FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんにちは 10期生の村井です。
6月に入り、頭の中に梅雨の文字が浮かぶ頃ですが、
皆さんは雨はお好きですか?

本日はラボの中で1番美味しいお魚、
マダイ Pagrus major(Temminck et Schlegel,1843)
について、私が最近知ったことをご紹介します!

日本では、タイはお祝いの日など何か特別な日に
丸々一匹食卓に...なんて、豪華で贅沢なお魚という
イメージがありませんか?
七福神の一人が笑顔で持っているくらいですから、
それはもう大変希少なお魚なのだろう...
と思っていたのですが、どうやらもっと身近なお魚みたいです。

昔は貴重だったようですが、今では養殖はもちろん、
品種改良まで成功した数少ないお魚のひとつなんです!
そのお陰で、一般の食卓にもマダイが並ぶようになりました。感謝!
しかし、貴重なものほど欲しくなるのは人間の性でしょうか...。笑

ところで養殖というと、卵から成体(出荷)まで、
その魚のすべての成長過程を管理する、という感じがします。
実際、陸上の生物の畜産や農業はそうであるものが多いですよね。

でも、お魚の場合はちょっと違います。
卵から管理するものもいますが、
海から仔稚魚をとってきて、そこから育てるという方が多いみたいです。
その理由は、人工的に卵をふ化させるのが難しい!など。
一方マダイは、品種改良までできたのですから、魚って様々で面白いですね!
ちなみに、その品種改良は、通常より早く成長する品種 だそうです。

そしてタイといえば、外見の鮮やかな赤色が思い浮かびますが、
養殖の個体は天然の個体よりも体の色が黒いそうです。
これは日焼けによるものだとか。
シートを被せて日光を防いでいることもあるそうです。
魚も日焼けするんですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

ラボのマダイは現在、入口を入ってすぐ右手の水槽で
今日も元気に過ごしております。お越しの際は是非ご覧ください!
雨宿りにちょうどいいですよ。^^
スポンサーサイト

2019/06/07(金) 10:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム