プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんにちは!(・ω・)ノ
ラボスタッフ3年の町田です。

最近は雨も多く、ジメジメした日が続きますね(^^;
晴れた日も天気も変わりやすく、傘が手放せません。

さて。本日遂に!
先日のブログで紹介されていた「足長、美脚のあいつ」がアクアリウムラボに仲間入りしました!\(^^)/

IMG_20140629_182017.jpg

その名もギヤマンクラゲTima formosaです。

透明度が高く、非常に美しい姿をしたクラゲです。
ギヤマンという言葉はガラスを意味します。
その名のごとく細長い触手をなびかせて泳ぐ様は、まるで繊細なガラス細工のよう( *´艸`)

ゆらゆらと水中を漂う姿を見ていると癒されますよ!
是非癒されに来てくださいね(*^^*)
スポンサーサイト

2014/06/29(日) 19:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは(*'▽')

4年の前薗です!

今日は、僕の大好きなウナギの紹介をします!

12日にIUCNのレッドリストに二ホンウナギ(Anguilla japonica)が掲載されたことは、メディアを通じ大きく報道されたため、皆さんもご存じだと思います。

IUCNのレッドリストは、絶滅~軽度懸念、情報不足の8段階に分類され、そのうち絶滅危惧種には3段階あり、二ホンウナギはこの中間の「絶滅危惧ⅠB」とされています。
これは、「近い将来、野生での絶滅の可能性が高い」という分類に位置しています。

ちなみに、ラボにいるウナギは、こちら↓↓
photo1 (1)



バイカラウナギ(Anguilla bicolor)です

このバイカラウナギも今回、絶滅危惧種ではないものの、準絶滅危惧種に指定されました。
これは「すぐに絶滅する危険性は小さいが、将来的に絶滅する可能性が高い」という分類です。

これは、日本人が二ホンウナギを食べつくしたため、他のウナギに手を出し始めていることが原因となっています。

日本の伝統食「鰻丼」をこれから先も味わうためには、
平気で絶滅危惧種であるウナギが流通していることを知り、1人1人が認識を改めることが大事なのかもしれません(^^)/


2014/06/27(金) 18:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
近日、クラゲ水槽に…!

足長、美脚のあいつが…!?

なんでしょう?

Coming soon…!

下田・廣石・渡部・曽我部

2014/06/26(木) 19:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!アクアリウムスタッフ3年の曽我部です!

不規則に降る雨にじめじめしていて嫌だなーなんて思っていた矢先に昨日東京でひょうが降ったらしいですね(^<^)

され、先日フグ水槽にキタマクラ Canthigaster rivulataとクサフグ Takifugu niphobles
が入ってきましたー

きたまくらタソ
くさふぐタソ


フグはやっぱり可愛い顔してますねー(^<^)

料理としても美味とされているフグですが縄文時代から食べられていたとか…

毒があるのに今この時代まで長く食べられているということは、よほど美味しいのでしょうね!!

フグ水槽もなかなかにぎやかになってきたのでぜひとも見に来てください!!

2014/06/25(水) 16:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは!3年アクアリウムラボスタッフの高橋と栞乃です(^^)/

今年は梅雨がなかなかあけませんね(´・ω・`)
梅雨時の今、ジメジメしているせいでサンゴ水槽にキノコが生えてきちゃいましたΣ(・ω・ノ)ノ!((笑))


DSC_0723.jpg

本当はウミキノコSarcophyton glaucamという柔らかいサンゴです。

夕方に写真を撮ったので、手前の触手がひっこめ始めています。
夜になると、触手がなくなってキノコみたいになっちゃうんですよ(^◇^)
知ってましたか⁉
今回はその写真をお見せできないので、ぜひ調べてみてください!

ジメジメした梅雨も早く明けるといいですね(*^^)v





2014/06/24(火) 18:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは!三年アクアリウムラボスタッフの五十嵐です。
先日、我らがアクアリウムラボに正義の味方、みんなのアイドル、オオグソクムシさんがやって参りました!!

このオオグソクムシさん、分類上では等脚類に分けられ、フナムシやダンゴムシの仲間です。
具足個体

ん~、まさに見た目通りですね(笑)
生息場所は水深200~900mの深海で、主に生物の死肉を食べることから「海のお掃除屋さん」と呼ばれている優等生。
今後のラボでの活躍が大いに期待出来ます!ラボスタッフも見習っていきますよ!!!
しかし、外敵に襲われると、口から臭いの強い液体を出す特徴で活躍するのは勘弁してください。よろしく願いします。
具足群れ
↑これは現在ラボで展示をしている様子です。
水槽が赤くなっているのは、普段暗い深海に住んでいるグソクムシの目に入らない、赤い光でライトアップしているためです。
グソクムシさんは集団になればなるほど不気味さが増していき、私にとって少し近寄りがたい存在へと変貌します(笑)

この写真は実際に常設展で展示しているグソクムシさんのほんの一部にすぎません!
もっと多くのグソクムシさんの集団が皆様のご来場を待ち構えています!
彼らの姿を観にぜひいらして下さい!!!!!!

2014/06/23(月) 18:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは!ラボスタッフの坂井です。
昨日、常設展にドフラインクラゲNemopsis dofleini が仲間入りしましたので紹介いたします。

ドフラインクラゲは晩春から初夏頃まで北海道から四国の沿岸で見られるクラゲです。
和名はこのクラゲを発見したドイツの動物学者フランツ・ドフラインに由来します。
傘の縁4か所から触手がまとまって生えているのが特徴的です。

ドフ編集後



涼しげに水槽を漂うクラゲを見ていると、やっぱり癒されますね。
7月も近づき、暑くなってきたため来年まで海でこのクラゲを見る機会はありませんが、
ぜひ、アクアリウムラボに見に来てください。ドフラインクラゲが漂いながらお待ちしております。

2014/06/21(土) 21:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おはようございます!
こんにちは!
こんばんは!
北里アクアリウムスタッフ3年の八重野です(^^)/
久しぶりのブログとあって嬉しいです

今回は…ナンヨウタコクラゲ Phyllorbiza punctata です!
少し前から展示され始めたのですが


ナンヨウタコクラゲ

すくすく大きくなり名前の由来でありナンヨウタコクラゲの特徴である
白い斑点模様も日に日にはっきりとしてきており
毎日のお世話が楽しくてたまりません( *´艸`)

現在大きな個体で傘の大きさが3センチです
さらに成長すると傘の大きさが10センチ近くになると先輩から教えていただきました。
ぜひとも今のうちにナンヨウタコクラゲを見に来てください!
そして、再び足を運んでいただいたときに大きくなった姿と見比べてあげてください


2014/06/20(金) 18:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!3年生の里菜と土谷です!はじめましてです!
今日は久々に雨が止んで自転車を漕ぐときに感じる風が気持ちよかったです( *´艸`)

さて!本日、新たなクラゲがお披露目となりました\(^0^)/
その名もユウレイクラゲCyanea nozakiiです!
yurei.jpg



水の中で漂う姿はまるで幽霊のようです(;´Д`)
出現する時期は夏!
夏といえばきもだめし・・・季節もぴったりですね( ;∀;)( ;∀;)


振り返るとほら・・・・あなたの後ろにも・・・・・・・


里菜 土谷

2014/06/10(火) 19:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!そして、初めましてラボスタッフの飯田です(^^)
そろそろ本格的に梅雨入りが近づいてきておりますが、気分は快晴で乗り切っていきたいですね(;'∀')

雨が続いてジメジメしていますが今日ご紹介する生き物は
こちら!!IMG_1928_2014060519115228d.jpg

ヤマメ Oncorhynchus masou masou です!!
この魚は渓流の女王と呼ばれ、美しい模様をしています!(^^)!
海に下ったものはサクラマスと呼ばれ、生まれた川に帰ってきます!!

アクアリウムラボ正面の水槽に展示されていますので、涼しげに泳ぐ彼らをぜひ見にお越しください( *´艸`)

2014/06/05(木) 19:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム