プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
こんにちは(^-^)/ 8期生の伊藤です!
梅雨もあけて、海に行くには最適な季節になりましたね!

私は先週、ある公園に行ってきました!
その公園は海が近くにあり、岩場があったので少し覗いてみました(°_°)

そこには・・・・
IMG_3304[1]
カニ(種類は不明)です!

IMG_3265[1]
この写真では1個体しか見られないのですが、
おそらく、シロスジフジツボ Balanus albicostatusだと思われます!

どのような種類であるかは詳しくはわからなかったので、
海に行く際には図鑑を持っていくといいかもしれませんね(/∀\*)

他にも写真に収めることはできなかったのですが、ナベカ Omobranchus elegans
おそらくボラ Mugil cephalusの稚魚、エビ(種類は不明)などがいました。

海に訪れた際にはぜひとも図鑑を持って、いろんな生物を探して見て下さい!

それでは(^-^)/
スポンサーサイト

2017/07/20(木) 18:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは、ラボ8期の加畑です!
私事ですが、先日から自宅でハコフグOstractin immaculatusを飼い始めました!個人での飼育は初めての体験なので、わからないことだらけです…💦
飼育をする上で疑問に思うことはたくさんあると思いますが、特にその生体に何を食べさせればいいかが難しいですよね
というわけで今回はラボの生体にどのような餌を与えているかご紹介したいと思います!

ラボで与えているエサは、大きく分けて人工飼料とプランクトンなどの生の餌になります
今回は人工飼料にスポットを当てたいと思います
主な人工飼料は以下の4種類です!

burogu.png

順に粒が大きくなり、左からC2,EP2,EP4,クリルです
容器の前に中身を出してあるので、その大きさの違いがわかるかと思います!

これらは生体の大きさ食性によって与えるものを変えています
水槽底に餌が落ちると食べられない生体や、甲殻類やシルバーアロワナOsteglossum bicirrhosumなど、直接棒で餌を与えないといけない生体もいるので、生体に合ったやり方で給餌します
食べるからといって餌を与えすぎると水槽の汚れに繋がるので、ここのさじ加減が難しいところです…!

餌を食べる量はその日の体調にもよるので、生体の様子を見るためにも給餌は重要な役割を担っています
皆さんもラボに来たときや生き物を飼うとき参考にしてみてください!
それではこのあたりで
読んでいただきありがとうございました!

2017/05/27(土) 23:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!7期の土 佳孝です!!
今回はラボで飼育しているお魚たちにあげているエサについて紹介しようと思います。
ただ紹介するだけではつまらないので、実際に私が食べてその感想を述べていこうと思います(笑)
IMG_0470.jpg

こちらが現在、ラボで使われている全ての乾燥エサです。
左側から順に解説していきます。


①フレーク
IMG_0473.jpg
このエサは主にネオンテトラParacheirodon innesiなどの熱帯魚にあげています。
お味の方は基本的に無味ですが、香ばしい風味がお口いっぱいに広がります。

②クリル
IMG_0472.jpg
このエサはミノカサゴPterois lunulata やシルバーアロワナOsteoglossum bicirrhosum にあげています。
お味の方は外はサクサク、中もサクサクで香ばしく、程よい塩味がついていて美味でした。しかし食べた後に殻の破片が口に残るのが残念…


③EP4
IMG_0474.jpg
このエサはドチザメTriakis scylliumやギンガメアジ Caranx sexfasciatus などの大型魚にあげています。
お味の方は基本的には味が無く、風味は香ばしい。例えると香ばしい風味のする、ダシを絞り切った後の煮干しといった感じです…


④EP2
IMG_0476.jpg
このエサはハオコゼHypodytes rubripinnis やキュウセンHalichoeres poecilopterusなどの中型魚にあげています。
お味の方はEP4と全く同じでした(笑)

⑤C2
IMG_0477.jpg

このエサは口の小さな魚や、幼魚などにあげています。
お味の方はEP4、EP2と全く同じでした(笑)

⑥コリタブ
IMG_0478.jpg

このエサは文字通り、コリドラスCorydoras aeneus にあげています。
お味の方は基本的に無味でしたが、非常に硬く、咬む砕くとジャリジャリとした食感が広がります。



いかがだったでしょうか?結局のところ、どのエサも美味しいとは言い難いですが、食いつきが良いことなどからお魚にとっては美味しいのでしょう。やはり魚を飼う上で、与えているエサの味ぐらいは知っておきたいところですよね(白目)

今回は乾燥エサだったので、次回は生エサに挑戦してみようと思います!!
それではこの辺で(^^)/~~~

2017/03/26(日) 14:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!自称内装担当の七期中根です(^^)
今回から数回、アクアリウムで便利な道具のつくり方をご紹介していこうと思います!
数回と言っても私がブログ担当の時のみなので、とびとびになってしまいますが...ぜひ参考にしていただけると幸いです!

さて!今回はこれのつくり方をご紹介します!!
P2090179.jpg

エアー分散器です!

ネット通販などで見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
自作をすることで、コストを軽減したり、自分の求める自由なサイズ規格を再現することができます!
エア分散器は、一つのエアポンプをタコ足にすることができます。
例えばパワーの強いエアポンプで三つ分の水槽をまかなう場合や、エアーを使用するオブジェクトを複数個水槽内に設置する場合に非常に役に立ち、その使い方は自由自在です!


ではでは、前置きはこのあたりにしておきまして、早速つくり方に入っていこうと思います!
今回はとっても詳しく記載していこうと思います。また、ここに記載するつくり方は当ブログ記載者が最も作りやすいと思っている方法です。是非皆さん、より作りやすい方法を見つけてみてください!

まず、用意するものは以下のものです。
P2090158.jpg
P2090171.jpg
P2090166.jpg
塩化ビニルパイプ、エアーコック、塩ビパイプ用接着、ペンチ、カッター、ネームペン、ガムテープ(養生テープ)、電気ドリル、電気ドリルの刃、です。


①塩ビパイプにキャップをしっかりと差し込みます。
 この時はまだ接着剤を使用せず、きっちりと力強く差し込んでください。


②塩ビパイプキャップの上部中心に点をうち、その点を通るようにガムテープを貼ります。
P2090160.jpg

 その次、、、ここが少々難しいのですが、下の写真の様にキャップ側から塩ビパイプを見下ろし、ガムテープがまっすぐ貼れていることを確認します。これを上下(裏表?)行ってください。
P2090161.jpg
 このガムテープに沿って穴の位置を打つので、真っ直ぐになるようにしてくださいね(^^)


③エアコックをつけるための穴をあける位置を決めます。写真の様に、定規の端を塩ビパイプキャップ下部に合わせ、そこからの距離でガムテープに点を打ちます。
 直接塩ビパイプに点を打たず修正ができるよう、先にガムテープに点を打ちましょう。
P2090162.jpg

 この時の穴ごとの距離は25mmが最適と思われます。写真の様にコックのつまみ同士がぶつからない距離です。
 ガムテープ上でしっかりと穴の位置が定まったら、塩ビパイプにも点を打ちガムテープをはがしてください。
P2090163.jpg


④穴あけです。ここが最も難しく、注意が必要な作業になります。
 穴は5mmのものを開けます。ただし、一度で5mmの穴はあけません。大きな穴を細い塩ビパイプに開けようとすると、電気ドリルの刃が食い込みを起こし、力強く潜っていこうとします。よって、塩ビパイプの反対側まで貫通してしまったり、予期せぬ事故が発生する恐れがあるため、今回は穴あけを3段階に分けて、より安全性を図ろうと思います。
 下の塩ビパイプに3つ穴が開いているのが穴のサイズ例で、小さい穴から2.5mm、4.2mm、5mm、となっています。
P2090167.jpg

 3つのサイズのドリルのうち小さいほうから順に、先ほどの塩ビパイプに穴をあけていきます。
 ここでの注意点は、穴を塩ビパイプに対して垂直にあけること、3段階にしたとはいえ多少ドリルが入り込んでいくため、ドリルを引き抜いてあげること、の2つです。
 このドリルを引き抜く過程に多少のコツが必要で、ドリルを回すトリガーは緩めず(ドリルを回した状態で)、優しくかつ素早く入り込むドリルを引き抜くようにしてください。

⑤穴あけが終了したら、穴の周りにできるバリをカッターで取ってあげます。
P2090170.jpg


⑥バリ取りがすんだら、エアコックを取り付けます。
 エアコックのねじ切り部を、穴に強く押し当てながら3回転ほど手で回してください。はまり込んだ事を確認したらペンチで最後までねじ込んでいきます。
 この時下の写真右は、最後まではまり込んでいないためもう一周回してあげましょう。しっかりはまると左の様になります。
 注意点は、回しすぎないことです。回しすぎるとせっかくのねじ山を潰してしまい、エアー漏れの原因となります。
P2090175.jpg


⑦最後に塩ビパイプ用接着剤でキャップをつけたら完成です!
 接着剤は必ずキャップとパイプの両方に塗ってくださいね!
P2090180.jpg


長い文に付き合っていただきありがとうございました!
作業をおこなう際には安全に十分注意してくださいね!(^^)
以上が作り方になります。何か疑問な点やご意見がありましたら、こちらのブログに返信をしていただけたら嬉しいです!

では今日はこのあたりで...!
さようなら!!(^^)





2017/02/10(金) 21:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
続きを読む »

2017/01/07(土) 13:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム