プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック

こんにちは、9期の白石です
最近暖かくなってきてうれしいですね

さて、この青い光がまぶしい水槽、通称"ニモ水槽"と呼ばれています

2018_4_23 21_44 Office Lens

その名の通り某ディズニー映画で見たことのあるような生き物たちが暮らしています


img_20180421150908.jpg

この魚はヨスジリュウキュウスズメダイ Dascyllus melanurus
尾びれの模様がハートみたいでかわいいですね
このハートを含めた4本の黒いラインが特徴です
よく似た種類のミスジリュウキュウスズメダイ Dascyllus aruanus の尾びれには模様がないのでそこで見分けることができます

ちなみに某ディズニー映画には水槽に映った自分の姿を双子の妹だと思い込んでいるリュウキュウスズメダイのメスが登場します
彼女の尾びれには模様があるのでヨスジですね!


環境の変化に強くとても飼いやすい魚なのですが、性格がキツめで他の魚を攻撃することがあります
ヨスジリュウキュウスズメダイに限らずスズメダイの仲間はキツい性格のものが多いようです…
しかし、自分と違うタイプの魚はあまり攻撃しないので違う種類どうしのニモ水槽では穏やかに過ごしてくれていると思います

img_20180424104319.jpg


とてもかわいい魚なので、ラボに遊びに来た際にはぜひ見てみてください!

ネズミに消されないか心配な白石がお送りしました
スポンサーサイト

2018/04/24(火) 17:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
はじめまして!9期生の野嵜です。

今回はバックヤードにいる生体について紹介します。
_20180131_142847_20180202002939722.png

キュウセン Parajulis poecilopterus です!

キュウセンは夜になると砂に潜って眠るという習性があります。……でも、ラボのキュウセンは昼間でもあまり砂から出てこないです…。引きこもりです。休日布団にこもって過ごす僕と同じです。
18-01-31-14-48-45-558.png

普段の水槽はこんな感じです。言われなければなにがいるかわからないです。敵に襲われた時は、こうして隠れて身を守ります。体を横にして潜るのでこの砂の厚さでも隠れることができます。

また、キュウセンという名前はメスの体に1本の黒い縦縞と8本の赤い点線状の縦縞があることに由来しています。(ちなみに縦縞は頭から尾の方向です!)
ん?メスの?
そうなんです、実はメスとオスで見た目が異なります。メスはアカベラと呼ばれ赤い色をしているのに対して、オスはアオベラと呼ばれ青緑色をしており、オスにはメスにある黒い縦縞がなく斑点があります。
参考までに簡単な絵を書いてみました。絵は得意ではないので、あまり期待なさらぬように!
DSC_00112.png

ということはラボのキュウセンはメスということになりますね。
ですが、この違いがわかりにくい場合があります。
その理由は、性転換するからです!
キュウセンはメスとして生まれ、体の大きなメスがオスに性転換します。そのときに見た目にも変化が表れます。性転換は数カ月かけて行われるので、絵で描いたようなものとは違った見た目のキュウセンを見ることができるかもしれません。

バックヤードにも色々な生体がいます。その子達のことも知ってほしい!と思い、今回はキュウセンを紹介しました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

2018/02/02(金) 13:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
はじめまして。9期生の冨田です。

釣り好きなのでとにかく魚を紹介したい!ということで今回紹介するお魚は…

トミタ専用鮎

アユ Plecoglossus altivelis です!!!!友釣りで有名ですね!!!

釣り人の間ではその魚体の美しさから「清流の女王」とも呼ばれます、お美しい……。。

友釣りとは、囮のアユAを泳がせ、縄張りに侵入したアユAに攻撃したアユBを引っかける、という釣り方です。なかなか難しい釣法ですが非常に楽しいです!!

アユは一般的に塩焼きで食べられますね!大変美味です!ワタが苦手という方もいますが(笑)アユはキュウリウオ科に分類される魚です。川魚独特の臭みを持っておらず、寧ろいい香りがします。この香りがスイカやキュウリの香りに似ているのでアユはカブトムシや風鈴とともに「夏の風物詩」でもあります。

近年、環境悪化、特にダム建設が原因で天然のアユが激減しており、養殖のアユが多く流通しています。特に30cmを超える「尺アユ」は築地でもなかなか目にかかれなくなってしまいました。日本の大切な魚食文化を守るためにも、何をするべきなのか。よく考えなければならないですね。アユがいなくなってしまったら文化が一つ失われてしまうわけですから、、、

今後はどのようにして魚を守っていけばよいのか、そして様々な魚食文化を紹介する展示をこのアクアリウムラボでも出来たらな、とひそかに企んでいます!お楽しみに!

それでは今回はこの辺で失礼させていただきます!

2018/01/26(金) 11:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
アクアリウム・ラボ8期のこよしこです!
至極どうでもいいことなんですけれど,わたしの家では柴犬を飼っておりまして!
最近,雨が続いていますので,散歩に連れて行くのが一苦労なのです・・・.
犬小屋に籠城を続ける日々・・・,その姿が可愛いんですけどね!笑

散歩のことを考えると,室内で飼育できる猫はいいですねぇ.
むむむ・・・?ねこ?猫!!!
猫といえばですよ!アクアリウム・ラボにも猫がやってきました!!
ご覧ください.こちらです.

ねこざめ

こ,これは・・・?!まさかの猫ちがい!!

こりゃあ,ネコザメ Heterodontus japonicus だぁ!

え?ぜんぜん猫らしくないですって?いやいや,そんなことはないですよ.

ねこざめ2

おやおや?こちらに近づいてきました.頭を見てみてください.斜めからなので少し分かりにくいかもしれませんが,頭の形(眼上隆起)が猫の頭に見えませんか?これがネコザメの名前の由来なのです.
(見えねぇ・・・と思ったそこのあなた.猫にだんだん見えてきますから,まずは心で感じてください)

英名ではJapanese bullhead sharkと呼ばれ,これはネコではなく牛の角に似ているとするからです.
ちなみに,Cat shark はトラザメを指す英名ですから,ネコザメと勘違いしないでくださいね!

写真でもわかると思いますが,ネコザメをよく見ると皮膚が見るからにザラザラしています!それほど,楯鱗(サメがもつ鱗のこと)が大きいのです.頑丈そうな体です!

ネコザメといえば,水族館のタッチプールでよく見かけますよね.
わたしも,ちびっこに混ざってサメと戯れた思い出があります・・・(*´_ゝ`)
あのときは確か,ドチザメとネコザメがいたのですが,ネコザメのほうが圧倒的にゴツゴツのザラザラでした.ネコザメを触ってからドチザメに触ると,スベスベ〜(*゚ェ゚*)!という感覚をより一層感じました.

しかし!!
ネコザメ,じつはちょこっと危険なのです,ご存知でしたか?
下の写真を見てください.

きょく

こちらはネコザメの第一背鰭です.前方に棘がありますね!!第二背鰭にも同じものがあるのですが,これらは外敵から身を守るために存在しています.タッチプールのネコザメは,この棘をあらかじめ切り取ってしまうため,安全に触れるのです.

なるほどね,棘がなければ触ってもいいとな!よーしよしよし・・・(ネコザメナデナデ〜),
とやりたいところですが!まだあります!
ネコザメの危険ポイント!

それは,です.
ネコザメはサザエワリという別名を持ちます.それは,両側面にある臼のような歯と尖った前歯を使って,サザエなどの貝類を食べるからです.バリバリと・・・,あ!貝殻自体は食べないみたいですが.中身だけをきれいに食べるのです.
ですから,うっかり口に手を近づけて,バクッとされたらひとたまりもない!はずです.

もし,海で泳いでいるときにネコザメに遭遇したとしても,きゃわわ〜♡(かわいい〜♡)なんて安易に触れてはいけません!棘でブスッと!歯でバリッと!されてしまいますからね!

( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!


あたたかい眼差しを送る.そっと見守るという心.大事にしてください.



・・・ネコザメはまだまだおもしろいところがあるんですが,今回はこの辺にしておきましょう!
読んでくださり,ありがとうございました(^ω^ ≡ ^ω^)










2017/08/21(月) 05:07 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!七期の中根です!
気温もだいぶ暖かくなってきましたね。このポカポカな陽気で眠たくなってくる!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、今回は春の眠たさにちなんで、寝ているお魚さんがテーマです!


一匹目はシリキルリスズメダイChrysiptera parasema!!
綺麗な青色の発色が特徴です!

P5091323.jpg




二匹目はギンガメアジCaranx sexfasciatus!!
体色からメッキと呼ばれたりもします!

P5091316.jpg




三匹目はメジナGirella punctata
アクアリウムラボではいつも展示に出ている魚で、見るとホッとする可愛い魚です(笑)

P5091318.jpg





さて、このお魚さんたちの何が凄いのかと言いますと・・・・・・!!
ジャジャン!!
なんと夜の寝ている間は体色が著しく変化するんです!!!


P5031289.jpg

シリキルリスズメダイは夜になると青色の発色具合が著しく低下して、半透明に薄っすら青色が乗ったような色合いになります!




P5031296.jpg

ギンガメアジは夜になると体表の横縞が非常に薄くなります!




P5031298.jpg

メジナは夜になると、あら不思議!何故か迷彩柄に大変身!
さらに!昼間のグレーではなく、どちらかというと茶色のような体色になります!!




魚の体色変化って不思議ですね!(^^)

皆さんもご自宅で飼っている生き物が、夜と昼で何か変化がないか観察してみてください!
きっと飼育がもっともっと楽しくなるのではないかなと思います!(笑)

では今回はこの辺りで、、さようなら!




2017/05/10(水) 20:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム