プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
 こんばんは。部屋の掃除が面倒くさくてしょうがない齋藤です。
学祭がどんどん近づいてくるにつれて、スタッフの活動もますます本格化してきました。学祭当日、皆様に良い展示を見ていただけるよう力を合わせて頑張っています!

 今回は生物の話から脱線してしまうのですが、本日は海水の貯蔵タンクの大掃除をしました。水族館全体の生き物に使用する海水が入るタンクですので、大きさもなかなかのものです。

☆貯蔵タンクの大掃除☆
1.電動のポンプを使って古い海水を抜き取ります。

2.水を抜いたらタンクを横倒しにします。

3.私がデッキブラシを持ちます。

4.そのまま上半身を突っ込みます(笑)
$ラボ日記
「こ、腰が痛い・・・・」

5.そしてひたすら内部のコケをこすります。
(タンク内の写真です)
$ラボ日記
ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・・・・

6.内部をすすいで水を捨て、清掃完了です!

そして、きれいになったタンクに新しい海水が充填されました。
ピカピカのタンクに新鮮な海水。これで魚の水換えも十分にできますし、私も身体を動かしてリフレッシュできました(・ω<)

それでは、今回はこの辺で失礼します。

齋藤
スポンサーサイト

2011/10/31(月) 19:46 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。

水族館スタッフ3年の佐藤Tです。

今日は水族館が休館ということで、名残惜しいですが次の企画展に向けた展示替えのため、ついに3m水槽の解体を行いました。

水の量やレイアウトに使った砂や石、木材などがたくさん入っていたため、全て解体するのはなかなか苦労しました。(;´▽`A``

$ラボ日記


ですが、皆さんに喜んでいただけるよう、私たちは一切の苦労も惜しみません。(≧▽≦)

また、皆さんの中には、今まで3m水槽で展示していたお魚さんたちをどうするのか気になっている方もいらっしゃると思いますが、スタッフがおいしく戴くことにしました!感想等は後日ブログにて報告しますね(^∇^)

必ず皆さんに満足していただける企画展にしてみせますので、文化祭当日には是非とも当水族館にお越しください。( ̄▽ ̄)

佐藤T

2011/10/30(日) 17:14 | コメント:0 | トラックバック:0 |
皆さんこんばんは。水族館スタッフの湯田です!
文化祭まできっかり1週間となりました。
各水槽、着々と準備しており、スタッフ一同頑張っております!

さて、告知は毎日のようにやっているんで今日は少しお勉強話を・・・
お勉強内容は、タイトル通り共生と寄生の話です。

共生と聞くとクマノミとイソギンチャクみたいなのが想像でき、寄生と聞くと悪いイメージな寄生虫なんかが想像できるかと思います。
しかし!実は寄生は共生の1つなのです!
・・・分かりにくいですよね(苦笑
共生とは
相利共生(そうり)、片利共生(へんり)、片害共生(へんがい)、寄生の4つに分けられます。
つまり、クマノミとイソギンチャクの関係もヒトとシラミの関係も大きくみれば同じ共生の1つなのです。
1つ1つ軽く説明しましょう
相利共生とは、お互いが利を得る共生のことです。さっきから再三書いているクマノミとイソギンチャクの関係がそうです。
片利共生は、片側だけが利を得ること。例を挙げればジンベイザメとコバンザメの関係です。
片害共生は、片側が損をすること。カッコウとオオヨシキリの関係なんかです。
そして寄生、片側が利を受け、もう片側は損をすることです。ハリガネムシとカマキリの関係等です。
寄生にもいろいろな種類がありますが、これを説明すると長引くので今回は省略で。

ちなみにアクアリウムラボにも共生関係の生き物がいます。
そう、オープンから未だ健在なヤセオコゼとウミヒドラです。
まだ残念なことにどの共生関係なのか分からないみたいですが。
ついでに標本には以前疑問に出たサナダムシ(9/3参照)もいます。
栄養を奪って宿主を痩せさせるサナダムシは、本来なら寄生です。ただ、サナダムシダイエットしている方には相利共生になるのかもしれませね(汗

湯田

2011/10/29(土) 17:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは。

北里アクアリムラボスタッフ3年の唐澤と櫛引です。

今日はこの場をお借りして宣伝をさせていただきます。




2011年11月20日(日)にて、三宅裕志講師が出演する「クラゲの不思議な世界」の開催を予定しています。

場所;東京カルチャーカルチャー。
時間;Open 12:00
Start 12:30
End 15:00
料金;前売り券 1500円
   当日券  2000円

詳細はこちらをご覧ください。


話は変わりまして、学祭に向けてバックヤードにぞくぞくと生物たちが入ってきています!
あんな生物や、こんな魚。そしてあの○○○○○○も!!

ぜひ、学祭に遊びに来て下さい。
お待ちしておりますヾ(@°▽°@)ノ

                               唐澤&櫛引







2011/10/28(金) 10:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!!
3年スタッフの戸倉と佐藤(芳)です(*^o^)乂(^-^*)
よろしくお願いします!!


ただ今11月5、6日の文化祭に向けて館内の飾り付けを行っています。

壁に魚のシルエットを貼ったりなどしてより良い水族館にするために頑張っています。



また、案内パネルも作製しており、館内の地図に生物の写真を貼付けてかわいらしく見せるなど
いろいろと工夫しています。(≧▽≦)



文化祭当日には是非!!
生物だけでなくそういった部分も見ていってくださいm(_ _ )m



以上戸倉と佐藤(芳)でした!!


2011/10/27(木) 17:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!
水圏生態学研究室・4年の荒井と北村です!

実は水族館の……アンドンクラゲCarybdea brevipedaliaが増えました(≧▽≦)

しかも、前から水族館にいたアンドンクラゲに
比べるとサイズが大きいです!!

アンドンクラゲは毒を持っています。。

小さいサイズですら刺された部分が腫れてしまい、痛いので
刺されないように注意しなければなりません。

そんな危険なクラゲですが、水槽の中で
泳ぐ姿はとても可愛いです!

当水族館で現在展示していますので、ぜひ、ご来館下さい(*⌒∇⌒*)


以上!!
荒井と北村でした!!





2011/10/26(水) 18:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |

こんばんは。

スタッフの山内と大石です。





先ほどツイッターでもお知らせしましたが、今日はテレビ神奈川が取材にきました。



生物の映像や、スタッフのインタビューなどを撮影していました。









ラボ日記




11月2日の9時半から放送されます♪



放送では、どんな風に水族館が紹介されるのか楽しみです(・∀・)



ぜひご覧になって下さいね。







山内 大石





2011/10/25(火) 20:23 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは!!
スタッフの寺沢です(^_^)

昨日、お台場で行われた『中村元の超水族館ナイト』に行っていきました。


第10回をむかえ、今回のテーマは『深海!!』
私たちアクアリウムラボのご指導をしてくださっている三宅裕志先生がゲストとして出演しました。


中村さんの軽快なトークと三宅先生の深海についての貴重なお話を聞け、面白くもあり為になるものばかりでした。


今回のお話を聞いて、水族館をより良くする為に奮闘していきたいと思いました!!


                                   寺沢

2011/10/24(月) 18:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは!水族館スタッフの山内です^^

今日は気温がずいぶん上がりましたね!暑いくらいでした。

皆さんはいかがお過ごしになりましたか?



さて、今日は水族館の入り口にいおいてある発泡スチロール稲の近況をお伝えします。





ラボ日記




しっかりと実った稲穂。嬉しいですね^^

早速収穫したいと思います!







ラボ日記




カマは無かったのでハサミで代用^^;

この位の量ならハサミでも大丈夫ですね!







ラボ日記




きれいに刈り取ることが出来ました。







ラボ日記




今回はこのまま脱穀。手でしごくだけに簡単に取れます。







ラボ日記




今回収穫できたお米はほんの一握り。



食べるためには、上の写真の「籾」の状態から籾殻を外す「籾摺り」の過程を経て、玄米にする必要があります。

しかし、今回収穫したお米は、来年の秋にお米を収穫できるよう、この状態で冷蔵保存することにしました。

来年再来年と続けて、みんなで食べられる量のお米が取れるようになったら「アクアリウムラボ米」の試食会などしてみたいですね^^

それでは。





                                    山内

2011/10/23(日) 21:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんばんは、3年の石橋です。

北里祭に向け、着々と企画展示の準備が進んでいます。

そんな中。

朝の水質検査を終えて川魚たちにエサを与えた際、

ドサクサに紛れてオヤニラミがカワムツを丸呑みにしていました。

$ラボ日記
↑お魚をくわえたドラ猫ならぬ、カワムツをくわえたオヤニラミ•••。

粉末の餌を間違えたのではなく、本当に食べていました。

そして、カワムツをくわえたまま岩の奥へと姿を隠しました。

この行動は、野生本来の姿でありますが、

自分も含めスタッフ一同は驚愕しました。

粉末の餌だけでは足りなかったのでしょうか?

それとも「食欲の秋」だからかでしょうか?(笑)

石橋

2011/10/22(土) 16:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム