FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!

アクアリウムラボ7期の新村です。

今日は、海水に含まれている成分とそれを補う方法についてご紹介します!

天然海水には77もの元素が含まれていると言われています。

中でも、生体、特にサンゴを飼育する上で重要になってくるのが…


カルシウムマグネシウムストロンチウムヨウ素


です!!!

これらの元素は、サンゴの成長に利用され、水槽内で徐々に減少していき、不足してしまいます。

不足したままにしてしまうと、サンゴの状態が悪くなり、最悪死んでしまいます。



では、どうすればいいのか?

方法は2つあります。


1つ目は…
とにかく水換え!水換え!水換え!です。

基本ですね。

水換えすることで様々な元素を補給することができ、また、汚れた海水を新鮮な海水に交換することができます。


しかし!元素の補給を水換えだけで補おうとするのはかなり大変で、人工海水代がかさんでしまいます。


そこで!2つ目の方法は…

添加剤!  です。


添加剤を使えば、不足している元素をピンポイントで補うことが出来ます。

添加剤には様々な種類があり、用途によって使い分けます。


ちなみに、僕は実家のサンゴ水槽に


リーフファンデーションA(Ca/Sr)
54318-1.jpg


リーフファンデーションB(Alk)
54319-1.jpg


リーフファンデーションC(Mg)
54320-1.jpg
を添付しています。


また、どうしても溜まっていってしまう硝酸塩除去のために

NO3:PO4-X
54327-1.jpg


も添加しています。



これはあくまで一例にすぎません。

添加剤は様々なメーカーから様々な種類のものが販売されています。

皆さんの水槽にあった添加剤を見つけてみてくださいね!


最後に!

添加剤を添加しているからと言って水換えをしなくてもいいということはありません。

あくまでも水換えの頻度を減らすためのものです。

添加剤では補いきれない部分もありますので、水換えも怠らないようにしましょう!


このブログを見て添加剤、そしてサンゴの飼育に興味を持っていただけましたでしょうか?


そこのあなた!

是非サンゴの飼育に挑戦してみてください!



では今日はこの辺で(^_^)/~




   
スポンサーサイト




2017/09/24(日) 19:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム