プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは、ラボ8期の加畑です!
私事ですが、先日から自宅でハコフグOstractin immaculatusを飼い始めました!個人での飼育は初めての体験なので、わからないことだらけです…💦
飼育をする上で疑問に思うことはたくさんあると思いますが、特にその生体に何を食べさせればいいかが難しいですよね
というわけで今回はラボの生体にどのような餌を与えているかご紹介したいと思います!

ラボで与えているエサは、大きく分けて人工飼料とプランクトンなどの生の餌になります
今回は人工飼料にスポットを当てたいと思います
主な人工飼料は以下の4種類です!

burogu.png

順に粒が大きくなり、左からC2,EP2,EP4,クリルです
容器の前に中身を出してあるので、その大きさの違いがわかるかと思います!

これらは生体の大きさ食性によって与えるものを変えています
水槽底に餌が落ちると食べられない生体や、甲殻類やシルバーアロワナOsteglossum bicirrhosumなど、直接棒で餌を与えないといけない生体もいるので、生体に合ったやり方で給餌します
食べるからといって餌を与えすぎると水槽の汚れに繋がるので、ここのさじ加減が難しいところです…!

餌を食べる量はその日の体調にもよるので、生体の様子を見るためにも給餌は重要な役割を担っています
皆さんもラボに来たときや生き物を飼うとき参考にしてみてください!
それではこのあたりで
読んでいただきありがとうございました!
スポンサーサイト

2017/05/27(土) 23:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム