プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちはラボ8期の加藤です(((^-^)))
最近梅雨通り越して夏っぽくなってきましたが、ラボにも夏っぽい子が新しく入ってきました!↓↓↓
20170525132040532.jpg

この子!!タテジマキンチャクダイ Pomacanthus imperator
Bloch, 1787 です!子供の頃は綺麗なブルーの渦巻き模様(通称ウズマキ)ですが、大人になるとこれまた鮮やかな黄色い縦縞模様になるそうです(写真がなくてすみません)…でもあれ?ウズマキともタテジマとも言い難い模様をしてますね…

そう、ラボのタテジマさんはまさに「大人になりかけ個体」なんです!!なかなかレアな(気がする)ので是非見に来て下さいね(^^)/
幼魚成魚ともに綺麗で観賞魚として流通してるので飼ったことある方もいらっしゃるのでは?

ところでどうして親と子で模様が違うのか考えたことはありますか?
熱帯の多くの魚では鮮やかなサンゴ礁に溶け込む保護色、毒を持つウミウシ類に擬態している、雌に求愛する、といった意味合いを持つことが多いですが、タテジマキンチャクダイの場合「親から身を守る」という役割が大きいようです。
親から?身を守る?と疑問に思った方も居るかもしれません。なんでも、タテジマキンチャクダイの雄は縄張り意識が強く、子供が大人と同じ模様では攻撃されてしまうためこのようになったんだとか。
ただ綺麗なだけじゃないんですね~それでは今日はこの辺で!!≡┗( ^o^)┛
スポンサーサイト

2017/05/25(木) 13:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム