類の一種です。日本では飼育が容易なことからペットとして販売されていて身近な生き物ですよね。飼育されている方も多いのではないでしょうか?

イモリは、名前がよく似ているヤモリと間違われる事がありますが、イモリは水中で暮らす両生類、ヤモリは陸上で暮らす爬虫類であるため、分類上別の生き物になります。

どっちがどっちだっけ?となった時は家を守るから家守(ヤモリ)。井戸を守るから井守(イモリ)と覚えると分かりやすいかもしれません(*^^*)

アカハライモリの名前の由来である「アカハラ」とは、その意味の通り腹側が赤い事から来ていますが、この赤色は敵に自分が危険である事をアピールするための色、警戒色と言われています。

写真2↓
1184.jpg


では、アカハライモリの何が危険なのでしょうか?

その武器の正体とは·····「テトロドトキシン」という神経毒です。

テトロドトキシンは、フグが持つフグ毒としてよく知られていますね。
実はこのテトロドトキシン、猛毒として知られる青酸カリの500~1000倍強い毒性を持っているといわれています。

アカハライモリはこのテトロドトキシンを皮膚から分泌する事で敵から身を守っているのです。

可愛い見た目の割にこんな武器を持っているなんて魅力的な生き物ですね〜(​ *´꒳`*​)

テトロドトキシンは危険な毒ですが、手に付いただけでは害はありませんので、アカハライモリと触れ合った後にはしっかりと手を洗いましょう!

写真3↓
1185.jpg

今回ご紹介したアカハライモリはアクアリウムラボの3m水槽の右横で展示しています。キュートで危険なイモリ達に是非会いに来てくださいね。
それでは!
スポンサーサイト




2019/07/03(水) 16:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム