FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは、9期の高野です!

3月もまもなくおわります。もうすっかり春ですね。

春といえば、新しい命の季節。日本の川に住むお魚は、春に産卵期を迎える種が多くいます。

その中でも今回は、アクアリウムラボで展示しているコイ目コイ科のお魚達を紹介します!



まず、ムギツク Pungtungia herzi

ムギツク

流れの穏やかな河川や用水路に生息しています。臆病な性格ゆえに、写真のように岩陰に隠れていることが多いです。産卵期は4〜6月で石の下や水草に卵を産みます。



次に、カワムツ Candidia temminckii

カワムツ

産卵期はもう少し暖かくなった5〜8月、昼の時間帯に川の浅場に群がり、砂礫の中に産卵します。



そして、ギンブナ Carassius auratus langsdorfii の産卵期も4〜6月と春の時期ですが、繁殖方法が少し特殊です。

ギンブナ

ギンブナはそのほとんどがメス。浅瀬の水草に産卵しますが、同じ場所に生息している他のフナ類のオスの精子が利用されるようです。ただし受精するわけではなく、生まれてくる子供はメスの遺伝子のみをもった、いわゆるクローンが生まれてきます。ただし、オスが全くいないわけではなく通常の繁殖行動が行われることもあるようなので、それがまた不思議ですね。



北里大学MB号館前の桜も咲き始めております🌸

毎年すごく綺麗に咲くので、お花見を兼ねて是非アクアリウムラボへ足をお運びください!



スポンサーサイト




2019/03/27(水) 10:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム