プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは! 7期の新村です。

僕は今大学4年生なのですが、卒業研究でミズクラゲを扱うことになったので

今日はラボでも展示している ミズクラゲ Aurelia aurita の生活環を紹介したいと思います。

DSC_0930.jpg

皆さんご存知のミズクラゲですが、よく目にするこの姿はクラゲの成体であり、一生この姿ではないんです!

多くのクラゲは発達段階によって姿や生活パターンを変え、大きく分けると固着生活を行う ポリプ世代 と水中を漂う クラゲ世代 を経ます。

その変貌ぶりを簡単に図で説明すると

jellyfish_life.jpg
(図の提供: 北里大学 海洋生命科学部 海洋生命科学科 水圏生態学研究室)


↑こんな感じです!

先程「生活環」と表記した通り、回っているように見えますね。

ポリプって何?という方!!写真を撮りました。

P4260004.jpg

拡大してもう一枚…

P4260010.jpg

これがポリプです。

成体の姿とは全然違いますね! 

プラヌラから触手が生え、イソギンチャクのようです。

このポリプが成長し、徐々にくびれて何枚ものお皿が重なった様な 「ストロビラ」 という状態になります。

その後、このお皿のようなものがストロビラから遊離し、「エフィラ」という状態になります。

エフィラの写真がコチラ!

P4260023.jpg

P4260015.jpg

写真では伝わりづらいですが、この時期から拍動して水中を漂います。

ぴょこぴょこしていてとてもかわいいです。(笑)

このエフィラが メテフィラ という状態を経て成長し、私たちが見慣れたあの成体になるんです!!


どうでしたか?ミズクラゲの成長に伴う姿の変化にはびっくりさせられますね!

皆さんがクラゲにより興味を持っていただけたら嬉しいです。


(注意:アクアリウムラボでは現在、ミズクラゲの成体のみ展示しています。ミズクラゲのポリプやエフィラは展示しておりませんのでご了承ください。)


次回もミズクラゲについてブログを書こうと思っているのでお楽しみに!

では失礼します。(@^ ^)/~~~













スポンサーサイト

2017/04/29(土) 10:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム