プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト

2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!8期の大久保です。

今回は、普段飼育している生物が食べている「エサ」について書いていこうと思います。

生物の体や口の大きさ、食性などによって与えるエサは様々ですが、その中でもぜひ知って頂きたいのがアルテミアArtemia sp.です。

節足動物の仲間で、種によってはブラインシュリンプ、シーモンキーとも呼ばれています。

アルテミア1
小さくて写真が撮れなかったので、イメージイラストを描いてみました。
幼生と成体では、かなり姿形が異なります!


アルテミア2
実物はこのような感じです。オレンジ色をしているので幼生です。
当ラボでは、クラゲや熱帯魚のエサとして使用していますが、、実はすごい能力を秘めているんです!

その能力とは、卵が長時間乾燥に耐えられることです。アルテミアは海ではなく、塩水湖に生息しています。湖が干上がるなど、生息環境が厳しくなるとメスは乾燥耐久卵を産みます。この卵は10年でも20年でも生き続けることができると言われています。


アルテミア3
この茶色いつぶつぶが卵です。

また、アルテミアがいる塩水湖の塩濃度は8~25%と非常に高いんです!
海水が3.5%ほどなので、他の生物は生息できません。このおかげで、魚に食べられて全滅することなく生き延びてこられたんですね~
ちなみにお味噌汁は0.8~1.0%だそうです(笑)

一億年も前から形態が変化していないことから、生きた化石とも言われています。シーラカンスLatimeria chalumunaeやオウムガイNautilus pompiliusにも負けていません!(笑)

この生物、どんな味がするのかずっと気になっているのですが、勇気が出ず食べられていません、、。もし食べた経験のある方がいらっしゃれば、味の感想を教えて頂けると嬉しいです(^∇^)ノ

それではこの辺で!

2018/06/19(火) 16:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!ラボ8期の岩切です。
最近は雨続きで憂鬱な気分になりがち…

ですが、そんな雨も憂鬱も吹き飛ばす!
嬉しい出来事があったのでご紹介します✨

実はこちらのお魚さん。
グッピー Poecilia reticulataベビーが誕生しました!!ヽ(≧∀≦)ノ
image1_20180617164846d55.jpg

めちゃくちゃ小さくてかわいいですよね(*’U`*)

グッピーの特徴の1つに「産仔」があります。
これはメスが卵ではなく、仔魚を産むことを意味します。この仔魚が上の写真の子達になります。

この子達がもう少し大きくなると…
image3_20180617165100e66.jpg

こんな感じ。ここまで成長するのに2ヶ月ちょっとくらい?でした。お魚の成長がいかに早いかがよく分かります。

産まれたばかりの子達は、親や他のグッピーに食べられてしまう恐れがあるので、親とは別の水槽で飼育します。上の写真の様に、尾びれに模様がはっきり出てきたら、親と一緒の水槽に入れても大丈夫なサインです!

また、グッピーは生後4~6ヶ月もすれば十分に繁殖させることが出来ます。
メスは産仔が近づくと、お腹が大きく膨らみます。さらに、膨らんだお腹の後ろ、尻びれの付け根あたりが黒くなります。

これが妊娠マークです(矢印のところ)。
image2_20180617165251f36.png

この様なサインが出た親を産卵箱に移し、子どもを産んでもらいます。

ここまで、グッピーの成長の流れをご紹介してきましたが、いかがでしたか?
私はこの小さくてかわいいお魚が、短い期間で成長するのを見る度、「お前はスゴイなぁ」なんて感心してしまいます(笑)
お魚に比べて、人が成長するのになんて時間のかかること…お魚に負けず、日々成長していきたいものです!!

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!
それでは今回はこの辺で✨


2018/06/17(日) 16:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!8期生の伊藤です。

前回紹介されていたオニダルマオコゼ Synanceia verrucosa の水槽を見てみたら・・・

図1

何やら白くてひらひらしたものが?!

図2

これは魚が脱皮した表皮なのです!

水槽にはオニダルマオコゼ以外に,オニオコゼ Inimicus japonicus もいます。

図3

この2匹はほとんど動かないため,体表にコケなどが付いてしまいます。
脱皮によって取り除く役割があるかもしれませんね(^ ^)

発見した時には脱皮した後だったので,オニダルマオコゼが脱皮したのか,2匹とも脱皮したのかはわかりませんでした。
次脱皮する時は,脱皮している最中に見られるといいですね!
それではまた(^∇^)ノ

2018/06/12(火) 17:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!9期の横田です!

今回は何回か登場しているとは思うのですが、オニダルマオコゼ Synanceia verrucosa について新しい発見があったそうなので紹介したいと思います。

オニダルマオコゼといえば背鰭に強力な毒針を持っていて、とても危険な魚だということはよく知られていると思います。海水浴シーズンが近づいてきてるので、みなさんも踏まないように注意してくださいね!

image1_20180609114002a1f.jpeg

そんなオニダルマオコゼですが、顔面に飛び出しナイフを持っていたことが今年の4月ごろに発見されたそうです!
研究の報告によると、これは涙サーベルと呼ばれ、刃物状の突起がオニダルマオコゼの目の下の骨の部分にあり、頬の筋肉を使って飛び出す仕組みになっているそうです。しかし、これには毒は含まれていないらしいんです。(矢印の部分あたり) 

oni.jpeg
 
では、どのようなことに使われるのでしょうか??

涙サーベルは緑の蛍光色をしているらしく、岩などに擬態するオニダルマオコゼがそのような目立った色を餌をとる目的には使用しないだろうと考えられています。
では何のためか?それは、天敵から身を守るためだけでなく、仲間同士の争いに使ったり、求愛行動に使ったりする可能性があるそうです!
隠し持った武器!カッコイイですね!

また、現在オニダルマオコゼは134種が確認されていますが、それらの分類にも関わってくるのではないかと言われています。

オニダルマオコゼの新発見を紹介しましたが、おそらくラボで飼育している個体で確認することは難しいと思います!申し訳ありません!

このように知られている魚でも、まだまだ分かっていないことがあります。
みなさんも魚に興味を持って注意深く観察すると、大発見があるかもしれませんよ !
ぜひ、アクアリウムラボにお越しください!

2018/06/09(土) 12:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム