プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは(・∀・)
ラボ8期生の百瀬です!

皆さん、夏休みの自由研究はどんなことをしましたか?

今回は、来年の夏休みの自由研究に役立てられる「骨格標本の作り方」について紹介したいと思います!

今回はコロダイ(Diagramma picta)
IMG_3384.jpg

を骨格標本にしていきたいと思います。
まず、ピンセット、新聞紙、瞬間接着剤、黒い板、魚の死体、圧力鍋(無ければ普通の鍋でも可)、オキシドールを用意して下さい。

必要器具が用意できたら早速骨格標本を作っていきましょう!

まず、圧力鍋で1時間~2時間煮ていきます。これで、大体の筋肉が骨から剥がれ落ちます。しかし、これだけでは骨についている筋肉を完全に剥すことが出来ません。

圧力鍋でも取り除くことが出来なかった筋肉を溶かすため、オキシドールに骨を漬けていきます。オキシドールはタンパク質成分を溶かすため、2時間以上漬けておけば細かく残った筋肉が溶けて綺麗な骨だけになります。

オキシドールに漬けた後は、骨を綺麗に洗い、新聞紙などの紙の上で乾燥させます。

十分乾燥したら、黒の板の上に骨のパーツをピンセットでパズルのように組み合わせ、瞬間接着剤で固定して完成です!!

完成した骨格標本がコチラです↓↓↓↓

IMG_3383.jpg


骨がいくつか紛失してしまい、完璧な骨格標本とは言えないですが、とりあえず形にはなりました!
これからも完璧な骨格標本が作れるよう試行錯誤していきたいと思います!

それではこの辺で(=゚ω゚)ノ
最後までお読み頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

2017/09/17(日) 11:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム