FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは、ラボ8期の加藤です!はじめましての方ははじめまして~
実は先日バックヤードにて、ツマリカスベのベイビーが孵
りました!!めでたい!!

1529657319968.png
ツマリカスベOkamejei schmidti (Isiyama,1958)はガンギエイ科に属するエイの仲間。(写真だとわかりにくいかもしれませんが)赤矢印の丸い模様がチャームポイントの種類です。
エイと言えばお腹側が可愛らしいともっぱら話題ですが、カスベイビーのお腹はというと…
20180619121725_p.jpg
あらぁ~可愛いわねアンタ!!(当社比)
ところでお腹側に白いつぶつぶがあること、皆さんお気づきでしょうか?一見産毛のようにも見えますが…
実はこれ、一つ一つがロレンチーニ器官という感覚器。産毛に見える部分は実際は皮膚に埋もれていますが、まだ赤ちゃんなので皮膚が薄く、透けて見えているようです。
ロレンチーニ器官はサメやエイに特有の、生物が発する微弱な電流を感知できる器官です。これによって彼らは海中において抜群の索敵能力を発揮します
サメの仲間は主に捕食器・口の周囲にロレンチーニ器官が集中していますが、底生のエイの仲間は砂中や砂上の動物をみつけるために、このように頭部から胸鰭にかけて広く分布しています。
一般にサメやエイといった軟骨魚は「原始的な生物」として捉えられがちですが、むしろ古くに分岐したおかげでロレンチーニ器官のように特異な進化を果たした動物群と捉えることも出来るかと私は思います。とってもロマンを感じますね!!

話が少し外れましたが、せっかくのかわいい子なので近々展示されるかも??しれません。その時は是非一度見に来てみてくださいね!
スポンサーサイト




2018/06/22(金) 23:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム