プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは~アクアリウムラボスタッフの川嶋です。
今日、相模原では積もるほどの雪が降りとっても寒いですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今日は飼育しているキタミズクラゲAurelia Iimbata について話したいと思います。

$ラボ日記
泳ぐキタミズクラゲ

海水浴場によくいるミズクラゲAurelia aurita sensu lato に良く似ていますが、傘の縁が茶色なのが特徴です。

また、キタミズクラゲとミズクラゲでは同じ餌であるアルテミアを与えています。
このときに、ミズクラゲはオタマでボールに移してから餌を与えていますが、キタミズクラゲはボールに移さずに直接餌を与えています。

その理由はキタミズクラゲは刺激を与えると粘液を出して水質を悪化させてしまい、それ自体がクラゲに対して、大きなストレスになってしまうからです。
そういう意味ではデリケートなクラゲかもしれません。


クラゲによって、こんな違いがあるなんておもしろいですよね。


川嶋


スポンサーサイト

2012/02/29(水) 16:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは、アクアリウムラボスタッフの秋山です。いつも一緒に書いている葛生はお休みのため、自分一人で書こうと思います。


今日は、シロザケ Oncorhynchus keta水槽の水換えをしました。
$ラボ日記


シロザケ Oncorhynchus ketaは、北海道や本州北部に生息していて冷水を好むため、水槽の水温は4℃前後とかなり低い設定にしてあります。写真の奥に見える銀の螺旋型の金属がクーラーです。飼育するのに必須の器具となっています。


この個体は三陸町から送られてきて間もないのですが、餌もよく食べているので今後の成長に期待しています!


シロザケは3月から正式に展示されるので、是非アクアリウムラボまで見に来てくださいね(‐^▽^‐)


秋山

2012/02/28(火) 18:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは!アクアラボスタッフの齋藤です。






2月19日~22日の間、齋藤含む5人のスタッフ達と三陸へ生物採集をしに行ってきました!

ラボ日記


〇北里大学三陸キャンパス




ラボ日記


久しぶりに三陸の地を踏みしめて、3年スタッフ達も懐かしさを満喫していました。




ラボ日記


・・・齋藤は少しはしゃぎすぎました。


(あまりの広さと懐かしさに跳ね回る齋藤)




今回の三陸採集の目的は、アクアリウムラボの次なる展示に向けて、キタミズクラゲ等北方系の生物や根魚を採集することでした。車を使って様々な漁港を回り、探索・採集活動に没頭していました。




ラボ日記


地盤沈下のため、堤防の足場は波打ち際状態・・満潮時は長靴が必須の状態でした。


足元に注意しつつ、堤防の根元等を釣竿で探っているところです。漁港によっては海藻の量が多すぎて釣りがうまくできない場所もありました。




ラボ日記


生物探しのためならば、寝転がるのもなんのその。海藻に隠れた生き物を網で採集するために、足場から転げ落ちそうになるくらい身を乗り出すこともしばしばありました。




ラボ日記


日が暮れ、夜になっても採集は続きます。街灯の無い夜の漁港で、各自強力なライトを持って釣り採集を行いました・・・・が。


さすが三陸、寒さが半端ではありません!!手袋をしないで作業でもしようものなら、短時間で手がまともに動かなくなってしまいます。齋藤は買ったばかりのスマートフォンを海に落としてしまわないかとヒヤヒヤ(・ω・;|||




ここで、キタミズクラゲ採集のことを思い出し、かじかむ手でライトを持ち湾内を照らしてみると・・・








ラボ日記











ラボ日記


岸壁に押し寄せるキタミズクラゲ Aurelia limbata とウリクラゲ Beroe cucumis Fabricius




ライトの都合で狭い範囲しか写りませんでしたが、湾内は一面のクラゲ、クラゲ、クラゲ・・・・


採集するには多すぎるほどのクラゲ達が出迎えてくれました!!








この他にも、クラゲの採集風景やその他の採集風景など、載せたい写真や書きたい話はまだまだありますが、長くなってしまったので今回はここまでにしようと思います。




次回は、クラゲの採集・パッキング風景やその他採集風景についてお送りします!








齋藤










2012/02/27(月) 16:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちはーヽ(゚◇゚ )ノ
三年スタッフの戸倉こと、とっくんです!!
よろしくお願いします。



今日はアクアラボの三階に展示している
シロチョウザメAcipenser schrenckiiについてお話ししたいと思います。





今現在展示しているシロチョウザメはラボの生物の中で一番長く展示されている生物のひとつです。


ミズクラゲAurelia auritaなども最初から展示してありますが、調子の悪そうな個体を何度も交換しているので、一個体として見ると、シロチョウザメは一番の古株です。( ̄□ ̄;)!!





オープン当初に比べると数は減りましたが、
まだまだ成長するので、他の生物と共にこれからも元気に育ってほしいです。





$ラボ日記
オープンからいるシロチョウザメさん



それでは三年スタッフ三班のとっくでした。m(_ _ )m


2012/02/26(日) 17:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは
北里アクアリウムラボスタッフ2年の加藤です。

今日は現在バックヤードにて飼育中の生物をご紹介致します。

それがこちらです!!
$ラボ日記

隠れてしまっていますね。




それではこちらをごらんください!!

$ラボ日記

こちらが マツカワ Verasper mosei です。

こちらは海洋分子生物学研究室の高橋明義教授から提供して頂きました。

マツカワは普段、1枚目の写真のように砂の中に隠れています。

この時、マツカワは体色を周囲の色に合わせ変化させます。
周囲の砂が薄い色ならばマツカワ自身も体色を薄く、濃い色ならば体色を濃くします。

また、餌を食べる時には2枚目の写真のように姿を現してくれます。

沢山食べて大きく育ってほしいですね(^O^)/

加藤







2012/02/25(土) 17:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
皆さんこんにちは!

北里アクアリウムラボ2年生新スタッフの板橋です。
初めてのブログになります。がんばります!

今日は前回の水換えから徐々にpHが下がって来たため、
チョウザメAcipenser medirostrisの水槽の水換えをしました。

チョウザメは淡水で飼育しているので、水道水にカルキ抜きの薬品を混ぜた水を使います。

しかし、最近は水槽の水温より水道水の方が冷たいので、なんと、ポットで沸かしたお湯を混ぜてから水槽内に入れます。

僕はこの方法を知らなかったので驚きました(^_^)

$ラボ日記


ポットのお湯を混ぜてちょうどいい温度になったところで、捨てた分の水を足して無事水換え終了です。

元気に長生きしてもらいたいですね!

板橋

2012/02/23(木) 17:01 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは、アクアリウムラボスタッフの秋山と葛生です。


今日は、新しい水槽(1.2m)を2階に設置しました。
$ラボ日記


この水槽は、今後の展示予定の『ある』生物のために作成しました。設置した機材は、外部濾過装置とクーラーと蛍光灯です。
展示予定の生物は、数日後に届く予定ですので、気になる方は是非ともアクアラボまで足を運んで下さい。


また、現在三陸町でアクアリウムラボの先輩方が企画展示の生物を採取しており、続々新しい個体が送られて来ています。送られて来た生物は、現在企画展で使用されている魚と共に、1階の3m水槽に展示される予定です。
$ラボ日記


水槽の模様替えが出来次第、ブログのほうで取り上げられると思うので期待して待っていて下さい!


秋山&葛生




2012/02/22(水) 17:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちわ。
アクアリウムラボ、新スタッフの長島と北野です。

みな、まだ完璧ではありませんが、少しずつ仕事を覚えて来ています。
先輩方や仲間達と共に生体の安定した維持と、新たな発見を目指して頑張っていきます!



本日は、次回の企画展示に向けての1階の水槽の整備や、深海生物の水槽の水換えを行いました。


1階の水槽の整備では、新たな90㎝水槽の前準備を行いました。
$ラボ日記

まず、それまで入っていた生体を別の水槽に移して、レイアウトに使っていた石なども全て取り除きました。
続いて水を全て抜き、新しい水をホースで入れながら底砂を撹拌することで、蓄積した有機物を取り除きました。
この一連の作業の時に、底砂に隠れていたクロカワムシなどの生物が出てきました。


深海生物の飼育水は低温を維持する必要があります。
そのため、水換えの時に新しく用意する海水も低温でなければ、水槽内の生体へ負担がかかってしまうことになります。
なので、事前に海水を冷蔵庫で冷やしておき、それを用います。
しかし、冷やしておける海水の量には限度があるため、海水に凍らせたペットボトルを投入し、冷蔵庫を使わずに直接的に冷やす方法なども用いました。


次回の企画展時に向け、着々と準備が進められています。
お楽しみに!

長島・北野




2012/02/21(火) 17:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
皆さんこんにちは。
スタッフ3年の大西です。


今日は久しぶりにポリプの話題でもヾ(@°▽°@)ノ


こちらは1月30日にミズクラゲ水槽から採集されたものです。

$ラボ日記

赤く染まっているのは、アルテミアを捕食したからですヾ(@°▽°@)ノ

一時期このポリプはとても弱っていたのですが、頑張って世話をしてきたところ、最近では食欲も増し、すっかり元気になってきました!ヾ(@°▽°@)ノ

さらに、元々採集したのは2個体でしたが、先日シャーレを見ていたら、3個体に増えていました!!ヾ(@°▽°@)ノ

エフィラに成長してくれるのが待ち遠しいです!
(どんどん増えてもっと大きくなあれ・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆)


大西

2012/02/20(月) 18:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
皆さん、こんにちは!
北里アクアリウムラボスタッフの佐藤(晃)です。


今日は次回の企画展示のために、1階の3m水槽の内容を変更する前準備をしました!


まず、カメとコイを展示している際にレイアウトに使用した石をどけて、生体を水槽から出します。
$ラボ日記


さらに、水をほぼ全て抜き出し、水槽内を掃除し、どけた石を今回の企画展示をイメージしながら、レイアウトしていきます。
$ラボ日記


最後に、新しい水を水槽に入れ、前準備完了です。


この作業をしている最中、予想外な生体が3m水槽の石の隙間から出てきました。
それがこちら!
$ラボ日記

前回の企画展示をご覧になった方は、もしかしたらお分かりになるかもしれませんね。
この生体は、前回の3m水槽で展示していたテナガエビです。


カメ・コイ水槽にしてから今日まで約3ヶ月、スタッフ全員がテナガエビがいたことに気づきませんでした・・・(^_^;)

前回の水槽からカメ・コイ水槽に変更する時も、今回のように水槽内を掃除したので、見逃しはないと思っていたのですが・・・このテナガエビは、我々スタッフの目から逃れ、石の隙間で力強く生きてきたのでしょう( ̄∀ ̄)


さて、北里アクアリウムラボの1階は次回企画展示のために2月中は準備期間となります!
準備期間中は1階は見学不可となってしまいます。ご了承くださいm(_ _ )m

佐藤(晃)

2012/02/18(土) 17:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム