プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト

2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!7期の高田です~~(^_^)

さて!今日は食用クラゲについて紹介したいと思います。

みなさん、クラゲを食べたことはありますか??
クラゲを食べる国は主に中国と日本です。冷やし中華などにたまに入ってますよね!コリコリしてて美味しいです。
ある水族館ではクラゲアイスなるものもあります!笑
調べてみてくださいねo(`ω´ )o

食用クラゲとして用いられるのは根口クラゲ目の仲間です。たとえば大量発生で有名なエチゼンクラゲ
Nemopilema nomuraiビゼンクラゲRhopilema esculentaなどです。

しかし、なぜこれらのクラゲが食用に…??

まず、主に人間が食べているクラゲの部分は間充ゲルというところです。簡単に言うとクラゲの傘など本体のプニプニしているところです。根口クラゲ目はこの部分が厚く、食感が良いため食用で用いられます。
クラゲって毒があるイメージだけど…??
クラゲの毒があるところは触手と言われる部分で、間充ゲルに毒はありません。なので安心して食べられているのです(*^o^*)

また、現在アクアリウムラボで世界初展示しているヒョウガライトヒキクラゲAcromitus maculosusもこの根口クラゲ目です。
食用クラゲとしての可能性も含め研究が行われていますo(`ω´ )o

20170603000648e1f.jpg
20170603000647ed3.jpg



クラゲを食べたことのないみなさんは是非一度食べてみてくださいね!

では読んでいただきありがとうございました~~( ^_^)/~~~

2017/09/26(火) 10:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!

アクアリウムラボ7期の新村です。

今日は、海水に含まれている成分とそれを補う方法についてご紹介します!

天然海水には77もの元素が含まれていると言われています。

中でも、生体、特にサンゴを飼育する上で重要になってくるのが…


カルシウムマグネシウムストロンチウムヨウ素


です!!!

これらの元素は、サンゴの成長に利用され、水槽内で徐々に減少していき、不足してしまいます。

不足したままにしてしまうと、サンゴの状態が悪くなり、最悪死んでしまいます。



では、どうすればいいのか?

方法は2つあります。


1つ目は…
とにかく水換え!水換え!水換え!です。

基本ですね。

水換えすることで様々な元素を補給することができ、また、汚れた海水を新鮮な海水に交換することができます。


しかし!元素の補給を水換えだけで補おうとするのはかなり大変で、人工海水代がかさんでしまいます。


そこで!2つ目の方法は…

添加剤!  です。


添加剤を使えば、不足している元素をピンポイントで補うことが出来ます。

添加剤には様々な種類があり、用途によって使い分けます。


ちなみに、僕は実家のサンゴ水槽に


リーフファンデーションA(Ca/Sr)
54318-1.jpg


リーフファンデーションB(Alk)
54319-1.jpg


リーフファンデーションC(Mg)
54320-1.jpg
を添付しています。


また、どうしても溜まっていってしまう硝酸塩除去のために

NO3:PO4-X
54327-1.jpg


も添加しています。



これはあくまで一例にすぎません。

添加剤は様々なメーカーから様々な種類のものが販売されています。

皆さんの水槽にあった添加剤を見つけてみてくださいね!


最後に!

添加剤を添加しているからと言って水換えをしなくてもいいということはありません。

あくまでも水換えの頻度を減らすためのものです。

添加剤では補いきれない部分もありますので、水換えも怠らないようにしましょう!


このブログを見て添加剤、そしてサンゴの飼育に興味を持っていただけましたでしょうか?


そこのあなた!

是非サンゴの飼育に挑戦してみてください!



では今日はこの辺で(^_^)/~




   

2017/09/24(日) 19:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは(・∀・)
ラボ8期生の百瀬です!

皆さん、夏休みの自由研究はどんなことをしましたか?

今回は、来年の夏休みの自由研究に役立てられる「骨格標本の作り方」について紹介したいと思います!

今回はコロダイ(Diagramma picta)
IMG_3384.jpg

を骨格標本にしていきたいと思います。
まず、ピンセット、新聞紙、瞬間接着剤、黒い板、魚の死体、圧力鍋(無ければ普通の鍋でも可)、オキシドールを用意して下さい。

必要器具が用意できたら早速骨格標本を作っていきましょう!

まず、圧力鍋で1時間~2時間煮ていきます。これで、大体の筋肉が骨から剥がれ落ちます。しかし、これだけでは骨についている筋肉を完全に剥すことが出来ません。

圧力鍋でも取り除くことが出来なかった筋肉を溶かすため、オキシドールに骨を漬けていきます。オキシドールはタンパク質成分を溶かすため、2時間以上漬けておけば細かく残った筋肉が溶けて綺麗な骨だけになります。

オキシドールに漬けた後は、骨を綺麗に洗い、新聞紙などの紙の上で乾燥させます。

十分乾燥したら、黒の板の上に骨のパーツをピンセットでパズルのように組み合わせ、瞬間接着剤で固定して完成です!!

完成した骨格標本がコチラです↓↓↓↓

IMG_3383.jpg


骨がいくつか紛失してしまい、完璧な骨格標本とは言えないですが、とりあえず形にはなりました!
これからも完璧な骨格標本が作れるよう試行錯誤していきたいと思います!

それではこの辺で(=゚ω゚)ノ
最後までお読み頂きありがとうございました。

2017/09/17(日) 11:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!アクアリウムラボ8期の松原です(^-^)

夏休みも終わり、今週から講義が始まりました。
皆さん夏休みはどうでしたか?私は石垣島に旅行に行ってきました!豊かな自然とそこでしか見られない生物を見ることができ、とても充実した4日間でした+.(*'v`*)+

さて今回私が紹介するのはアカエイ Dasyatis akajei です!

24211.jpg

アカエイといえば、尾にある有毒の棘が真っ先に頭に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

24212.jpg
↑わかりづらくてすみません・・・

なので危険、怖いというイメージが強いかもしれません。
しかし、そんなアカエイの意外な一面について書いていきたいと思います!

皆さんは干潟などで大きな潮だまりを見たことはありませんか?
実はそれ、アカエイがつくったものかも知れません!
アカエイは、体を震わせて海底の砂を掘り、普段は砂の中に隠れています。
潮が引くと、アカエイのいた穴は丸い潮だまりとなり、そこに取り残された生き物のすみかとなるのです。
干潟で生き物の観察ができるのも、アカエイのおかげかも知れません(-∀-)

また、アカエイはエイの仲間の中でも最も食用に適していると言われます。
乾物の「エイヒレ」は酒の肴として有名ですよね!

私はエイヒレ以外のアカエイ料理にあまり馴染みがないので、煮付けや刺身など他のものも食べてみたいです(*´~`*)
それでは今日はこの辺で!(^-^)/



2017/09/13(水) 22:12 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム