FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト




2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
みなさまこんにちは。
アクアリウムラボ9期生リーダーの末野です。

ラボ日記特別編その4です!
その1〜その3はこちら→
ラボ日記特別編その1
ラボ日記特別編その2
ラボ日記特別編その3

頭のネジ5億本外れるくらい忙しかったので更新めちゃくちゃ遅くなりました。すみません。

さて、その2をお読みの方はご存知かと思いますが、せっかくプランクトンネットをやったというのに私船酔いしてゲロゲロリンマンをかましていたので、参加できなかったのです。

おいおい本当にこのリーダー大丈夫なのか?無能野郎なんじゃないのか?って少し脳裏を過ぎった方もいらっしゃると思いますが、大丈夫です!ようやく船に慣れました!

今回はしっかりとプランクトンネットの様子をお伝えいたします!

やっと船に慣れた私はその後、ついに最初で最後のプランクトンネットに参加!

ここでスゴい出会いが待ち構えていました!

hadakaiwasi1_convert_20191217151453.jpg


まずハダカイワシ(学名)!
写真を見ると下顎から尾鰭の手前まで発光器があります。

hadakaiwasi2_convert_20191217151536.jpg


ハダカイワシはトワイライトゾーンという、青色の光がほんの少しだけ届く深海に生息しています。そのため下から見上げると、影が丸見え!これでは天敵に何処にいるかバレてしまいます。しかしハダカイワシはお腹に発光器を持つことで、その影を隠すことが出来るのです。これをカウンターイルミネーションといいます。
標本は見たことありましたが、生きているのは初めて見ました……!


そしてこちら!
コウモリダコ(学名)!

aaaaaa.jpg


コウモリダコはタコでもイカでもなく、それらが分化する前に誕生した生物の形を継承している生物と言われています。わかりやすくいえばイカ・タコという存在が生まれる前に誕生した生物、イカ・タコのご先祖さまです。
他の生物を襲って捕食することはなく、マリンスノーという深海へ降り注ぐプランクトンの死骸などを食べているそうです。しかし未だに謎が多く、これらの情報も確実に正しいとは言いきれません。そんな謎多き希少生物に巡り会うことが出来ました……!

途中ゲロゲロに酔いながらも、最後は貴重な深海生物たちと出会い、大満足のまま帰還。

5日間の乗船実習、内容があまりにも濃かったのか割と長く感じました。

珍しい生き物にたくさん巡り会え、ラボへ搬入するための生物採集も行うことができ、大満足の船旅でした。
捕獲した生き物達はえのすいトリーターさんたちの協力もあり、無事に相模原のアクアリウムラボへ搬入することが出来ました。

そして今回調査した伊勢・熊野灘を再現した展示もラボに新設いたしました!綺麗でみやすい展示に仕上がったと思いますので、是非ともラボへ見に来てみてください……(´ω`)

これにてラボ日記特別編「伊勢湾~熊野灘調査」は終了となります!いかがだったでしょうか?

今回は特別に船に乗せていただいたのですが、北里海洋では3年生次に伊勢湾を含む、複数の洋上での実習を行っております。北里の大きな特色となので、気になってる方は調べてみてくださいね。

また生物採集、保護サポートしてくださった新江ノ島水族館のトリーター様、共に採集を行った三宅先生、広瀬先生と学生の方々、そして日頃の生活のサポートと安全な航海をしてくださった三重大学大学院生物資源学研究科附属練習船「勢水丸」の方々へ深く感謝申しあげます。ありがとうございました。

zakoninngenn_convert_20191217151615.jpg

2019/12/17(火) 15:35 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!9期生の岩垣です。
9期生ラストのブログです!
先週に引き続き、北里祭で行われた『日本縦断展』についてご紹介します!

今週は「関西·四国班」と「九州 奄美·沖縄班」!

まずは「関西·四国班」!
四国1

青空の下の瀬戸大橋が印象的海の幸が豊富な瀬戸内海に着目した展示を行いました。
あれ…パネルの後ろになにか……?


四国2

まずはこちら!
大小のメジナ Girella punctata、イシダイ Oplegnathus fasciatus、キュウセン Parajulis poecilepterusが展示されていました。潮流の速い瀬戸内海に住む逞しい魚たちです。
どの魚も地元では美味しく食べられるとのこと!煮付けにすると美味との噂が…!…ジュルリ

四国3

続きましてイカナゴ Ammodytes japonicus
こちらの展示は水族生理研究室の阿見彌先生にご協力いただきました!
瀬戸内ではくぎ煮として親しまれています!
砂に潜って寝ていることが多かったのですが…
四国4

↑砂の中から顔を覗かせてくれました!


四国5

次はガザミPortunus trituberculatus !青い体が美しいワタリガニです!
元気いっぱいな姿を見せてくれました。
実はガザミも美味なことで有名です。味噌汁などにして食べると絶品らしいです!

四国6

そしてヤマタカタコノマクラ Clypeaster virescens の標本です!早口言葉みたいですね…
棘はありませんがウニの仲間です。ちなみにこちらは食べられません!!

四国7

最後は渦潮について!
瀬戸内海といえば鳴門海峡!鳴門海峡といえばうすしお!ということで渦潮発生についてわかりやすく解説してありました。


それでは北里祭展示紹介の大トリ、「九州 奄美·沖縄」班の紹介です!

おきな1
南国を感じる魅力的なパネル!

沖縄2

こだわりが詰まった解説が素敵!

沖縄3

小さくて可愛い魚たちの水槽。フウライチョウチョウウオ Chaetodon vagabundus、アカマツカサ Myripristis berndti、ハコフグ Ostracion immaculatus、キヘリモンガラ Pseudobalistes flavimarginatus が展示されていました。
桜島の溶岩をイメージした黒いレイアウトに赤や黄色の体がよく映えていました!

沖縄4

こちらはソデカラッパ Calappa hepaticaの展示です!
残念ながら姿を写すことが出来ませんでした…歩き方が可愛いソデカラッパを見ることができた方は超ラッキー!?

沖縄5

続いてはミナミトビハゼ Periophthalmus argentilineatus、ヒメツバメウオ Monodactylus argenteus の展示です。
マングローブ林をイメージした水槽のなかで群れて泳ぐヒメツバメウオの姿はとても可愛かったです!

沖縄6

カラフルポップ水槽!
キイロサンゴハゼ Gobiodon okinawae、ハタタテダイ Heniochus acuminatus、ニシキテグリ Synchiropus splendidus、マンジュウイシモチ Sphaeramia nematoptera が展示されていました。
水槽だけでなく水槽の周りもおしゃれに装飾していて、インスタ映え間違いなし!な展示でした!

2日間たくさんの方にご来場頂きました!本当にありがとうございました!!
この北里祭をもって9期生は引退となりました。今後は10期生、11期生がアクアリウムラボを運営していきます。これからも暖かい応援をどうぞよろしくお願い致します!

2019/11/14(木) 22:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!9期生の篠原です。
今週と来週はまだ引退したての9期生が、先日行われた北里祭での特別展、『日本縦断展』についてご紹介します!

今週ご紹介するのは「北海道班」と「関東・東海班」の展示です!



階段を上ってすぐに見える位置に置いてあったのが「北海道班」の展示パネルです。

北海道1

クラーク博士の名言をもじったパネルとなっていました。
そしてこの班の目玉展示だったのが・・・

北海道2

こちら!オショロコマ Salvelinus malma です!こちらは北の大地の水族館様からご提供いただいたとのことです。
写真では写せませんでしたが、展示中にオショロコマが跳んでいる様子がよく見られました。

北海道3

この班では他にもクロソイ Sebastes schlegelii とゴマギンポ Stichaeopsis nana も展示していましたよ~!



続いては「関東・東海班」!
こちらは森~川~海のつながりを意識した展示をしていました。

関東2

展示期間中以外にも人気だったのがこちらのアカハライモリ Cynops pyrrhogaster です。多くの人から「かわいい~」との声が上がっていました!

関東3

次に川の展示です。こちらにはアカヒレタビラ Acheilognathus tabira erythropterus、ドジョウ Misgurnus anguillicaudatus、カワムツ Nipponocypris temminckii、タイリクバラタナゴ Rhodeus ocellatus、ギンブナ Carassius auratus langsdorfii、オイカワ Opsariichthys platypus が展示されていました。
この水槽には足下に踏み台があり、小さい子供でも上からのぞき込めるように工夫されていました!

関東7

海の展示では相模湾・駿河湾に生息する12種類もの魚が1度に見られる豪華な水槽が!
この2つの湾がいかに多様性に富んでいるかがわかるような展示でした。

他にも干潟の生物としてヤマトオサガニ Macrophthalmus japonicus、コメツキガニ Scopimera globosa などの展示や、季節来遊魚であるトゲチョウチョウウオ Chaetodon auriga、フウライチョウチョウウオ Chaetodon vagabundus の展示もありました!

関東4

関東6

これらの多様な生物を支えているのがプランクトンです。森から川、海へと流れ込んだ栄養塩は植物プランクトンに食べられ、植物プランクトンは動物プランクトンや小魚などに食べられます。
このように栄養塩は生物の多様性を支える大事な存在なのです!

そして皆さんが水族館で見かけて最も癒やされる存在であろうクラゲ、こちらもプランクトンなのです!

関東5

こちらのビゼンクラゲ Rhopilema esculenta、実は展示している水族館が少ない(もしくはないかも・・・)結構貴重なクラゲなんです!皆さんご覧になりましたか?


今回はここまでです!次回は残り二つの展示についてご紹介していきます。もうしばらく9期生におつきあいください。
展示の動画など、北里祭当日の様子はInstagramの方にアップしてあるので合わせてご覧ください!
→@kitasatomb

最後まで読んでいただきありがとうございました!次回もお楽しみに!!

2019/11/07(木) 11:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!
8期生の百瀬です(=゚ω゚)ノ

寒い日が続いていますが、皆さんは体調崩していませんか?
お魚さん達は寒さに負けず元気に泳ぎ回っています!


ということで、今回はアクアリウムラボに新しい仲間が加わったので紹介したいと思います(^∇^)ノ


新メンバーはな、な、な、な、なんと!!!!!!!!!!!!!!!





日本初展示クラゲちゃん
です!!!!!

江ノ島水族館と同時に展示することになりました。



名前はミノクラゲLobonemoides robustus(仮称)です!

DSC_3243.jpg

ミノクラゲ①

DSC_3239.jpg

ミノクラゲはフィリピンからインドネシア、ミャンマーにかけて広く分布しています。
また、このクラゲは、成長するとミノムシ(Psychidae属)のような形状になると言われています。

触手の形が美しく、見ていて飽きないですねー(。>ω<。)ノ



ミノクラゲ水槽
ちなみに、水槽には「日本初」と書いてあるので、日本初展示のミノクラゲを見つけやすいと思います!

皆さんも一度はミノクラゲを見に来てくださいね!
ミノクラゲだけではなく、他のお魚も皆さんのご来館を御待ちしております!



それではこの辺で~(=゚ω゚)ノ


2017/12/05(火) 19:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム