FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!9期の伊澤です。



紹介するのは、ギンガハゼCryptocentrus cinctusです。


名前の由来は体の側面に水色のドット柄があり、それが星空のように見えるのでハゼの研究をされていた皇后の美智子様によって命名されました。
ギンガハゼは黄色の個体と黒い個体の二種類がいて、主に見られるのは黄色の個体でラボにいる個体も黄色個体です。


ギンガハゼ




また、ギンガハゼはテッポウエビAlpheus brevicristatusが作った巣穴に共生することで有名です。ギンガハゼはテッポウエビが巣穴を作る際に見張りをするという役割を持つことで共生関係が成立しています。視覚的能力の劣るテッポウエビは巣穴から出る時に必ず第二触角を体や鰭に接触させていて、もし危険が迫るとギンガハゼが背鰭や尾鰭を微動させてサインを送り巣穴に入って危険を回避します。


このような性質はラボでも見ることが出来るので是非見に来てください!



スポンサーサイト

2018/05/09(水) 15:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム