プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト

2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
はじめまして!
アクアリウムラボスタッフ9期生の横田です!

今回紹介するのはカラージェリーフィッシュ Catostyls mosaicusです。アクアリムラボの出口付近に展示されています。

A0561201-E803-4042-BB28-BA882A093D74.jpg

東南アジアの一部の海域に生息していて、名前にフィッシュと付いていますが、見た目の通りクラゲの仲間です。水中をぼふぼふと泳ぐ姿にとても癒されます。
カラージェリーの他にもブルージェリーと呼ばれることがあります。これは、青色の個体が最初に発見され、後に様々な色の個体が発見されたからなんです。アクアリムラボでは白色と青色の個体を展示しています。

では、なぜ同じ種なのに異なった色の個体が存在するのでしょうか??
それは、クラゲが体内に持っている褐虫藻と関係があるとされていますが、詳しくは分かっていないのが現状です。また、色に関してだけでなく、生態についても不明な点が多いため長期飼育が難しく、繁殖成功例もほとんどありません。

では、アクアリムラボではどのように飼育しているのでしょうか??
今回は給餌について紹介します!
餌は他のクラゲと同様にアルテミアという動物プランクトンの一種をあげています。隔離給餌といって、クラゲを水槽からボールにそーっと移して、そこにアルテミアをたっぷりといれてあげます。カラージェリー口腕という、傘の下のフサフサした器官から餌を食べるため、そこにアルテミアがたくさん付着します。餌をいれるとクラゲの拍動数が多くなるので、喜んでいるように見えるんです!とてもかわいいんですよ!!

D82BE3DC-B7C3-4CCD-8C34-86DC06ACA4C6.jpg


謎多きクラゲ、、、なんだか魅力的ですよね!
アクアリムラボでも、我が子のようにかわいがり、できるだけ長く元気に泳ぐ姿をお見せできればと思っています!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2018/02/16(金) 15:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
はじめまして!9期生の本宮です。

みなさん、ハゼはご存知でしょうか?誰でも簡単に釣れる魚としても知られていますよね。今回ご紹介するのはそのハゼの仲間、ヌマチチブ Tridentiger brevispiniです!
アクアリウムラボ正面の大きな水槽で展示しています。

ヌマチチブ


ヌマチチブは全長12cm程度の淡水魚です。日本では北海道から九州まで広い範囲に生息しています。名前に"ヌマ"とついていますが、沼だけでなく河川の汽水域や中流の川底で見ることができます。都市部の汚れた川や流れの速い川でも生息でき、多少の段差もハゼ科の特徴である吸盤で何のそのです!たくましいですね!

ヌマチチブ2

ラボの水槽でも石や壁に張り付いている姿がみられますよ!


全体的にずんぐりとしていてよく見ると愛くるしい?顔をしているヌマチチブですが、実はとっても気性が荒いのです。縄張り意識が強く、単独で行動しています。相手が自分より大きい魚でも遠慮なく攻撃しにいくので混泳にはあまり向きません…。安全に飼育するのであれば単独飼育がおすすめです!

またヌマチチブは地域によっては天ぷらや唐揚げなど食用にもされているようです。地方による呼び方もあるので、ダボハゼやバフという名前で聞きなれている人も多いかもしれませんね!


今回のブログを読んでヌマチチブに少しでも興味を持っていただけたら嬉しく思います。

アクアリウムラボにはヌマチチブの他にもハゼの仲間が展示されていますので、ぜひ見にきてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

2018/02/13(火) 14:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは! はじめまして!
新しいラボ員の細川です!

いつも、このラボ日記を閲覧して下さる皆様!
「ここ魚類ばっかりじゃん!」 「海産生物しかいないの?」  と思われているでしょう。

ところがどっこい、ちゃんとラボにはこんな生物もいるんです!
それがこちら…!
       ''アカハライモリ Cynops pyrrhogaster ''
DSC_0208-1536x864.jpg
アカハライモリは日本でよく『イモリ』と呼ばれている種類です。
田んぼ、池、川など日本の様々な淡水中に生息しており、草がよく茂り、湿気が多いところを好みます。
よく、ヤモリと混同されがちですが、それぞれ漢字で書くと『井守(イモリ)』、『家守(ヤモリ)』なので、家を守ってる陸上生物が''ヤモリ''、井戸を守っている水生生物が''イモリ''と覚えておきましょう。

アクアリウムラボではアカハライモリを『テラリウム』の中で飼育しています。
DSC_0209-864x1536.jpg
上の写真のように『テラリウム』とは、飼育ゲージや小さなガラス瓶の中に石や苔、草を設置し、小さな自然の一部を作り上げた環境の中で生き物を飼育する方法です。テラリウムは見た目の良さから、園芸やインテリア家具としても親しみがあり、また、生物にとっても自然に近い環境をとれるため、近年ではとても人気がある飼育法です!

テラリウムはメンテナンスやいろいろな機材費の心配で敷居が少し高めといわれがちですが…

実際は、中に設置する草や石は近所などにあるちょうどいいものや、ペットショップに売られている小さい流木などを用いればかなり安く済みます。また、アクアリウムラボのイモリでは淡水を循環させているのですが、底面フィルターと呼ばれる微生物濾過を行うものを採用しているため、濾材の心配はいりません。

僕は魚以外の生物もとても好きなので、今回はイモリとテラリウムについて語ってしまいました…(^^;
いつかは自分も家にテラリウムを置きたいと考えているため、このブログを記述するにあたり、テラリウムの勉強になりました!
皆さんも家の中に小さな      テラ
                    地球
                             を作ってみませんか?


2018/02/09(金) 12:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
はじめまして!アクアリウムラボスタッフ9期生の萩島です。

今回紹介する生体はサンゴについてです!
そもそもサンゴってなんなの?植物?動物?といった疑問を持つ人がいると思います。ですので簡単にサンゴについてご紹介したいと思います。

サンゴは刺胞動物に分類されています。刺胞動物というとクラゲがイメージしやすいと思います。サンゴもクラゲと同様に刺胞動物ですので毒針を持っています。毒針といっても人を殺すほどの毒性はありませんが、種によっては肌が荒れる可能性があります。
またサンゴは褐虫藻と呼ばれるプランクトンを共生させています。褐虫藻は光合成することが可能で光合成産物をサンゴに提供しています。またサンゴは自身の代謝産物である二酸化炭素や老廃物を褐虫藻に提供することで褐虫藻の光合成を手助けしています。
ですのでお互い生命活動を可能にする重要な関係性になっています。
サンゴと褐虫藻との関係は複雑で興味深いことがまだまだありますが文章ばっかりだとつまらないのでアクアリウムラボにいるサンゴの写真を載せたいと思います。
IMG_5241.jpgIMG_5244.jpg
このサンゴはコエダナガレハナサンゴと呼ばれています。写真でも綺麗ですが目視で見ると非常に美しい蛍光グリーンで発色しています。この蛍光色は褐虫藻を紫外線から守るために発色していると考えられています。アクアリウムの世界ではわざと生物に影響の少ない400nmの波長(ほぼ紫外線)を当てることでこの蛍光色の色揚げが行われたりしています。

IMG_5242.jpgIMG_5243.jpg
このサンゴはディスクコーラル Discosoma nammiformeと呼ばれています。ディスクコーラルは非常に丈夫で弱い光量でも増殖能力が高い種であるのでサンゴ入門種として有名です。また様々な外見や色を持ち、原産地によって特徴的な発色を持つものもいます。
サンゴは様々な種類が存在し、それぞれ独自の発色をしていて宝石のようです!
この記事を読んでサンゴについて興味が沸いていただければ幸いです。

2018/02/06(火) 00:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム