FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちはアクアリウムラボ9期生の萩島です。
このブログで私はサンゴについて紹介してきました。覚えているでしょうか?
以前のブログ
第一弾 海の宝石 サンゴ
第二弾 海の宝石 サンゴ
第三弾 海の宝石 サンゴ

今回はサンゴではなくイソギンチャクについて紹介したいと思います。
まずイソギンチャクについて簡単に説明したいと思います。
イソギンチャクはサンゴと同様に刺胞動物門・花虫綱に分類され、刺胞と呼ばれる毒針を持っています。
刺胞で小魚などを捕えたり、サンゴと同様に植物プランクトン(褐虫藻)を体内に取り込み
褐虫藻の光合成を利用するなどしてエネルギーを得ています。

アクアリウムラボのサンゴ水槽で展示しているイソギンチャクは褐虫藻を体内に取り込んでいるため
ライトを当てるだけでエサを与えていません!
ではサンゴ水槽で展示しているイソギンチャクを写真と共に紹介したいと思います。
タマイタダキイソギンチャク バルーンタマイタダキイソギンチャク ロング
写真1                                写真2
上の写真のイソギンチャクはタマイタダキイソギンチャク Entacmaeq ramsayiと呼ばれています。
写真1でわかるように触手が膨れています。しかし環境によって写真2のように触手が細長くなることもあります。

加えてサンゴ水槽にはマバラシライトイソギンチャク Parasicyonis maxima
(写真3)と呼ばれるイソギンチャクがいます!
LT
写真3
個人的に模様が不気味で怖い印象があります(°_°)
また実物を見るとわかるのですがデカいです!

今回は以上で終わりにしたいと思います。サンゴ水槽以外にもイソギンチャクは展示されているので是非見に来てください(^∇^)ノ

余談)
以前ブログでウミアザミについて紹介しました。→以前のウミアザミの記事
現在は以前よりもボリュームが増大し、水流にたなびく姿を見れるまで成長しています!
image1.jpegウミアザミ
現在のウミアザミ                         以前のウミアザミ

スポンサーサイト




2019/06/26(水) 10:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム