プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんにちは、アクアラボスタッフの齋藤です!




アクアラボで飼育している生物の一部(クラゲ等)には、人工海水ではなく天然の海水を使用しなければならないものもあるため、アクアラボでは常に天然海水をストックするようにしています。




しかし!!




アクアラボの海水魚、クラゲ達の水替えに必要な天然海水を大量にストックしている巨大ポリタンクの中身がまた少なくなってきてしまいました・・




ラボ日記


私達がよじ登らないと中身が見られない程の大きさのタンクですが・・・






ラボ日記


ご覧の通り!!


ホントにすっからかんになってしまいました・・・と、いうわけで。






ラボ日記


本日、海水の補充を行いました!


新江ノ島水族館のスタッフの方がトラックにいっぱいの海水を持ってきてくださいました!いつも本当にありがとうございます!




さて、早速補充を開始しましょう。






ラボ日記


さて、このタンクいっぱいに詰まった大量の海水をどうやってアクアラボのタンクに移動しましょうか?






ラボ日記


クリオネ「根性で持ち上げろ!!」




さ「無茶言うな。」






あまりにもタンクが重すぎるため、持ち上げるなんてとても無理です。


単純明快、みんなで協力してバケツリレーで補充を行いました!




ラボ日記


タンクからひたすら海水を汲んで黄色タンクに移していきます。写真だけだと何の苦労も無くホイホイと運んでいるようにも見えますが、実はけっこう腰にくる作業なのです。特に海水を汲む人間と黄色タンクの上に立っている人にバケツを受け渡す人の腰には多大なダメージが・・!








こうしてトラックに積まれたタンク2個分の海水を移し終わり、ようやく黄色タンクが満タン近くになりました。合計で1.8トン程の海水をバケツリレーしたことになります。


結構疲れましたが、これでしばらくは天然海水に事欠くことはなさそうです。


生物の維持管理のためにも、新鮮な海水は欠かさないようにしなくてはなりませんね(-^□^-)






それでは、今回はこの辺で失礼します。






齋藤



スポンサーサイト

2012/01/31(火) 16:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは、3年の石橋です。

寒さが続く中、本日はミズクラゲAurelia aurita sensu latoのポリプのその後について報告します。

前回採取したポリプは、皿上に段重ねしたストロビラまでは成長していません。
成長するまで、まだ時間がかかるみたいです。


なお,ミズクラゲのポリプについては、虫眼鏡が必要です?!!を参照して下さい。


その後のミズクラゲの水槽では、今だにポリプが次々と出現しています。本日も2個体のポリプを採取しました。

ポリプが増えるのは嬉しいことですが、保管場所がなくなりそうで心配です。また、毎日注意深く確認しているため、目が痛くなりました。(x_x;)

ポリプの成長と変化が現れ次第、また報告をします。

石橋





2012/01/30(月) 18:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |





こんにちは。

北里アクアリウムラボスタッフの唐澤と白岩です。






今日、バックヤードに控えていたサカサクラゲCassiopea ornataがメジャーデビューしました(*´∇`*)



ついにこの日がやってきました!

みなさんにお見せできる日が来ました!!






ラボ日記








以前紹介した時よりもわずかに成長しています。



このサカサクラゲは、タコクラゲと同じように褐虫藻という植物プランクトンと共生しています。

あるスタッフが飼っていたサカサクラゲをラボの水槽に入れたところ、青色だったものが茶色くなりました。

この色の変化が褐虫藻のせいなのかは、未だ分かっていません(・・;)








ラボ日記








不思議で魅力的な生物です。





そんなサカサクラゲを間近で見ることができます。

ぜひお越しになった際は、姿はもちろん、色にも注目して見てみてくださいヽ(・∀・)




スタッフ一同お待ちしておりますヾ(@°▽°@)ノ






                                






                                    唐澤と白岩


2012/01/29(日) 19:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |
どうもコンバンハ。アクアラボスタッフ3年の佐藤Wです。

今日は一日中アクアラボのバックヤードの大掃除をしていました。

$ラボ日記

バックヤードに置かれているのは、展示されるのを待っている生物や研究に使われる生物、水換え用具や掃除用具、餌、水槽・・・etc
水族館業務に関わるありとあらゆるモノがあふれております。

普段からきれいに使うよう心がけているのですが,それでもだんだんカオスになってくるものですね.エントロピー増大の法則はここにも当てはまるようで・・・


と、いう訳でテストも終わった週末である今日、大掃除に踏み切った訳です。

今までの展示に使用していたアクセサリーや、アクアラボがあるクレセント棟が食堂だったときの名残なども出てきました。
でもそのまま捨ててしまうのはもったいないので,再利用できるものは取っておきます。

$ラボ日記

↑これは展示を控えたクラゲたちを入れるための予備水槽です。現在は空ですが,生物はいつ捕れるか未知数なので,いつ取れても対処できるように準備しているんです。
この水槽に、今回の大掃除で出て来たものを有効利用してみました。

それがこちらです↓


$ラボ日記

・・・おふざけが過ぎましたね(;^_^A


今日片付いたのはアクアラボのほんの一部です。また時間を見つけて掃除したいと思います。

もちろん日頃の整理整頓も忘れずに(・Θ・;)


佐藤w

2012/01/28(土) 18:15 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは、3年の石橋です。

今日は嬉しいニュースをお伝えします。

アクアリウムラボになんと!!
10人の新人スタッフが加わりました!!ヾ(@°▽°@)ノ


今日まで我々スタッフは何人の新人スタッフが入って来るか楽しみにしていた反面、誰も入らないかもしれないという不安を抱えていました。

そのため、我々スタッフにとって新人スタッフが10人も入った事はとても嬉しいニュースなのです。

新人スタッフが加わった事で、より効率的にアクアリウムラボの仕事ができるようになります。

また、多くの水槽展示へのアイディアを膨らますことができるので、今後の活躍に期待が高まります。


新たなメンバーが加わったアクアリウムラボの今後の展示を楽しみにしていて下さい。

石橋

2012/01/27(金) 17:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。アクアラボスタッフの佐藤Tと鈴木です。

今回は採集地(淡水域)で、水辺の生物がいそうなポイントについて話したいと思います。(・∀・)

まず始めに水田地帯での採集地のポイントについて話したいと思います。

水田地帯は多種多様な生物が集まり、あえてポイントについて話す必要はありませんが、あえてあげるとするなら、田んぼの排水路の流れが緩やかな所です。

流れが緩やかな水路は、その年に生まれたフナやナマズ、ドジョウといった魚が生息しやすい環境であるからです。(。・ω・)ノ゙

次に河川での採集地のポイントについて話したと思います。

河川は大きく分けて上流・中流・下流の3つに分かれ、規模もさまざまです。日本の川は比較的早いので無理をして河川の中に入らず、岸辺から釣り糸を垂らすのが無難です。しかし、それではつまらないという方にはとっておきのポイントがあります。それは河川の中にあり、大雨が降った時に不定期に河川とつながるため池のような大きな水たまりです。そこには上流から流されてきた生物が取り残されていることがあるので、水の流れを気にせず水中に入る事ができ、網でも容易に採集することができます。(≧▽≦)

ポイントはあくまで一例なので、必ずしも一致するとは限いません。ですので、自分でもポイントを探してみるのも楽しいと思いますよ。d(°∀°)

それでは本日はこのへんで。(^-^)/

佐藤Tと鈴木より

2012/01/26(木) 17:41 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは!アクアラボスタッフの齋藤と湯田です。






大学の定期試験も終わり、再試に備える人や帰省の予定を立てる人が徐々に増えてきました。


ちなみに、我々二人は再試の対策中です・・・




齋藤「備えあれば憂いなしっていうからね。」


湯田「まぁ私は落ちてますけど(笑)」




しかし、それとアクアラボの仕事はまた別の話です。我々スタッフは毎日のように生物の観察をし、世話を行い、水族館の維持管理に努めています。


そして、今日から春の展示に向けてのリニューアル作業を開始しました!


ちなみに今日行ったのは、クラゲの引っ越し作業と次回の企画水槽のセッティングです。


我々はクラゲの引っ越し作業をメインに行ったので、その作業風景をチラッとご紹介します!




ラボ日記


まず、アクアラボ2階で展示されていたオキクラゲ Pelagia panopyra をバックヤードへ移動させました。


そして、空になった水槽をきれいに洗い、にタコクラゲ Mastigias papua を引っ越しさせました。




ラボ日記


少し見えにくいと思いますが、二つ並んだ水槽の右側にタコクラゲの新居があります。


そして、左側の水槽には、サカサクラゲ  Cassiopea ornata の引っ越しを検討中です。




ラボ日記


〇展示デビューを待ちわびているサカサクラゲ達


暖かい海水、明るい蛍光灯の下ですくすく育っています。食欲も旺盛で元気いっぱいですので、展示水槽の中では壁や底に元気にへばりつく姿(笑)をお見せできると思います!


クラゲ達の引っ越しも終わり、夕方の仕事にとりかかろうと思いきや、今度は測定器のトラブルが・・・問題解決に奮闘しています。

ラボ日記


そして、今日はこれから新たなメンバーがアクアラボに到着する予定です!


アクアラボの毎日の仕事や課題は、決して尽きることはありません (;^ _ ^A






以上、齋藤と湯田でした。






2012/01/25(水) 17:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんばんは、スタッフ4年の山田です。





本日は、関東圏は雪のために大変な一日でしたね(汗) 





さらに、気温も一段と低く路面凍結など、外出の際は足をとられぬよう注意が必要な一日・・・





かと、思いきや!! 今週はすべて凍結に注意が必要のようですガビーン  





  ※外出の際はお気を付けて下さい!! 







ラボ日記-20120123215301.jpg


 ※写真は昨晩の降り始め








雪を見ていたら、三陸の風景を思い出しまして・・・  





この場を借りて、少し三陸のをご紹介させて頂きます!!








まず、雪は多いです!! スタッドレスタイヤは必須です。  




   ラボ日記-F1020095.jpg


     雪かきは大変ですが(汗) 





    雪遊びには事欠きません(笑)




        ラボ日記-F1020058.jpg



     さらに、家の水道が凍りつく・・・時もありますww 





いやはや・・・ 三陸は寒いこと寒いこと・・・








そんな寒い時には、友人と囲む鍋がいいですね~  鍋が!!





私的にお薦めの鍋はドンコという魚を使った[ドンコ汁]ですね~ 












 ドンコとはこんな魚・・・


 

       ラボ日記-P1000267.jpg





ドンコとは地方名のことで、和名はエゾイソアイナメ 学名Physiculus maximowiczi (Herzenstein)





少々、グロテスクですがおいしいお魚です。  スーパーなどではあまり見かけない魚でしょうか?!








しかも、この魚は、非常に弱りやすく、水槽に移し落ち着くまで油断ならない魚と言えるでしょう(汗)





  


そんな[ ドンコ ]という魚を、北里アクアリウムラボでは春の・・・





おっと!! 失礼!! これはまだ秘密でした(@^^)/~~~  








気になる方も!そうでない方も!





これからの新4年生・3年生による・・・





北里アクアリウムラボをこうご期待(していただけると幸いです)!! 











2012/01/24(火) 20:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。アクアリウムラボスタッフの佐藤Tです。

今日までテスト勉強があったせいか生物にいつも通り餌を与えてました。けれども、槽の掃除までは手が回りませんでした。(・_・;)

でもテストが終わったという事で、ようやく水槽の掃除ができました。(‐^▽^‐)

今回は写真で一部掃除をした水槽の紹介をしたいと思います。

$ラボ日記

この水槽は「らいおん」の水槽で、水温は高めの設定であるので、温度調節のために水道水の他に温めた水も入れています。

$ラボ日記

水槽の掃除と水換え両方行ったため「らいおん」を少しの間水槽から避難させていました。私達が水槽をきれいにしている一方、とうの「らいおん」はボールの中でのんびりしてました。(・∀・)

$ラボ日記

90cm水槽は新しい展示に向けて、2つあった90cm水槽の生物を1つの水槽に移しました。もう1つの水槽はどうなったのか気になる方もいると思いますが、それは今度の新展示のお楽しみという事で。( ̄∀ ̄)

$ラボ日記

サンゴ水槽の写真なのですが、あまりにもコケがすごかったので全て取るのに一苦労しました。しつこいコケもきれいに取るためにスクレーパーというプラスチックの板を使いました。

$ラボ日記
スクレーパー

テストがなければこのように一気にたくさんの水槽を掃除しないで、普段は気がついた時にちゃんと行っています。

以上佐藤Tでした。


2012/01/23(月) 18:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!北里アクアリウムラボスタッフの佐藤(晃)です(^∇^)

昨日ブログを書いたとっくんはもうテストが終わったらしいですが、僕は月曜日に最後のテストがあります(;^_^A

うぉぉぉ!試験勉強ラストスパートだぁぁ!と勢い込んだ矢先、家の電球が切れました・・・。
これでは暗くて勉強できないじゃないかφ(.. )


勉強に限らず、生活するうえで明かりは必要です。もちろん、水族館もそれは同じ!

今日は北里アクアリウムラボで使用しているライトについてお話しようと思います。

まずはこれ!
$ラボ日記
このタイプは、1ヶ所に明かりを集中させたい場合に使用します。
1階の3m水槽のカメは、この電球で日光浴ならぬ電光浴をする姿がたまに見られます。
写真後ろにいる謎の人物はスルーしてください(;^ω^A

続いてはこれ!
$ラボ日記
電灯はこうなっています。↓↓
$ラボ日記
このタイプは、水槽全体をまんべんなく明るくしたい場合に使用します。
北里アクアリウムラボで使用しているこの蛍光灯は電灯が2本ついており、片方もしくは両方つけて明るさを調節することが可能です。

そしてこちら!
$ラボ日記
このライトはメタルハライドランプといいます。太陽光に近い光を放射するので、サンゴやタコクラゲといった、光合成を行う生物の水槽に最適です。しかし、コケが早く生えてきてしまったり、電球の温度がかなり高いので注意が必要です。
また、
$ラボ日記
↑↑こちらがメタルハライドランプの電源となっており、これが壊れてしまうとライトがつきません。


水槽内の管理だけに注意するのではなく、こういった備品の管理も重要です!

1つのことだけに集中せず、たまには周りも見回してみましょうp(^-^)q


以上、佐藤(晃)でした!



2012/01/22(日) 17:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム