プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック


 こんにちは!ラボスタッフの北野です。


 西日本は梅雨入りしましたね。

 神奈川県にも、ジメジメとした空気が迫ってきているように感じられます。



 今回は、2月頃に仲間に加わった カミクラゲ spirocodonn saltator について

 改めてご紹介します。


 $ラボ日記


 最近、カミクラゲ達は大きな水槽に引っ越して、長い触手を元気に伸ばして漂っています。

 その水温はなんと約7℃!しかし、かれらにとってはこの水温が過ごしやすい水温なのです。



 話は変わって…


 このカミクラゲ、ポリプ世代が知られておらず、その生活史が謎に包まれています。

 幼生がどこに着底し、成長してポリプになるのか…

 彼らの生活史を明らかにすることは、大きな発見につながるのです!


 北里アクアリウムラボでポリプが見つかったらなあ…Oo。。( ̄¬ ̄*)

 なんてことを考えながら、大切に飼育しています。


 水槽の中ををフワフワと浮かびあがり、漂って暮らしているこのクラゲ達には、

 そんな人間の気持ちなど知る由もなく…


 $ラボ日記


 本日も、その美しい姿を水槽内で見せてくれています。

 明日も、明後日も、その先も。

 気が向いたら是非、北里アクアリウムラボに足を運んでみてくださいね。



 北野

スポンサーサイト

2013/05/28(火) 18:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |

     こんにちは!   ラボスタッフの越智です。

  

 もうすぐ6月を迎え、気温も徐々に上がってきており、夏の兆しが見え隠れしてます。

 

 

 さて、夏といえば怪談話。  怪談話といえば幽霊。


 今回は、その「幽霊」の名を冠した、キタユウレイクラゲ Cyanea capillata. について

 

 紹介したいと思います。


ラボ日記



 キタユウレイクラゲは、最近になって夏場によく見かけるようになったクラゲで


 傘が直径1mを超えるほど成長します。

 

 定置網にかかり、漁獲物を痛めたりするなど漁業に支障をきたす生き物でもあります。

 

 また、触手に刺される場合があるため、海で見かけた際は近づかないようにしましょう。


 


 現在、アクアリウムラボでは体長1~2cmほどのキタユウレイクラゲを飼育し

 

 展示をしています。    小さくてとても可愛いです。

 

 他にも、ラボでは様々なクラゲも展示しているので


 北里大学へお越しになった際は、ラボに足を運んでみてください。

 



 越智


2013/05/24(金) 16:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは
ラボスタッフの桑原です。

ブログを書くのは久しぶりです(・・;)


少しずつ暖かくなってきた今日この頃・・・
東北の海はまだ少し寒いです。

しかしその中でもこの時期に顔を出してくれるかわいい生物がいます。
それがこのダンゴウオ Lethotremus awaeです。


$ラボ日記-ダンゴウオ正面

このぽっちゃりした体系がかわいいですよね。

実はこの魚お腹の吸盤を使ってくっつくことができるんです!

それがこの写真

$ラボ日記

この吸盤は胸鰭が変化したものだと言われています。

見かけによらずしっかりとしていて、水槽に入れる時もバケツにくっついって離れようとしませんでした(^_^;)


このダンゴウオはアマモ水槽の左端に期間限定で展示しているので
よろしければぜひ、足を運んでください!


それでは失礼いたします。






桑原


2013/05/20(月) 18:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんばんは!ラボスタッフの皆川です。


みなさんはGWを楽しく過ごされましたか?




今回は、ミズクラゲ Aurelia sp..について紹介したいと思います。


ラボ日記


最近、多くの水族館で見られるようになりました。


水槽内をフワフワと漂う姿は私たちを癒してくれます:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


アクアリウムラボに訪れてくるお客様も


「キレ~イ」といって喜んでくださいます。



人気のあるクラゲですが私たちにとって良くない一面もあります。


ミズクラゲは7月頃になると大量発生し、


発電所のバースクリーン(ゴミを除去する装置)の目詰まりや破損を起こします。


他には、漁獲物の価格低下や漁獲の減少による漁業被害があります。




このような生き物のいい面と悪い面を考えて


普段とは違った視点で水族館に訪れるのはいかがでしょうか?





皆川












2013/05/04(土) 20:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム