FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!8期の大久保です。

今回は、普段飼育している生物が食べている「エサ」について書いていこうと思います。

生物の体や口の大きさ、食性などによって与えるエサは様々ですが、その中でもぜひ知って頂きたいのがアルテミアArtemia sp.です。

節足動物の仲間で、種によってはブラインシュリンプ、シーモンキーとも呼ばれています。

アルテミア1
小さくて写真が撮れなかったので、イメージイラストを描いてみました。
幼生と成体では、かなり姿形が異なります!


アルテミア2
実物はこのような感じです。オレンジ色をしているので幼生です。
当ラボでは、クラゲや熱帯魚のエサとして使用していますが、、実はすごい能力を秘めているんです!

その能力とは、卵が長時間乾燥に耐えられることです。アルテミアは海ではなく、塩水湖に生息しています。湖が干上がるなど、生息環境が厳しくなるとメスは乾燥耐久卵を産みます。この卵は10年でも20年でも生き続けることができると言われています。


アルテミア3
この茶色いつぶつぶが卵です。

また、アルテミアがいる塩水湖の塩濃度は8~25%と非常に高いんです!
海水が3.5%ほどなので、他の生物は生息できません。このおかげで、魚に食べられて全滅することなく生き延びてこられたんですね~
ちなみにお味噌汁は0.8~1.0%だそうです(笑)

一億年も前から形態が変化していないことから、生きた化石とも言われています。シーラカンスLatimeria chalumunaeやオウムガイNautilus pompiliusにも負けていません!(笑)

この生物、どんな味がするのかずっと気になっているのですが、勇気が出ず食べられていません、、。もし食べた経験のある方がいらっしゃれば、味の感想を教えて頂けると嬉しいです(^∇^)ノ

それではこの辺で!
スポンサーサイト




2018/06/19(火) 16:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム