FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト




2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!9期生の篠原です。
今週と来週はまだ引退したての9期生が、先日行われた北里祭での特別展、『日本縦断展』についてご紹介します!

今週ご紹介するのは「北海道班」と「関東・東海班」の展示です!



階段を上ってすぐに見える位置に置いてあったのが「北海道班」の展示パネルです。

北海道1

クラーク博士の名言をもじったパネルとなっていました。
そしてこの班の目玉展示だったのが・・・

北海道2

こちら!オショロコマ Salvelinus malma です!こちらは北の大地の水族館様からご提供いただいたとのことです。
写真では写せませんでしたが、展示中にオショロコマが跳んでいる様子がよく見られました。

北海道3

この班では他にもクロソイ Sebastes schlegelii とゴマギンポ Stichaeopsis nana も展示していましたよ~!



続いては「関東・東海班」!
こちらは森~川~海のつながりを意識した展示をしていました。

関東2

展示期間中以外にも人気だったのがこちらのアカハライモリ Cynops pyrrhogaster です。多くの人から「かわいい~」との声が上がっていました!

関東3

次に川の展示です。こちらにはアカヒレタビラ Acheilognathus tabira erythropterus、ドジョウ Misgurnus anguillicaudatus、カワムツ Nipponocypris temminckii、タイリクバラタナゴ Rhodeus ocellatus、ギンブナ Carassius auratus langsdorfii、オイカワ Opsariichthys platypus が展示されていました。
この水槽には足下に踏み台があり、小さい子供でも上からのぞき込めるように工夫されていました!

関東7

海の展示では相模湾・駿河湾に生息する12種類もの魚が1度に見られる豪華な水槽が!
この2つの湾がいかに多様性に富んでいるかがわかるような展示でした。

他にも干潟の生物としてヤマトオサガニ Macrophthalmus japonicus、コメツキガニ Scopimera globosa などの展示や、季節来遊魚であるトゲチョウチョウウオ Chaetodon auriga、フウライチョウチョウウオ Chaetodon vagabundus の展示もありました!

関東4

関東6

これらの多様な生物を支えているのがプランクトンです。森から川、海へと流れ込んだ栄養塩は植物プランクトンに食べられ、植物プランクトンは動物プランクトンや小魚などに食べられます。
このように栄養塩は生物の多様性を支える大事な存在なのです!

そして皆さんが水族館で見かけて最も癒やされる存在であろうクラゲ、こちらもプランクトンなのです!

関東5

こちらのビゼンクラゲ Rhopilema esculenta、実は展示している水族館が少ない(もしくはないかも・・・)結構貴重なクラゲなんです!皆さんご覧になりましたか?


今回はここまでです!次回は残り二つの展示についてご紹介していきます。もうしばらく9期生におつきあいください。
展示の動画など、北里祭当日の様子はInstagramの方にアップしてあるので合わせてご覧ください!
→@kitasatomb

最後まで読んでいただきありがとうございました!次回もお楽しみに!!

2019/11/07(木) 11:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!
8期生の百瀬です(=゚ω゚)ノ

寒い日が続いていますが、皆さんは体調崩していませんか?
お魚さん達は寒さに負けず元気に泳ぎ回っています!


ということで、今回はアクアリウムラボに新しい仲間が加わったので紹介したいと思います(^∇^)ノ


新メンバーはな、な、な、な、なんと!!!!!!!!!!!!!!!





日本初展示クラゲちゃん
です!!!!!

江ノ島水族館と同時に展示することになりました。



名前はミノクラゲLobonemoides robustus(仮称)です!

DSC_3243.jpg

ミノクラゲ①

DSC_3239.jpg

ミノクラゲはフィリピンからインドネシア、ミャンマーにかけて広く分布しています。
また、このクラゲは、成長するとミノムシ(Psychidae属)のような形状になると言われています。

触手の形が美しく、見ていて飽きないですねー(。>ω<。)ノ



ミノクラゲ水槽
ちなみに、水槽には「日本初」と書いてあるので、日本初展示のミノクラゲを見つけやすいと思います!

皆さんも一度はミノクラゲを見に来てくださいね!
ミノクラゲだけではなく、他のお魚も皆さんのご来館を御待ちしております!



それではこの辺で~(=゚ω゚)ノ


2017/12/05(火) 19:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
学祭の報告レポート後半です\(^o^)/



釣り水槽

このブログを読んでくださっている方の中には釣りが好きな人もいるかもしれません!
でも普段の釣りって、水中が見えないので
魚がどのようにして餌に食いついているのか分からない
ですよね?
その疑問を解決してくれるのがこの水槽です。

磯に生息している魚をたくさん詰め込みました!!
IMG_8829[1]

IMG_8830[1]
激しい水流の中でみんな元気に泳いでいました。

IMG_8831[1]
不定期に開催した餌やりショーでは、
餌のイソメに魚が食らいつくとお客さんから「おお~!」と歓声が上がっていました。



外来種水槽

近年、川に放流された外来種によって生態系が壊されてしまっています。
多摩川で確認されている外来種はなんと200種以上!
これらは主に人間が人為的に放流してしまったものです。

ここでは
シルバーアロワナ Osteoglossum bicirrhosum
グッピー Poecilia reticulataを始めとした外来種と

それに影響を受けている アユPlecoglossus altivelis
ヤマメ Oncorhynchus masou masouなどの
在来種2パターンの魚を展示しました。
IMG_8818[1]

IMG_8817[1]
外来種は放流しないようにしてくださいね。


カエル水槽

この水槽ではニホンアカガエル Rana japonica
アズマヒキガエルBufo japonicus formosus formosusなどの計6種を展示しました。

ガマガエルの出した油を一定期間煮詰めて作ったもの=ガマの油は
万能薬として用いられてきました。
さらに四字熟語やことわざにもなっていたことから、
カエルと人との関わりは昔から深かったということがうかがえます。

IMG_8819[1]

IMG_8820[1]

IMG_8821[1]
カエルってよく見てみると可愛いんですね笑



田んぼ水槽

田舎ののんびりした田んぼがある風景をイメージした水槽です。
ミナミメダカと、外来種であるタイリクバラタナゴ Rhodeus ocellatus ocellatus を展示しました。

IMG_8822[1]

IMG_8823[1]

外来種の中でも、特に他の生物に悪さをしてしまうものを特定外来生物と呼びます。
この中に含まれるカダヤシ Gambusia affinis とメダカの見分け方を紹介したパネルもありました!

IMG_8824[1]


そしてこの水槽の最大のポイントは、手作りの小さなかかしです!!
お客さまにも大好評でした!!
IMG_8825[1]
↑ちょこんと立っているかかし


学祭当日はたくさんの方に来場していただきました。
本当にありがとうございました。

来年のはさらにパワーアップした展示をしたいと考えているのでご期待ください♪

最後まで読んで下さりありがとうございましたヾ(o´∀`o)ノ

2017/11/27(月) 17:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!前回に引き続き8期の大久保です。

今回は11月4.5日に行われた北里祭の特別展示の様子をご紹介したいと思います。

テーマは「人と水生生物とのかかわり」です。
普段私たちが何気なく生活している中に、
実は多様な水生生物が関与しているんです!

7期4年生のラボの集大成として一人一人が案を考え、それを基に展示を行いました。

内容がとても盛りだくさんなので、前半・後半の2つに分けて書いていきますね。

IMG_8800[1]

IMG_8801[1]
今回は一階のみならず、二階も使うという豪華な仕様だったんです!



各水槽の様子ですヾ(・∀・)ノ

クラゲ水槽

大小2つの丸い水槽にクリサオラ・プロカミア Chrysaora  plocamia
ミズクラゲAurelia  auritaを展示しました。

毒針を持っているため刺されたり、時には大量発生したり、癒しの効果があったり、
さらには食べられていたりと、色んな形で人と関わっているんです。

来場してくださった方々にアンケートを取ったところ、
この水槽が人気ナンバーワン✨✨でした!!(拍手)

IMG_8802[1]

IMG_8828[1]


IMG_8804[1]




アートアクアリム

ここでは文化と水生生物の関わりに焦点を当てました。

例えばスカートやモッズコートに見られるスソの前後で長さ・丈が異なるデザインは
フィッシュテールと呼ばれており、「魚の尾びれ状の」という意味です。

それにちなみ、尾びれの形が特徴的で美しいベタBetta splendens を展示しました。

他にも映画や音楽、アートにまつわる生物を展示しました。

IMG_8805[1]

IMG_8806[1]

IMG_8807[1]
ベタの水槽↑

全体の雰囲気がとてもおしゃれで可愛らしい!❤




グラスアクアリウム

グラスアクアリウムとは、水草や石で作られたグラスの中の小さな自然の空間です。
機材を使わないため手間がかからないのがグッドポイント!

ミナミメダカ Oryzias latipesOryzias
ミナミヌマエビ Neocaridina denticulata denticulata
カージナルテトラ Paracheirodon axelrodi
ネオンテトラ Paracheirodon innesi の4種を展示しました。

IMG_8808[1]

IMG_8809[1]

IMG_8810[1]
見ているだけでなんだか癒されますよね(*´~`*)

アンケートでお客さまから、
「グラスアクアリウムの作り方を教えて欲しい!やってみたい!」
というコメントがありました。
ラボのイベントで、グラスアクアリウムのワークショップを検討中です!



磯採集水槽

ラボのスタッフも時々行なっている磯採集に着目した展示です。

チョウハンChaetodon lunula
トゲチョウチョウウオ Chaetodon auriga
フウライチョウチョウウオ Chaetodon vagabundus
ホンソメワケベラ Labroides dimidiatus がすいすい~っと軽やかに泳いでいました。

IMG_8811[1]
↑磯採集に必要なウエットスーツ、足ヒレ、ゴーグル、網などの器材も展示しました。


チョウチョウウオって実は捕まえるのが非常に難しいのです!
その様子を4コママンガで紹介しています。
IMG_8812[1]
IMG_8813[1]


このような感じで、個性あふれる水槽を4つご紹介しました。
後半もお楽しみに!(´∀`σ)σ

2017/11/26(日) 17:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム