FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!9期生の田所祐輔です!

夏休みももうすぐ終わりですね…

この夏休み、僕は部活の合宿で静岡県御前崎市の海岸に行って来ました!
砂浜を歩いていたら…

こいつがうち上がっていました!
青い色をしていてとてもきれい!!

1535423670956.jpg

これはカツオノエボシPhysalia physalisという刺胞動物(クラゲやイソギンチャクの仲間)です!

カツオノエボシは、風船のように膨らんだ気胞体(黒矢印)があり、その下には指状個虫と呼ばれる個虫(赤矢印)が群体を作っています!

1535423672663.jpg


海水浴場などにうち上がっていることもありますが、刺されると非常に痛いです。
この痛みというのは、カツオノエボシの刺胞から発射される長い毒針によるものです。

刺胞の数や大きさ、毒針の長さは、種によって異なります。毒針が長いほど皮膚を貫通しやすく、さらに皮膚を貫通するような毒針を備えた刺胞の数が多ければそれだけ体内に入る毒は多くなるので、刺胞毒による症状が重くなりやすいといわれています。

実際にカツオノエボシの死骸から触手をピンセットで採取して刺胞を顕微鏡で観察してみました。

上の写真には毒針を発射していない刺胞が2個写っています。倍率は300倍です。
下の写真には毒針を発射した刺胞が写っています。毒針があまりにも長いため、倍率は100倍です。

1535423674247.jpg

ちなみに、カツオノエボシの触手は、10mほどまで伸びると言われています!

死亡例も報告されているので、死骸でも素手ではさわらない方がいいです!!

刺されてしまったらすぐに病院へ!

☆海水浴に行くときは気をつけてくださいね!☆
1535423676333.jpg


最後まで読んで頂きありがとうございました!
スポンサーサイト




2018/08/28(火) 12:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム