プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんばんは。スタッフ3年の佐藤wです。

今日は12月31日。大晦日です。今日で2011年も終わりです。

今年は日本全国の人たちにとって,そして私達北里大学海洋生命科学部にとって激動の一年となりました。

去る3月11日、東日本大震災が起こりました。この地震によって東北太平洋側の地域は甚大な被害を受け、私達の学部は岩手県大船渡市のキャンパスから離れざるを得なくなりました。

私は震災当時大船渡にいて、なんとか避難し命は助かりましたが家は浸水してしまいました。
その後学校に行き,友人達と会ったときの事は鮮明に覚えています。夜だったのですが,車の窓から見える景色がいつものそれとは全く違っていて,友人の顔を見てようやく「ここはいつもの三陸だ」と実感できました。

それから9ヶ月あまりたった今,私は神奈川県の相模原キャンパスで北里アクアリウムラボのスタッフをしているわけです。

「学生の力で水族館をつくる」というのは実に大変でした。どのような展示をすれば来館者の方々に楽しんでもらえるか,そしてその展示をどう作れば良いのか,どう維持すれば良いのか、など分からないことだらけです。
それでも,先輩方や先生、スタッフの仲間達の努力のおかげで,現在のアクアリウムラボが出来ました。
まだ改善点はあると思いますが,現在の状況まで出来た事に感動もひとしお,といった所です。

心残りがあるとすれば、アクアラボを慣れ親しんだ三陸で出来なかった事です。
地元の人たちに私達の水族館を見てもらって,多少なりとも元気になってもらえたら,と思ってしまいます。

ですが、何もない所からでも努力次第で何かをやり遂げられる,という事を私は身を以て実感しました。
三陸の人たちも「ふるさとを取り戻そう」と努力しておられます。その成果は必ず出ると、今私は確信しています。


ずいぶん長いブログになってしまいましたが,最後まで読んでいただいてありがとうございます。

2012年も何が起こるか分かりませんが,とりあえず頑張って参りましょう。


それでは皆様、良いお年を!

$ラボ日記

2011年12月31日 佐藤 亘
スポンサーサイト

2011/12/31(土) 17:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは,3年の石橋です。

本日は、クラゲ類やフジツボ類にアルテミアを与える際の「注意」について話したいと思います。

なお,アルテミアの詳しい情報と孵化方法については、万能食!に掲載しております。

孵化したアルテミアをそのまま与えてはいけません。
孵化したアルテミアと孵化していないタマゴに分けてから生物に与えております。私達は分ける際、アルテミアの光に集まる習性を利用して、アルテミアとタマゴを分けています。

分ける理由は、孵化していないタマゴが消化されず消化器官に蓄積し、生物の死亡原因となる事を防ぐ為である。

しかし、ほとんどの場合は消化器官にタマゴが蓄積される事はありませんが、

私達が与えているアルテミアは人為的に孵化させている為、多くの孵化していないタマゴがでてきてしまいます。

そのため、万が一の事を考えてタマゴの除去を行っております。

餌であるアルテミアだけでなく、スタッフ一同は常に万が一の事を考えて行動をしております。

石橋。


2011/12/30(金) 18:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。
水族館スタッフの大西と唐澤ですヾ(@°▽°@)ノ



今日は、3階のサンゴ水槽の水換えをしました。

$ラボ日記

この水換え、実は少し手間を加えます。
サンゴ水槽は、他の水槽に比べて水温が高いので、水を温める必要があります(・ω・)b

では、どうするのかといいますと、、、

$ラボ日記

①バケツに水で濃いめの海水を作ります

②お湯を足していき、塩分濃度を合わせます

より効率よくするために、ヒーターも使いました。



文字に起こしてみると、簡単になってしまいましたヾ(@°▽°@)ノ

冬場、水温が低い時期には、この作業が大切なんですよー(。・ω・)ノ゙



                          大西、唐澤


2011/12/29(木) 18:39 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。アクアリウムラボスタッフの佐藤Tです。





今年も残すところあと数日ということで、私たちラボスタッフも今日は新年に向けて部屋の大掃除を行いました。


掃除する前の光景は汚すぎて公開できません(ご勘弁下さい…)





掃除をしてみると、気付けばなくなっていた物や、どうしてこんな物を残しておいたんだろう?と思うような物など、様々な物が出てきましたね。





例えば、





ラボ日記




ほぼ使いきったセロハンテープ








ラボ日記







いつ誰が買ったのか分からない龍泉洞地サイダー(美味!!)





等々…


日頃の不精がたたったといいますか、情けないですが(;^_^A





清々しい気持ちで来年も始められるように、徹底的に綺麗にしたいと思います。


(そう、まだ戦いは始まったばかり…!)





佐藤T



















2011/12/28(水) 18:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは。アクアラボスタッフの佐藤Tと鈴木です。

今日は生物(水圏)の紹介ではなく、生物を採集に行く前に行うことについて話したいと思います。
( ̄∀ ̄)

まず第一にすることは、採集する生物を決める事です。
なぜなら、事前に情報収集をすることによって採集地を定めることができ、使う道具も分かります。

一番簡単に情報を掴むならあたりはずれもありますが、採集を行っている人のブログを見るのがオススメですよ。(・ω・)/

次にすることは道具の準備です。
初めに話したように採集する生物が決まれば、道具の準備も比較的楽になります。

ですが、基本的に採集に適した道具よりも、自分が使いやすいと思った道具を使った方がいいかもしれません。(^_^)

次にすることは、採集日と交通手段を決めることです。
採集日と交通手段を決めることで余裕を持った行動ができ、天候も事前に調べる事ができるため、日程をずらさずに採集を行うことができます。

行き当たりばったりでなんとかなると思う方もいると思いますが、効率よく採集を行いたいと思うのでしたら調べて損はないと思いますよ。(・ω・)/

しかし、以上のことを行っても失敗することはありますので、その点はご了承ください。

佐藤Tと鈴木より

2011/12/26(月) 17:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |






「クリスマス?なにそれ美味しいの?」 












 こんばんは!アクアラボスタッフの齋藤です。更新が遅くなり申し訳ありません。


休日ということもあり、今日はアクアラボを飛び出して「沼津港深海水族館」を見学しに行ってきました!




ラボ日記



 オープンして間もないこともあり、入場券売り場には長蛇の列が・・あまりの盛況ぶりに入場規制がかかっていました。やっとのことで入場券を購入、いざ館内へ。


 館内の水槽では個性的な生物が数多く展示されており、順番待ちの人がいることも思わず忘れて観察したり、写真撮影に夢中になってしまった場面もしばしば。(もちろんフラッシュ撮影は厳禁です!)


写真を掲載する許可を頂いたので、展示生物の写真をちょっとだけお見せしたいと思います。




ラボ日記


ウォーキングバットフィッシュ Ogcocephalus sp.


 カエルアンコウのように、泳ぐことが苦手な魚です。基本的にはじっとしていますが、胸鰭と腹鰭を足のように使ってのそり、と歩く姿を見られるかもしれません。






ラボ日記


 水槽と水槽の間には、たまに深海魚の液浸標本が展示されています。細部をじっくりと余すことなく観察できるのは、標本ならではの魅力と言えるでしょう。






もっと紹介すべきところがあるだろう、って?


もちろん、しっかりと見学させていただきました!






 この水族館の2階のほとんどの展示スペースは、シーラカンスのためにあると言っても過言ではありませんでした。シーラカンス捕獲のために使われた漁具や熱帯に生息する様々な生物の展示・・特に5体ものシーラカンスの標本の展示はまさに圧巻!展示場所、光の当て方も展示ケースごとに異なっているため、シーラカンスの全身を隅から隅まで、好きなだけ眺めることができました!




ラボ日記


 岩と光で、シーラカンスが生息する水中を再現した展示。


水中に差し込む光を再現した青色のライトと、標本に対して余裕を持たせた広い展示スペースは、まるでシーラカンスが生きて泳いでいるかのような幻想的な雰囲気を醸し出していました。






ラボ日記


 こちらは、一匹単独での展示。展示ケースが小さいため、顔を近づけて鱗の一枚一枚まではっきりと観察することができました。




さらに・・




ラボ日記


・胃袋




ラボ日記


・卵




これらのようなシーラカンスの臓器・器官の液浸標本も展示されていました。


このほかにも、深海魚・シーラカンスの世界にどっぷり浸かれる展示が盛りだくさんでした!興味を持たれた方は是非「沼津港深海水族館」へと足を運んでみることをお勧めします!






そういえば・・。


タイトルで”シーラカンス編”とありましたが、この出張リポートには続きがあるのです。




水族館でも飼育されている深海魚が食べられるお店が近くにあったため、せっかくなので深海魚のお寿司を試食してきました。次回の「出張レポート!”つまみ食い編”」では、深海魚の生態と共にその味もお伝えしたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。






それでは、今回はこの辺で失礼します。






齋藤
















2011/12/25(日) 20:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。
スタッフ3年の大西と多田です。



みなさんは、アクアリウムラボに サカサクラゲ Cassiopea ornata Haeckel がいることをご存知ですよね( ゜∋゜)??→「逆さくらげ?」参照

11月18日に新江ノ島水族館より寄贈されたサカサクラゲ

こんなに育ちました!

でん!!

$ラボ日記

来た当初は傘径2~3センチでかわいいサカサクラゲだったのが、育ちのいい個体は一ヶ月で傘径6~7センチに育ってしまいました。


ででん!!!

$ラボ日記


このサカサクラゲ、現在はバックヤードにて待機中です。
いつか水族館に展示する日までにもっともっと肥やしておきますね!!(^-^)/
楽しみに待っていて下さい!!



                         多田、大西

2011/12/24(土) 18:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんにちは。アクアラボスタッフの佐藤Tと鈴木です。


今日も先日に続き寒い日が続いていますね。そこで今回は寒さを忘れるために南方系の魚であるカゴカキダイMicrocanthus strigatusについて紹介したいと思います。









カゴカキダイは本館の『めで鯛・あやかり鯛』水槽でも展示していますが、展示した頃と比べて二回り以上も大きくなっているので、魚の成長というのは早いものですね。 


(*^▽^*)





ラボ日記







雑談はこのくらいにして、本題に入りましょうか。(。・ω・)ノ゙





  


カゴカキダイは今ではカゴカキダイ科と属されていますが、かつては熱帯の海水魚の代名詞であるチョウチョウオ科に属していました。








カゴカキダイとチョウチョウオの稚魚はどちらも浮遊期になると、黒潮に乗って本州の沿岸にも出現します。








両者の違いが顕著に表れるのが浮遊期です。








チョウチョウオ科の魚類は頭部が骨盤に覆われ、兜を被ったような姿になるトリクチス幼生期と呼ばれる時期を経て成長していきます。


これに対し、カゴカキダイはトリクチス幼生期を経ないで成長していくことが近年の研究によって判明しました。その為、独立したカゴカキダイ科になりました。










他にもハイブリット(雑種)が独立した種として掲載している例もあります。同じ出版社の図鑑でも刷られた年代によって内容が大分変化していることがあるので、探してみるのも面白いかもしれません。( ̄▽ ̄)





以上、佐藤Tと鈴木でした。


















2011/12/23(金) 16:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |

 こんにちは!アクアラボスタッフの齋藤です。





最近はますます寒さも厳しくなり、通学がますます辛くなってきた今日この頃です。こんな寒さをものともしない深海生物が最近うらやましく見えてきました(笑)








 


 

さてさて。





今回は、新しくアクアラボに仲間入りした「流氷の天使」クリオネClione limacinaについて、また違ったお話をしたいと思います。








 


 








 







ラボ日記





 




 


 

クリオネ「また私ですか?食事シーンとか名前の由来については既に書いていただいてますけど…。」





齋藤(以下 さ)「だから、今回は――・・」





さ「家庭で簡単にクリオネ飼育を楽しむための方法について特集します!」





クリオネ「ちょwwwwww」








 


 








 

☆簡単!?クリオネ飼育を始めましょう☆










 生活環境を整えてあげましょう。





クリオネの生息に適した温度は0~5℃と言われています。そのため、海水は十分に冷やしたものを用意してあげましょう。もちろん、飼育している間はその温度範囲を保たなければいけないので、水槽用クーラー等で常に海水を冷やしてあげることが大事です。飼育容器を冷蔵庫に入れて冷やしても大丈夫なようですよ。





 また最近は、自宅で簡単にクリオネを飼育できるキット(クーラー一体型)が市販、レンタルされているようなので、そちらを利用するほうが手軽かもしれませんね。













ラボ日記













クリオネ「やっぱり、水温は一ケタに限りますよねー。」





さ「ガクガク・・ブルブル・・・ドサッ・・(寒)」








 


 

 ごはんをあげましょう。





クリオネは、ミジンウキマイマイという巻貝のみを餌にしていると言われています。そうと決まればさっそくミジンウキマイマイを探しに・・・・行きたいところなのですが、餌であるこの貝の入手はかなり難しく、ペットショップはおろかクリオネを飼育している水族館にさえない場合もあります。クリオネ自体は餌を食べなくても半年~1年間は生きられるようなので、まずは適切な環境づくりに努めることがベストだと考えられます。








 


 

 で、肝心のクリオネ入手は?





北海道沿岸に流氷がやってくる頃が国内でのシーズンで、流氷の下およびその近辺を泳いでいるようです。水の流れによっては道内の港にも入ってくるそうですよ。





また、最初に紹介したクリオネ飼育キットには、クリオネの生体が付属してくるようなのでそれで入手しても良いでしょう。





そして、なんと北国のスーパーマーケットではごく稀にクリオネが販売されているようです。以前齋藤がバイトをしていた岩手県のとあるスーパーの鮮魚コーナーに一度だけクリオネが入荷した時がありました。氷が詰まった小さめの発泡スチロール容器にクリオネが入ったプラスチック容器が二本。








 


 








 

「観賞用 クリオネ ¥2,980」(値段はうろ覚えです)








 


 








 

こんなことってあるんですねー・・・。








 


 

 今月の16日に、北海道では今冬初めてクリオネが捕獲されたそうです。いよいよ今年もクリオネシーズンの到来です!





 興味と経済力のある方は、飼育にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?








 


 

それでは、今回はこの辺で失礼します。








 


 

齋藤



2011/12/22(木) 16:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは、3年の石橋です。

謝罪と訂正のお知らせで書きました。2011年12月15日「引っ越し先は•••??」のブログ内容に誤りがありました。

調査の結果、巻貝に付着していた生物がサカナウミヒドラPodocoryna minoiでない事が分かりました。

今現在、この付着生物がなんなのか調べております。

皆様に大変なご迷惑をおかけました。

誠に申し訳ありませんでした。

石橋

2011/12/21(水) 18:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム