FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト

2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!
10期生の藤原です!

先日は母の日でしたが、皆さんはお母さんに贈り物はしましたか?
今回は魚の世界でも、子供思いなお母さんを紹介します!

そのお母さんとは、ネコザメ Heterodoutus japonicus です!ラボにいる個体はまだまだ子供ですが…

D6g7tVEUwAAI-t6[1]

サメ類はもとより、子育てをしません。卵から孵るサメとお母さんから産まれてくるサメと産まれ方は二通りありますが、いずれも生まれた瞬間から弱肉強食の世界です…
そんなサメの中でも、ネコザメは特に子供思いのサメなんです!

ネコザメは卵を産んで、卵から子供が孵ります。その写真がこちらです。

D6gz4-cUUAAiVan[1]

いわゆる普通の卵と違い、ネジのような特殊な形をしていますよね。これがネコザメの子供思いたる所以となります。
お母さんは産卵後に卵を岩陰まで運び、口を器用に使ってネジの要領で岩の隙間に卵をねじ込むのです!
ちなみに、向きは一般的なネジ同様に右回りです。

D6gz4-YU8AEtdvm[1]

こうして卵は荒波や天敵から守られ、多くの卵から子供が孵ります。
産卵後のクタクタな体でも、しっかりと子供を守る。とっても優しいお母さんですよね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

2019/05/15(水) 12:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!
9期生の地齋です!

今回は、クラゲの目について紹介します。
『クラゲに目なんてあるの?』と思う方も多いかもしれませんが、実はちゃんとあるのです!

種によって数や位置は違いますが、クラゲには眼点という目の役割をするものがあります。

ここでは、一般的にはよく知られていて、ラボでも展示しているミズクラゲ Aurelia aurita を取り上げます。

image1.jpeg

ミズクラゲでは傘の縁にある8個の感覚器の中に眼点があります。

image1 (1) 改良

赤い丸で囲まれた白く見える点が感覚器です。写真では見えませんが、実際に近くで見てみると、感覚器の中にとても小さな黒い眼点も見えます!

目と言っても、私たち人間の目のような高性能なものではなく、明暗を感じる程度のものですが…。

それでも、何も考えずにのんびり漂っているようなイメージのクラゲにも目があるなんて、なんだか不思議ですね。

これからクラゲを見るときには、是非、目にも注目してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

2019/05/08(水) 14:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは 10期の福室です。

ゴールデンウイークも中程ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、アクアリウムラボの生体の中でも特に奇妙な生き物を紹介したいと思います。

その名もヤツメウナギ。

アクアリウムラボで展示されているのはヤツメウナギの仲間のうち、スナヤツメ(Lethenteron reissneri)という種です。彼らは「無顎類(むがくるい)」と呼ばれる原始的な脊椎動物で、顎を持っていません。そのため、吸盤状の口で石などに張り付いて生活しています。

_20190429_133124.jpg


さて、このヤツメウナギですが八つ目でもなければウナギでもありません。ではなぜこのような名前なのでしょうか?
それはこの姿を見れば分かります。

_20190429_114823.jpg


まず「ウナギ」の部分ですが、これは細長いウナギの様な体型をしているためです。
では「ヤツメ」はどこから付いたのでしょうか?

1556357821570.jpg


ヤツメウナギの体側には、この様に8対の点が見えます。これが目のように見えるため、「八つ目」と言われています。実際には目は①の1対で、その後ろの②~⑧の7対は鰓孔(さいこう)と呼ばれるエラの穴です。

この様な奇妙な特徴を持つヤツメウナギ、是非アクアリウムラボに見に来てみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

2019/05/01(水) 00:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!
9期生の田所祐輔です!
平成最後のブログになります!
今回は、バックヤードの水槽に、気になるクラゲがいたので紹介します!


ある日僕は、この魚たちがいる水槽のゴミ取りをしていました。
1556073638013.jpg


そのゴミに紛れてこんなものが…
1556073640108.jpg


これはクラゲの「ポリプ」という幼生です。

このポリプの付け根あたりからクラゲの傘が出てきて、やがてクラゲが水中を漂いはじめます。

この写真の赤矢印がさしているのがポリプから出てきているクラゲです。
Fotor_155607581931332.jpg
まだこの時点では種類はわかりませんが、自宅で飼育してみることにしました。


3日後…


ポリプからクラゲが出てきました!元気に泳いでいます!
1556073642054.jpg


さらに2週間後…

クラゲが大きくなりました!
1556073643765.jpg


十分に成長したため、このクラゲはサルシアクラゲSarsia tubulosaと同定できました!
透明な傘から伸びている4本の触手と傘からはみ出した口柄(こうへい)が特徴です!
1556073645224.jpg


今回紹介したのは、バックヤードの水槽内に偶然発生したもので、ゴミ取りをするまで僕も全く気づきませんでした。こんなふうに水槽全体をよく観察してみると、色々な発見があります。

是非アクアリウムラボに来て、展示水槽を観察してみてください!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

2019/04/24(水) 12:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム