プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんばんわー。アクアラボ4年の齋藤です。お久しぶりでございます。


先程まで夏の企画展の準備作業を行っており、ブログの更新をすっかり忘れるところでした。

日付が変わらないうちに更新更新・・・


アクアラボでは、毎日スタッフが協力し合いながら生物の世話や展示の改善、新展示の考案に明け暮れています。ミニ水族館とはいえ元気な生き物をお客様にお見せするための裏方の仕事はハードな面もありますが、いつも生物と向き合っているスタッフ達だからこその特権もあるのです。

その一つが、たまに見るだけでは分からない生物達の様々な仕草を見ることが出来る点です!

開館前や閉館後などの時間に生物達が見せる可愛らしく、おかしくもある動きやポーズを見ることが出来た時は、何となく得をした気分になるのです(*^▽^*)



と、いうわけで今回は勝手ながらそのお得(?)な気分を皆様におすそ分けしたいと思います!



ラボ日記
こちらは、お客様がお越しにならない日に遭遇したイガグリホンヤドカリPagurus constans の脱皮シーンです。脱皮のスピードは本当にゆっくりで、この日は何回か水槽を覗き込みましたがあまり変化が感じ取れませんでした(;^_^A

甲殻類にとって脱皮は激しく体力を消耗する、まさに死と隣り合わせの危険な作業です。皆様もそのようなシーンに遭遇したら、やさしく見守るか、そっとしておいてあげましょう。



ラボ日記
つづいてこちらはオキトラギス Parapercis multifasciata の食事シーン。

水槽に入れてから2~3日ほどで餌に興味を示し、上から落ちてくるイソメに元気よく飛びかかったものの少々大きすぎて口からはみ出しているところです。

ちなみに、この子はしばしの間イソメをくわえたまま水槽内を散歩しておりました(笑)




お次は今年2月まで企画展の大水槽の住人の一人だったニホンイシガメMauremys japonica の朝のひととき。朝ごはんのクリルを元気よくほおばり・・
ラボ日記
ばくばく。
ラボ日記
もぐ、もぐ・・


ラボ日記
ごっくん。




私も現在は就職活動により以前ほどラボの仕事に関われない日が続いているのですが、それでもラボにおける様々な面でサポートしてくれるメンバー達には頭が上がりませんヽ(;´ω`)ノ

実のところこのような写真はまだまだ山の様にあるのですが、時間の都合上今回はこの辺で失礼させていただきたいと思います(^▽^;)





齋藤


スポンサーサイト

2012/05/31(木) 23:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは!

北里アクアリウムラボスタッフ4年の櫛引です。
お久しぶりです。(・ω・)/

実は今回三陸にてクラゲサンプリングに行ってきました。
研究材料、展示材料としてのクラゲを取ってきましたが、なんと


       大漁ですΣ(・ω・ノ)ノ!


サルシアクラゲSarsia tubulosa(M.Sars) と ドフラインクラゲNemopsis dofleini Maasが大漁でした(≧▽≦)

今後の展示にて使われると思います。
詳しい内容はまた後ほど。

では、今回のサンプリングにてわかったことを少し紹介します。
三陸の水温は15℃前後、大分温かくなって来ています。
ドフラインクラゲは春に見かけるクラゲです。
っということは今現在三陸の水温は春の水温ということになります。
泳ぐにはまだまだ早そうです。(●´ω`●)

そして、キタミズクラゲAurelia limbataが今年も崎浜で大量発生しています。
私にとってはとても微笑ましい光景でウハウハでしたが、
漁師さんにとって被害は甚大だそうで全部取って行けと言っていただけました。



そんなサンプリング旅行でした。今回採れたクラゲを是非見に来て下さい。
櫛引

2012/05/27(日) 14:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
皆さん、こんにちは(・∀・)

北里アクアリウムラボスタッフの佐藤(晃)です!


金環日食は見ましたか?
僕は、ちょうど日食が終わった時間に起きました(;´▽`A``

ニュースで散々写真を見たので個人的には悔いはありませんが、実際に見てみたかったな・・・。



さて、僕のことはこれくらいにして・・・

皆さんご存知かもしれませんが、3月、北里アクアリウムラボは新江ノ島水族館様とコラボさせていただきました!
その際、展示に使用した生き物はほとんどが三陸にて採取してきた生き物でした。


展示が終わった生き物は北里アクアリウムラボにて飼育していましたが、飼育スペースも広くはありません。


そこで、アクアラボスタッフが三陸で研究のサンプリングをするついでに、三陸で採取した魚たちを、三陸の海に返しました。



彼らの故郷ですくすくと育ってほしいですね^^


佐藤(晃)


2012/05/23(水) 17:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちわ。
アクアリウムラボスタッフ3年の北野と葛生です。

すっかり気候も暖かくなり、過ごしやすくなってきましたが、ここ数日はにわか雨が気になって傘が手放せないのは困りものです。


さて今日は、ゲンゲ水槽の住人、未記載種のゲンゲのお気に入りの場所を紹介したいと思います。

この新種と思われるゲンゲは、同居人のスザクゲンゲ(Ericandersonia sagamia)に比べて身体が小さく、色も白いため弱々しく見えます。

水槽内では何かに絡み付いてじっとしているのが落ち着くようです。近縁種のスザクゲンゲが水底でじっとしていることを好むことと比べると、その生態の違いが見ていて面白いかもしれません。

$ラボ日記

以前は、水温を低温に下げるためのクーラーに巻き付いていたため、凍ってしまわないか心配でしたが、今ではハオリムシがお気に入りのようなので、安心しています。

$ラボ日記

あまり動き回ったりはしない魚ですが、とっても可愛らしい姿をしているので、ぜひ実際に見に来てください。

北野・葛生

2012/05/19(土) 17:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは!アクラボスタッフ湯田です。
大事なお知らせです。

な、なんと!
我がアクアリウムラボがyoutubeにアップロードされました!!

動画のURL↓
http://www.youtube.com/watch?v=tAncjbF-ODE&feature=youtu.be

コピペして飛んで下さい。


ちなみにスタッフの反応は・・・
「初!ネットデビュー!」
「めっちゃ顔出てるし・・・」
「俺、どこに出てるよ?」


と、悲鳴(?)だらけでした。
まあ、仕事中にカメラが回っていたことからこうなるような気はしてたんですがね・・・

ちなみに私もちゃんと出てます。
誰が誰だか予想してラボであったら声をかけて下さい。
赤面するんで・・・

今回は告知なんでこの辺で
担当は湯田でした~


2012/05/17(木) 17:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。
アクアリウムラボスタッフ3年の板橋です。

今日は、なんとビクニンCareprictus trachysomaが6匹も届きましたо(ж>▽<)y ☆

$ラボ日記


魚津水族館さんから頂きました。ありがとうがざいます。(‐^▽^‐)

$ラボ日記


↓は水合わせ中の写真です。水合わせは、新しい環境に慣れてもらうための作業で、慎重に行います。
$ラボ日記

そしてこれが賑やかになったビクニン水槽です。ヽ(゚◇゚ )ノ
是非見に来て下さい!!

$ラボ日記



ちなみに、ビクニン水槽にはホテイウオAptocyclus ventricosusもいっしょにいます。ホテイウオもビクニンに負けず劣らずかわいいですよo(^▽^)o

板橋

2012/05/15(火) 17:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
スタッフ4年の沢田です。

今日は6月から始まる新しい1階、企画展示についての企画会議を行いました。


内容はまだ明かすことはできませんが面白い企画になると思います。


乞うご期待。


ということは現在の1階、企画展示は5月いっぱいで終了になります。


どんどん成長しているシロサケ、可愛らしいエゾイソアイナメや逞しいヤマメ、


たまに姿を見せるカマツカやサンショウウウオ達ををまだ見ていない方、また見たい方はお早めにお越し下さい。


沢田

2012/05/12(土) 15:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おばんです。アクアリウムラボスタッフ四年生の矢野でございます。('Д')ノ

今年はGWが例年よりも長く続き、皆さんも思い思いの連休をお過ごしになられたでしょう。
アクアリウムラボスタッフもGWを越え、甲斐甲斐しく水槽を見張るお仕事に戻りました。

...GW中も世話はしてましたけどね。(笑)


さてGW中の話題で一筆...といきたいのですが、
残念なことにこの場でご紹介できる出来事は恥ずかしながらありませんでした。
雨が多かったと言えば言い訳になるでしょうか(・・;)


気を取り直して、
今回はアクアリウムラボで展示されている奇怪な魚をご紹介しましょう。

こちらです


$ラボ日記


この顔中に穴の空いた珍妙なヤツは"スザクゲンゲ"(Ericandersonia sagamia)という深海魚です。
このスザクゲンゲは2006年に新種記載された新種の魚。
捕獲場所は相模湾とのことで学名にもsagamiaと記載されています。

このゲンゲは水深200Mの所に生息しウナギのような体と間延びしたカエルのような顔をもち、
つぶ貝やズワイガニ漁の際に外道として水揚げされます。
ですがこのゲンゲ、下魚にも関わらずおいしい魚とされています。
漁村のちょっとした珍味ですらしいです( ´ー`)


ちなみにこのゲンゲ、自然界ではイカによく捕食されてますが...
ラボではイカを食わせてます。皮肉ですね。( ̄∀ ̄)

さて余談ですが、スザクゲンゲが入っている水槽にはもう一種ゲンゲ科の魚がはいっています。
実はその魚、名前がついていません。つい最近見つかった新種だそうです。
どういう姿かは...ご自身の目でお確かめあれ!(機会があればまた紹介します)

という訳で今日はこの辺で、またお会いしましょう。

矢野


2012/05/07(月) 17:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |



どうもみなさんこんばんは(・∀・)


スタッフ4年の佐藤wです。


ゴールデンウィークももう中盤となりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は連日の雨で好きな釣りにも行けず悶々としております。

ブログを書くと大したネタでもないのにやたらと長くなってしまう私ですが、あえて今日もその調子で書いていきたいと思いますよ。

ブログはじめ随筆ってものはそういうものと思ってますのでね( ̄▽+ ̄*)

ハイ。


そんな本日の話題は「こわれたもの」


ラボ日記


↑はラボで使っているバケツたちです。


十数本もの水槽を管理しているラボでは、2~3日に一回は水替えがありますし、さらに水をきれいにするフィルターのろ過材を洗う必要もあります。

当然これらのバケツたちの出番も多く、そこに落としたりなんだりの事故が重なれば、当然壊れるものも出てきます。


ですが、壊れたバケツも使い道がないわけではありません。上の写真の二つは底が割れてしまっているのですが、現在は洗った後のろ過材(青い網の袋がそれです)のストック容器となっています。

底が割れてるのでいい具合に水をきることができるのです。



まあバケツくらい壊れたらすぐ捨ててもいいのでしょうが、どうせなら新たな使い道を見つけてあげるのもいいかな、というかんじですね。



ですが、そんな悠長なことを言っていられないものが最近壊れだしました。

フィルターです。


ラボがスタートして約一年、毎日休むことなく動き続けてきたフィルターたちもそろそろガタが出だしたようです。主に水を動かす動力部分の劣化が激しく、中には再起不能になってしまったものも…


しかし水を動かせなくとも、水をきれいにする部分自体はまだ生きています。そんな時はフィルターに水を送り込んでやればよいのです。


ラボ日記

こちらはアクアラボバックヤードにあるミドリガメ水槽です。写真右にある灰色の箱がフィルターなのですが、コイツはインペラー(水を動かすプロペラみたいなもの)が事故で折れてしまいました。

そこで…


ラボ日記

↑こうしてみました。


水中ポンプで無理くり水を送り込んでいます。このポンプの出水ノズルとフィルターのパイプがちょうどはまるサイズだったのが幸いしました。


ちなみにこのポンプも本体の裏ブタが壊れています(緑のとこは本来見えちゃいけないところです・・・)。

よって小魚は吸い込まれてしまうのですが大人のミドリガメならOK(o^-')b






とまあ、今回も長々と書いてしまいましたが(^_^;)

壊れたものでもうまく工夫することでまた使えるようになる、ということです。壊れたらすぐ捨てるのはもったいないですし、何より¥的にうれしいです。















…それよりもまず「壊さない」ってのが大事ですけどね(・∀・)





それでは、長々とお付き合いただきありがとうございます。


今後天気は回復するようなので皆さんあちこち出かけてみましょう。

気が向いたら北里アクアリウムラボもどうぞよしなに(^O^)


佐藤w


2012/05/03(木) 20:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム