プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト

2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちはラボ8期の加藤です(((^-^)))
最近梅雨通り越して夏っぽくなってきましたが、ラボにも夏っぽい子が新しく入ってきました!↓↓↓
20170525132040532.jpg

この子!!タテジマキンチャクダイ Pomacanthus imperator
Bloch, 1787 です!子供の頃は綺麗なブルーの渦巻き模様(通称ウズマキ)ですが、大人になるとこれまた鮮やかな黄色い縦縞模様になるそうです(写真がなくてすみません)…でもあれ?ウズマキともタテジマとも言い難い模様をしてますね…

そう、ラボのタテジマさんはまさに「大人になりかけ個体」なんです!!なかなかレアな(気がする)ので是非見に来て下さいね(^^)/
幼魚成魚ともに綺麗で観賞魚として流通してるので飼ったことある方もいらっしゃるのでは?

ところでどうして親と子で模様が違うのか考えたことはありますか?
熱帯の多くの魚では鮮やかなサンゴ礁に溶け込む保護色、毒を持つウミウシ類に擬態している、雌に求愛する、といった意味合いを持つことが多いですが、タテジマキンチャクダイの場合「親から身を守る」という役割が大きいようです。
親から?身を守る?と疑問に思った方も居るかもしれません。なんでも、タテジマキンチャクダイの雄は縄張り意識が強く、子供が大人と同じ模様では攻撃されてしまうためこのようになったんだとか。
ただ綺麗なだけじゃないんですね~それでは今日はこの辺で!!≡┗( ^o^)┛

2017/05/25(木) 13:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
みなさんこんにちは!8期の大久保です。
日に日に夏が近づいてきていますね!

今日はラボのアイドル的?な存在、
コンゴウフグLactoria cornutaについて紹介したいと思います!

この子、とっても可愛いんです!!!!!!
ぴょこんと突き出た二本の角に、青いお目目、おちょぼ口、小さな胸鰭で
パタパタと一生懸命泳いでいる姿は何時間でも見ていられます。(笑)

IMG_4411[1]

もしラボでかわいいやつ総選挙を行ったら、
上位に入ること間違いなしです!(個人的意見)


そんなコンゴウフグですが、ただ可愛いだけではありません。

フグというワードでピンときた方がいるかもしれませんが
実はこの子を持っています(;゜0゜)

体表からパフトキシンと呼ばれる毒性の粘液を出して
外敵から身を守っているんです。

人に対しての毒性はほとんどありません!
がしかし魚に対しては強い毒性を示します。

そのためコンゴウフグと一緒に違う種類の魚を飼育すると、
毒によって死んでしまうことがあるようです。

可愛いくせして毒をもっているなんて、、、
見た目にだまされないようにしなければ!(*`へ´*)

ではこの辺で!
最後まで読んで頂きありがとうございました!



2017/05/23(火) 11:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは! 8期の浦井です。

まだ5月ですが 最近 真夏のような日が多いですね。
みなさん、これからの紫外線と熱中症には気を付けましょう(´∀` )


タイトルにもあるように、現在 アクアリウムラボのバックヤードでは『掃除屋』を育成してます。

未来の掃除屋さんとはこちら↓

エビ1


゛川エビ″さんです。

ラボで飼育している川エビは ヌマエビの仲間です。


日本の川にすむ川エビたちは、「テナガエビ類」と「ヌマエビ類」の2つに分類されます。

水槽のコケ取りおよび残餌処理を担当する『掃除屋さん』になるのは、ヌマエビ類です。

ペットショップでも、水槽の掃除屋と呼ばれる川エビのほとんどが

ヤマトヌマエビ Caridina multidentataミナミヌマエビ Neocaridina denticulata

といったヌマエビ類です。



テナガエビ類は なんで 掃除屋ではないのか???というと…


彼らは肉食性が強く、飼っている魚を襲ってしまうからです‼

性格も少し荒いとか・・・(゚‐゚;)


ヌマエビ類のエビたちは肉食性が弱く、魚の食べ残しやコケを食べてくれます。

おとなしい性格なので、魚たちと一緒にしても安心です。



今は小さい個体が多く、魚たちが餌だと思って食べてしまう可能性があるので
アクアリウムラボのバックヤードで育成中なわけなのです。

掃除屋として活躍する日を期待してますヾ(o´∀`o)ノ


2017/05/21(日) 18:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!8期生の岩切です。
みなさん...ブサカワな生き物って好きですか?

「ブサイクなんだけど、なんかカワイイ」
たとえば、ブルドッグやブロブフィッシュなど、ありとあらゆるブサカワがこの世には存在します...

そんなブサカワな生き物が・・・ラボに来ました!!

それがこちら!!!
シビレエイ3
え?何だか分からないって?
普段は砂に潜っている生き物です。
シビレエイ2
そう!これがラボに来たブサカワ!!
シビレエイ Narke japonica です✨

え?ブサカワさのかけらもないじゃないかって??

そうなんです。シビレエイの真のブサカワさは、水槽の壁面にくっついたときにのみ拝めるものなのです...

その決定的瞬間がこちら!!
シビレエイ1
どうです、このブサカワさ!!!!
めちゃくちゃカワイイですよね~♡♡

シビレエイは、デンキウナギやデンキナマズと同じ発電魚として有名ですが、こんなかわいらしい一面もあったんですね~(*´∀`*)♪

みなさんもブサカワな生き物、ぜひ探してみてください。
癒されること間違いなしですよ✨

それではまた(^∇^)ノさようなら~!

2017/05/19(金) 18:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム