FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちはアクアリウムラボ9期生の萩島です!
前回サンゴについて紹介した記事を覚えているでしょうか?
前回の記事→http://kalsdiary.blog.fc2.com/blog-entry-1087.html
今回はサンゴの写真を混ぜながらサンゴの分類について紹介したいと思います。
まず分類方法として学術的なものとアクアリウムで使われる分類があります。
我々が一般的にサンゴと認識している大半は、学術的に分けると刺胞動物・花虫綱・六放サンゴ亜綱or八放サンゴ亜綱に分けられます。
一方アクアリウムではソフトコーラル、LPS、SPSといった分類方法です。
ここでわかりやすいアクアリウムでの分類で説明したいと思います。
まずソフトコーラルですが文字通り、体表が硬い骨格で覆われずに軟らかく、死ぬと溶けて水槽になにも残りません(´・Д・)」
例えばムラサキハナズタ
Pachyclavularia violacera
IMG_5763.jpg
ムラサキハナズタはサンゴ飼育初心者の人にオススメされるほど丈夫な種になります!
普通の強制濾過(硝化反応のみに頼る濾過)と呼ばれる飼育システムでも飼育することが可能です。
簡単なサンゴとは言え非常に美しい蛍光グリーンで発色します。
次にLPS(Large Polyp Stony coral)ですがカッコ内の意味通り、大きなポリプを持つイシサンゴがこれに当てはまります。
例えばミズタマサンゴ Plerogyra sinuous
IMG_E5769.jpg
大きなポリプは写真のプクプク膨らんだものです。イシサンゴの部分はポリプの下にある白い骨格(炭酸カルシウム)のことです。
LPSは死ぬとポリプの部分が溶けて骨格のみが残ります。
ソフトコーラルからLPS、SPSになるにつれて一般的に飼育が難しくなります。特にSPSは圧倒的に難しいです。゚(゚´Д`゚)゚。
とは言えこのミズタマサンゴはLPSの中でも飼育は簡単でソフトコーラルからLPSにステップアップするのにもってこいの種です。
ちなみにSPS(Small Polyp Stony coral)について、これらの種は皆さんがすぐに思いつくであろう枝状のサンゴで、沖縄やオーストラリアなどで見られるやつらです。
こんな感じでアクアリウムでは大きく3つにサンゴが分類されています。
正直まだサンゴについて語れることがありますが今回はここまでにしておきますw
読んで頂きありがとうございました!
スポンサーサイト




2018/05/29(火) 12:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム