プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは。
ラボスタッフの板橋です。
神奈川は桜が見頃です(*^_^*) きれいですよ~(^-^)

さて、
今日は最近新しくできた水槽の話をしようと思います。

$ラボ日記


これがその水槽です。
ここにはアマモ Zostera marina と、アメリカフジツボ Amphibalanus edurneus が展示されています。


が、

今日の話しはアマモでもフジツボでもありません(ノ´▽`)ノ

$ラボ日記


今日紹介するのはこの子です(-^□^-)
どこにいるかわかりますか?





正解は・・・







ここ!

$ラボ日記



緑の丸で囲んだ部分が頭です( ̄▽+ ̄*)見つけられましたか?
砂の中に潜っていたのです。
この子はエビジャコという名前で、だいたい砂の中に潜っています。
完全に潜っている時に見つけるのはかなり難しいですよ(笑)

たまに砂から出てきて歩いたりもしています。
その時が観察のチャンスですねо(ж>▽<)y ☆

今日は水槽のかなり前の方まで歩いてきたので、いい写真がとれました( ´艸`)

$ラボ日記


$ラボ日記


見学に来られた際にはぜひ探してみてくださいヾ( ´ー`)


板橋
スポンサーサイト

2013/03/25(月) 17:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは、ラボスタッフの川嶋です(≡^∇^≡)


今日は、北里大学で行われたオープンキャンパスについて書きたいと思います。



ラボ日記


ラボ日記


上の写真をご覧のとおり、多くの人たちに来て頂きました。


来観された方々、本日は来て頂き、ありがとうございましたo(^▽^)o



また、今回のオープンキャンパスでは、北里大学の研究室についてのパネルが展示してありました。


ラボ日記


ラボ日記


現在、北里大学海洋生命科学部には13の研究室があります。


来年、4年生は一年間研究室に所属し、自分の研究を行います。



ラボ日記


上の写真は、今回展示されていたマコンブLaminaria japonica の標本です。


これは三陸の越喜来湾で採れたものです。


大きさは2メートル以上あり、とても大きな標本になっています。


今年度、まだまだオープンキャンパスはありますので、もし良かったら見に来て下さい。


川嶋


2013/03/24(日) 15:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは(‐^▽^‐)

ラボスタッフの皆川です。


今回は、アフリカンシクリッドの赤ちゃんが大きくなったので

紹介をしていきたいと思います。


ラボ日記


生まれたばかりのころは体の模様が

はっきりと出ていませんでした。



最近はエサをたくさん食べるようになり

大きくなるにつれてだんだん模様がはっきりしてきて、

背ビレにもキレイなオレンジ色がでてきましたo(^▽^)o



これからも元気に育っていく姿がとても楽しみです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



皆川





2013/03/23(土) 16:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんばんは、

ラボスタッフの渡部です。

最近花粉のせいでくしゃみがとまりません:゙;`;:゙;`;・o(ロ≦〃)


今回はサンゴ水槽で面白いものを見たのでその話をしようと思います。


以前にも紹介しましたが、サンゴ水槽にはオトヒメエビ Stenopus hispidus と、

苔を食べるエメラルドグリーンクラブ Mithrax sculptus が住んでいます。


ある日、オトヒメエビがいつものように食事をしていました。


すると・・・



ラボ日記


なんと、いつもは苔を食べているエメラルドグリーンクラブがオトヒメエビに近寄ってきていますΣ(゚д゚;)

おそらく、彼の狙いはオトヒメエビの持っている食べ物でしょう。



ラボ日記


お互いに腕を広げて威嚇行動!!

一進一退の攻防が繰り広げられています。



ラボ日記


勝負に勝ったのはオトヒメエビでした。

エメラルドグリーンクラブは悔しそうにその場を去りました。


彼には後でエサをあげましたが、喜んで食べていました(^∇^)


生き物を飼育していると、いろいろな姿を見せてくれるので、見ていて楽しい気分になります。

皆さんも、生き物を見る機会があれば、じっくりと観察してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら意外な発見ができるかもしれませんよo(^▽^)o


渡部


2013/03/17(日) 20:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんばんは

ラボスタッフの皆川です

きょうは風が強くて、目に砂が入って大変でした・°・(ノД`)



今回は、ラボの作業の一部を紹介したいと思います。


ラボ日記

これは、エビの仲間のツノナシオキアミ Euphausia pacifica です。

一昨日まで三陸にいた私たちが、

クラゲ採集している時に大量にいたので採集しました。


帰ってきて、魚のエサにしようとパック詰め作業を行いました。

そのままエビを詰めてしまうとエサとして魚に与えるときに飼育水槽を汚してしまうので、

アミの中で洗い余計な水分を取ってからパック詰めを行いました。


ラボ日記


水を切った後は使いやすくするため平らにして、冷凍庫に入れて凍らせました。


ちなみにこのツノナシオキアミは、釣りの時に使われるコマセや

魚肉ソーセージの原料として使われる私たちの身近な生き物なんです(^∇^)







おまけ


今日の作業中大学の裏へ行くと、道路の真ん中に仮設トイレが倒れてました(((゜д゜;)))


ラボ日記

最近は風が強い日が多いので、皆さんも気を付けてください。


皆川














2013/03/13(水) 21:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。
ラボスタッフの板橋です(‐^▽^‐)
最近あったかかったり、寒かったりで困りますね、、
皆さんもお体には気をつけてください。(・∀・)


さて、
今日はちょこっと珍しいことを紹介しようと思います。


$ラボ日記


以前しょうかいしたズワイガニChionoecetes opilio が脱皮したのです^^

その脱皮した甲羅がきれーに残りました。
カニの置物だと思った程です。

じゃん(・ω・)/


$ラボ日記


でも、これだとどうやって抜けてきたのかわかりませんよね?
この形できれいに固まっていたので僕も不思議に思いました。

そしたらなんと、
脱皮直後の殻の写真を撮っていたスタッフがいたのです(*゜▽゜ノノ゛☆


$ラボ日記


こんなふうにカパッとなるんですねぇ~(笑)
びっくりしましたΣ(・ω・ノ)ノ!

こんなのが見れるのが飼育していることの楽しみの1つだったりしますね~(=⌒▽⌒=)

板橋



2013/03/11(月) 17:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは(*^_^*)
ラボスタッフの板橋です。
ブログを書くのは一ヶ月ぶりくらいな気がします^^;


さて、
今日は生物の紹介ではありません。
イベントのお知らせです!!
それも2つ!



1つ目о(ж>▽<)y ☆

3月8日に武蔵野大学にて移動水族館を開催しますヾ(@^▽^@)ノ
水槽は5本の予定で、
自作ですが、かなり力を入れて作った水槽もあるので期待していてください。
「流氷の天使」と呼ばれていたりなんかする子も展示する予定です。かわいいですよ~(≡^∇^≡)
学外の方も来ていただけるので、ぜひ見に来てください。


2つ目о(ж>▽<)y ☆

3月11日に岩手県大船渡市で大船渡津波博物館がオープンします。
オープンに先駆けて、3月8日にはプレオープンします。
2011年3月11日の東日本大震災を忘れないようにと立てられた、
この大船渡津波博物館のなかにミニ水族館を出させていただくことになりました。
こちらは三陸の豊かな自然の生き物を展示します。
お時間がある方はぜひ足を運んでみてください≧(´▽`)≦
三陸はむっちゃいいところですよ(^ε^)


以上 告知でした。
よかったら遊びにきてください(^ε^)♪



そういえば、
今日は一枚も写真がなかったですね…
無しってのも寂しいので、昨日ラボスタッフの北野からもらった
かっこいい写真を1枚

$ラボ日記
 タコクラゲ Mastigias papua


板橋

2013/03/05(火) 11:42 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは、ラボスタッフの川嶋です(=⌒▽⌒=)


久しぶりにブログを書くので、少し緊張しております(;´▽`A``


今回は、アクアリウムラボで古株のシロチョウザメAcipenser transmontanusを紹介します。


ラボ日記


チョウザメはキャビアで有名ですが、サメの仲間ではありません。


名前の由来は、蝶のような形をした硬鱗を持ち、鱗の形とその外見からチョウザメと名付けられました。


この硬鱗は古代魚の特徴の1つです。


だから、チョウザメはとても長生きをする魚で、体も丈夫です。


チョウザメは日本でも養殖されているのですが、


チョウザメからキャビアを取り出すときには、お腹を割いて取り出します。


キャビアを取り出した後に、そのお腹を針と糸で縫い、池に放すと


なんと、泳ぎ出します。Σ(゚д゚;)


縫ったお腹は、水圧でくっ付き、糸も自然と取れていきます。


そのため、チョウザメはとても丈夫なんです。


みなさん、チョウザメにはこんな一面もあるんです( ̄ー☆



川嶋




2013/03/01(金) 16:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム