FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
月別アーカイブ
こんにちは!
北里アクアリウムラボ 11期生の渡部です。
11月も後半に差し掛かっていますが、ここ数日は季節外れの暖かさでしたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

さて、秋といえば、おいしいものがたくさん!ということで、今回は、あるクラゲのご飯をご紹介したいと思います。

以前、クラゲにはアルテミアと呼ばれるエビの赤ちゃんをあげているという紹介をしました。(http://kalsdiary.blog.fc2.com/blog-entry-1288.html?sp)
しかし、実はクラゲの中には、他の種類のクラゲを食べる子達がいます。

それは、、、アマクサクラゲ(Sanderia malayensis)です!

2020112511403822d.jpeg


九州の天草地方で多くみられることから、その名がつきました!

実はバックヤードでは、以前からたくさんのアマクサクラゲの赤ちゃん(エフィラ幼生)を飼育してきました。しかし、なかなか大きくならず、毎日歯痒い思いをしていました。

20201125114414d9b.jpeg


↑アルテミアを食べたアマクサクラゲのエフィラ(直径およそ3mm: 顕微鏡で撮影)

そんなある時、何気なく図鑑をみていたら、「アマクサクラゲは、クラゲ食のクラゲで、クラゲを与えると早く成長する。」と書いてありました。

えぇ!クラゲなのにクラゲを食べるの?!と当初は大変驚きましたが、何事も挑戦してみなければわからない!

ということで、他のラボスタッフたちに声をかけて、「アマクサクラゲを大きくし隊」を発足しました。さっそく食用クラゲを用意し、小さく刻んであげてみることに!

すると、なんということでしょう!

202011251143057c0.jpeg


モリモリ食べていました!白くモヤモヤしたものが、刻んだ餌用のクラゲです。美味しそうに食べています!なんだか複雑な気分、、、

そして、クラゲを与え続けることおよそ2ヶ月。
こちらが現在の様子です!

20201125113754da2.jpeg


なんとも、優雅ですね!
傘はなんと2cmまで成長しました!2ヶ月前までは、3mmの小さな赤ちゃんだったのに、、、
感動です( ; ; )

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、北里アクアリウムラボは現在も休館させていただいております。再開した際には、成長したアマクサクラゲたちをご覧いただけるよう、努力を続けていきますのでお楽しみに!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト




2020/11/25(水) 11:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは、ラボ11期生の山辺です。
段々と冬の寒さへと変わって行く中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は私のお気に入りでもあるこの生物をご紹介致します。こちらですっ!

18E26DA5-E73E-4909-ADC8-5A31EF46D4A8.jpg


皆さんはこの不思議な形をした生き物が何か分かりますか?
実はこれカブトクラゲ(Bolinopsis mikado Moser)というクラゲなのです。

クラゲと言われるともっとフワ〜っとしたミズクラゲ(Aurelia aurita)などを思い浮かべる人が多いと思います。

DBC7DD3D-A096-4022-B057-5634EDE9E561-1.jpg


今回ご紹介するカブトクラゲは有櫛(ゆうしつ)動物門に位置し、ミズクラゲのような一般的なクラゲが属する刺胞(しほう)動物門とは違う動物門に分類されます。
簡単に言うと、「クラゲ」という名前がついていても異なるグループの生き物ということです!

では、カブトクラゲは一般的なクラゲとは何が違うのでしょうか……?
カブトクラゲのような有櫛動物は櫛板列(くしいたれつ)を持っています。この小さな櫛板をドミノ倒しのように動かして泳いでいます!

S__47473397-1.jpg

↑赤枠内にある小さな板のようなものが櫛板です!



さらに、この櫛板は光に反射して虹色にキラキラ光るんですよ!写真だとその様子を上手く伝えることができないのですが……

S__47473395-1.jpg


↑青枠内にある櫛板が赤く光っていますね。実際にはもっと虹色にキラキラ光っています……!



残念ながらアクアリウムラボは現在閉館しており、実際にご覧頂くことはできません。
しかし開館できる日までスタッフ一同頑張っていますので、開館した際には是非カブトクラゲのキラキラ光る姿を見に来て下さい!

本日もご覧頂きありがとうございました!

2020/11/18(水) 00:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
みなさんこんにちは!アクアリムラボ11期生の南です。
最近は朝と夜の寒暖差が激しく、朝は起きるのが億劫になってきました…体調を崩さないように体調管理には気を付けていきましょう!!!
さて、今回はフウライチョウチョウウオ(Chaetodon vagabundus)についてお話していきたいと思います〜!!
そもそもフウライチョウチョウウオってなんだ??と思った方!!こちらです↓↓↓期待してくださいよ!!せーの!!ででんッッッ!!
チョウチョウウオ

まぁまぁなんと!!めちゃくちゃ可愛いくないですか?!((圧))
口が小さくておちょぼ口になっている所や、体が黄色、白色、黒色でとってもカラフルな所、全体的にスペードの形をしているところがチョウチョウウオの特徴です。実はチョウチョウウオの種類を見分けるのは、沢山種類がいるのでとっても難しいです…!!
今回は、このフウライチョウチョウウオを見分けるポイントを教えちゃいます!!
(1)背びれの後ろの方に黒色の縦線が入っている
(2)幼魚の時期のみ黒色斑とよばれる黒色の丸がある
(3)背びれ、臀びれの後方が黄色

チョウチョウウオ2

この3つのポイントがフウライチョウチョウウオを見分けるコツです!!
他にも、チョウチョウウオは現在は観賞用として飼育されることが多くなりましたが、昔は江戸前天ぷらには欠かせない魚でした。旬は夏~秋で秋には脂が乗ってより美味しくなるそうです…!!刺身、バター焼き、ムニエル、唐揚げ、味噌汁などレパートリーは豊富で、皮は焼くとパリッとした食感になるそう。聞いてると美味しそうに感じてきますね。お腹が空いてきました…思い切って食べてみるのもいいかもしれませんね!!

いかがでしたでしょうか!!チョウチョウウオには沢山の魅力がありましたね。これであなたもチョウチョウウオマスターですッッッ!!他にも色んなチョウチョウウオがいるので是非、調べてみて下さい〜!!現在アクアリウムラボは閉館し、開館の目処はたっていません。しかし、開館した際には、このフウライチョウチョウウオを実際に見に来てもらえるととっても嬉しいです!!

2020/11/11(水) 12:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
皆さんこんにちは北里アクアリウムラボ11期生の山﨑です。


突然ですが皆さんはバックヤードをご存じでしょうか?ラボのブログをお読みになっている方ならご存じの方も多いと思いますが、バックヤードとは日々の管理を行う場所です。

ここには、まだ皆様に展示できない生体などたくさんの生体が暮らしています。

バックヤードで暮らす生体には病気であったり、新しく来たばかりで環境に慣れていなかったりなど様々な理由があります。しかし状態は良好でいつでも展示できるけど展示されない生体もいます。

今回はそんなマイナーな生体さんたちに焦点を当てて”独断と偏見”で説明していきたいと思います。


まず初めに紹介するのはタイワンガザミ(Portunus pelagicusです。

ガザミ02

いや魅力的ですよね!見た目もかっこいいし、甲羅は15㎝を超える大型のカニでインパクトもあります!さらにはガザミの仲間はワタリガニと呼ばれ結構有名なのです!!

なんで展示しないn…あれ?でかくてインパクトがあってかっこよくて有名なカニって…タカアシガニだぁぁ!!!勝てないよぉ!!泣…

はい、そうなのです。ラボにはさらに上を行くタカアシガニという存在がいるのです。唯一タカアシガニに勝る魅力は餌をあげたときの反応がかわいい…

はい、飼育者の特権で展示では伝わりません。そんなわけで彼はバックヤードで臥薪嘗胆(がしんしょうたん)な思いをしています。


次に紹介したいのはベラたちです。

ベラ006
ベラ04


まとめて紹介されている時点でもう扱いがぞんざいなんですよね泣


でもこの子たちは魅力を持っているんですよ。本当…きれいな体色を持っていますし、砂の中で寝るという面白い性質がありますし、幼魚や雄と雌では体色が違うなど…

ただ体色がよりきれいな魚はたくさんいますし、砂の中に潜って寝るがゆえに寝姿が観察できないですし、少し何か足りないんですよね。

うーん、難しい。どうしたものか…と、いうわけでベラは今日も平和にバックヤードで暮らしています。


以上少しマイナーな生体の紹介でした。しかしこの子たちにもたくさんの魅力があります、いつかはこの子たちの魅力が伝わるような展示ができるよう頑張っていきたいと思います。

他にも、アクアリウムラボには魅力的な生物がたくさん展示されています!現在は休館中ですが開館されたら是非見に来てください。たくさんの生き物とともにお待ちしています。

2020/11/04(水) 18:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム