FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!8期の加畑です

気が付けば三月になり春も間近ですね🌸
春と言えば動物にとっては恋の季節だったりします。魚には繁殖期になると体や鰭の色が変化する「婚姻色」を出す種類も見られますよね!アクアリウムラボで飼育されている魚たちもそんな姿を見せてくれることがあるんです♪
今回は身近な川の魚ヤリタナゴTanakia lanceolataの繁殖期に見られるめずらしい姿を紹介します


ヤリタナゴのオスは繁殖期(晩春から初夏)になると体色や模様が鮮やかになりますが、それに加えて「追星」(おいぼし)という白い突起が口の上に多数できます。

ヤリタナゴ

人で言うと鼻先のようなところが白くなっているのがわかるでしょうか?
ヤリタナゴは凄く動き回るので写真がボケて見づらいのですが、この白い部分は小さな粒がたくさん集まってできています

「追星」ができる理由は諸説あり、一つはなわばり作りのとき侵入者を追い払うための武器として、他にはメスの産卵を促すために使うと言われています!
その名の通り敵を【追い】払う目印の【星】✨ということになるわけですね

そもそも「追星」という言葉を初めて聞いた方も多いのではないでしょうか?
実は私もこの様子が見られた時、なにかの病気じゃないかと調べてはじめて知りました。というのも魚の病気に「白点病」という体に白い点が現れるものがあり、それを疑っていたんです。魚を飼育したことがある人はご存知かと思います。
今回紹介した「追星」は魚の種類によって現れる箇所が様々なので、一見「白点病」と区別がつきづらい場合もあります。飼育している魚の体に白い点が現れたら、「追星」の可能性もありますが病気のこともあるので、その魚のどこに「追星」ができるのか繁殖期はいつなのかを調べたうえで判断してください!

記事の写真は去年6月に撮影したものなので、今年また「追星」が見られるのはまだ先かもしれませんが少しでも興味を持って頂けた方は是非アクアリウムラボまで見に来てくださいね!
最後までご覧いただきありがとうございました!(*^-^*)
スポンサーサイト




2018/03/09(金) 21:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム