FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!9期の海老澤 美海です。
大学付近はすっかり葉桜となってしまいましたが、まだ桜を見られる場所がMB号館にはあります!

今回は、私が装飾を担当したこちらの水槽のお魚をご紹介したいと思います。
IMG_6449.jpg

IMG_6482.jpg


展示されている個体はすべて、新江ノ島水族館様のご厚意によってラボにやってきた生き物です。トリーターの皆様、そして採集にご協力いただいた市川様、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

そのなかで、一際銀色に輝いているお魚についてお話したいと思います。。
IMG_6487.jpg

海のメダカ...?ではなく、ボラ Mugil cephalus の若魚です。展示個体はまだ4cmほどしかありません。

ボラは、ブリやスズキ同様の出世魚として知られています。関東では「オボコ→イナッコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド」。関西では「ハク→オボコ→スバシリ→イナ→ボラ→トド」となります。
まだまだ可愛いサイズのこの子たちもいつかトドになってしまうのでしょうか...

また、皆さまは魚の両側面にそれぞれ1本の線が存在することをご存知でしょうか?
それは側線と呼ばれる器官で、水中で水流や水圧の変化を感じ取るはたらきがあります。しかし、ボラ科魚類にはこの側線がありません。その代わりに鱗に小さな孔が存在し、そこで水流などを敏感に感じているとされています。
ぜひ顔を近づけてご覧になってくださいね。

現在は、ボラの他に シマイサキ Rhyncopelate oxyhynchus 、ヒメハゼ Favonigobius gymnaucheno 、エビジャコ Crangon affinis の計4種を展示しています。ですが、ラボのバックヤードで出番待ちをしている生き物はたくさんいます。近いうちにまた江ノ島生まれの仲間が追加されるかも?乞うご期待です!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーサイト




2018/04/10(火) 18:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム