プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは!8期の竹村です!!
いきなりですが、お知らせです。今、アクアリウムラボでは2017年5月30日~6月25日(日)までの間、葉山しおさい博物館にて企画展を行っております。ぜひお越しください!!
詳しくはここをクリック


本日は、ガー科魚類についてお話ししたいと思います。

では、まずクイズです!
日本国内に元々、ガー科魚類はいるでしょうか?








答えはNOです!
元々は日本の河川等には生息していませんでした。しかし、ペットとしてガーを飼育するのが困難になり、河川等に捨てたりすることで、元々生息していなかった河川にガーが見られることが時々あるのです。
最近では、名古屋城のお堀にアリゲーターガー Atractosteus spatulaが捕獲されたりして有名になりました。
飼い主がきっちり責任をもって最後まで飼育しなくてはなりませんね!

そんなガー科魚類ですが、日本で来年の4月頃から特定外来生物に指定される方針なのです。
特定外来生物といえばオオクチバス Micropterus salmoides等が有名ですが、ここにガー科魚類も仲間入りしてしまいます。特定外来生物に指定されると飼養、栽培、保管、運搬、輸入が規制されます。

今、現在ラボにも、スポッテッドガー Lepisosteus oculatusを飼育しています。
スポッテッドガー

今後も飼育していくのか等はまだ未定です。 今後の動向もまた、お知らせしたいと思います。

それでは今日はこの辺で!
スポンサーサイト

2017/06/04(日) 12:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム