fc2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
月別アーカイブ
大学校内案内図********************************
東京都及び神奈川県に「まん延防止等重点措置」の適用が決定されたことから、
2022年1月21日(金)から2月13日(日)までの見学受け入れを
中止させていただきます。

既にお申し込みいただいた皆様には、誠に恐縮ですが、同期間のお申し込みを
キャンセルとさせていただきますので、ご容赦願います。

なお、2月14日(月)以降の見学は、予約を受け付けておりますので、お申込みください
 (「蔓延防止等重点措置」が延期された場合は、受け入れを中止することがあります)。
******************


「開館時間」
平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 






その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト




2037/12/31(木) 23:59 | コメント:1 | トラックバック:0 |
皆さん、こんにちは。
アクアリウムラボ12期の佐藤(洸)です。

お盆ももう終わってしまいましたね。皆さんは実家に帰りましたか?

僕の実家は田舎にあるのですが、夜になると田んぼでよくカエルが鳴いていて、都会よりも騒がしいんじゃないかとも思います。

そんなカエルが属する両生類ですが、有名なカエルやイモリ以外の両生類を知っていますか?

今回紹介するのは
トウキョウサンショウウオ Hynobius tokyoensis
です。
S__112017414_convert_20220816210813.jpg

この生き物は、サンショウウオという生き物の1種で、厳密に言うとイモリと同じ有尾目と呼ばれるグループに属しています。尾が有ると書くので分かりやすいですね。

想像しにくいかもしれませんが、水中より沢や水辺に近い森や土の中で生活し、幼生の時や産卵時では水中にいます。この、水の中と水の外での生活どちらの生活も行うので両生類なんですね。

これらの生活環境によって、成体では肺呼吸、幼生では鰓呼吸を行います。

S__112017415_convert_20220816210955.jpg

頭の横から出ている赤色の鰓が見えますか?成長していくにつれてこの鰓が消えていき、無くなる直前で上陸を行い成体となるのです。

最後に、このトウキョウサンショウウオは関東地方周辺に生息しているのですが、名前の通り、東京都にも生息しています。しかし、近年の開発や乱獲などによってトウキョウサンショウウオが生息できる環境や個体数がどんどん少なくなってきています。実際、私たちがこの問題に対しできることは少ないです。ですが、これらの問題を知ることで意識を変えていき、いざ直接関わる立場になった際に何か行動を起こせるようになれたらいいなと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
アクアリウムラボは現在、事前申し込み制で開館しています。予約については下記のURLをご参照ください。

https://www.kitasato-u.ac.jp/mb/faculty/aquarium/

2022/08/17(水) 12:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
みなさんこんにちは!

アクアリウムラボ13期の河辺です。

8月も2週目に入り、まだまだ暑い日が続きますね。



そんな8月真っ只中、先日相模原キャンパスではオープン
キャンパスが行われました。

それに合わせ我々アクアリウムラボでも夏の企画展を実施しており、様々なブースが立っているのですが、



本日はその中から多門水槽を紹介したいと思います。



多門水槽って?

その名の通り多数の動物門を一緒に飼育している水槽です!

IMG_2603.jpeg


この通り!!

なかをのぞいてみると、

20220810112933a13.jpeg


こちらみなさん馴染みのある

アサリ Venerupis philippinarum(軟体動物門)が見られたり、

2022081011294222c.jpeg


こちら殻高が高いことからその名がつけられた

コシダカウニ Mespilia globulus(棘皮動物門)や、

20220810112959cc0.jpeg


甲が前方に開いた扇形であることが特徴の

オウギガニ Leptodius affinis(節足動物門)

などなど、



他にも

イタボヤ Botrylloides violaceus(脊索動物門)

カンザシゴカイの仲間(環形動物門)

コケムシの仲間(苔虫動物門)

カイメンの仲間(海綿動物門)

その他諸々....



これら異なる動物門の生き物たちを同じ水槽で見ることができるのです!!



普段お魚たちに目が行きがちですが、こうやって無脊椎動物たちに目を向けてみると思っていた以上に魅力的だったりするものです。



我々が所属する海洋生命科学部では2年次に、真鶴での海洋実習があるんです。そこで無脊椎動物を採集、同定、後日それをもとに図鑑を作成します。

オープンキャンパスのための企画ということもあり、この実習を紹介しよう!という展示にするためこの水槽が立てられました。





と、なんだか最後は学部の紹介になってしまったような気もしますが、、

ぜひお魚以外の生き物たちにも着目してみてください!



アクアリウムラボは現在、事前申し込み制で開館しています。予約については下記のURLをご参照ください。



https://www.kitasato-u.ac.jp/mb/faculty/aquarium/



最後まで読んでいただきありがとうございました!
続きを読む »

2022/08/10(水) 20:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
みなさん、こんにちは!
アクアリウムラボ13期の狩俣です。
最近また暑くなり、セミの鳴き声がよく聞こえるようになってきました。

今日は「ギンポ」について紹介したいと思います。

突然ですが、皆さま「ギンポ」という魚をご存知でしょうか?
狭義ではギンポ Pholis nebulosa という1種類の魚を指しますが、広義では海のニョロっとした魚の一部をまとめて「ギンポ」と呼ぶようです。

アクアリウムラボにもそんなニョロっとした魚たちがいるので紹介したいと思います!

まずはこちら
ニジギンポ


こちらは磯水槽にすむニジギンポPetroscirtes breviceps というお魚です。
このギンポは鋭い牙をもっており、噛まれるとなかなか痛い…!

お次はこちら
ハナジロガジ


こちらはハナジロガジ Opisthocentrus tenuis 。三陸のアマモ場を再現した水槽のメンバーになります。「ガジ」とつく魚はギンポの中でも特にニョロニョロなグループです。


最後はこちら
カエルウオ


こちらはサンゴ水槽にいるカエルウオ Istiblennius enosimae でイソギンポ科のお魚になります。
カエルウオという名前の通りカエルのような可愛らしい顔つきをしてますね。
このカエルウオ、水槽の壁面に生えた藻類を食べる、いわば掃除屋としての役割を担っています。

お掃除の成果↓
カエルウオーはみ跡

はい。藻類をはんだ跡が見えるでしょうか。
(お掃除屋…というには少し汚れが目立つので食べ残しはラボメンバーが定期的にお掃除します。)

以上、ラボで見られるギンポの仲間たちの紹介でした!
アクアリウムラボにはこの他にもナベカやイソギンポといった「ギンポ」と呼ばれる魚がまだ隠れているので、普段あまり日の目を見ない彼らにも是非着目してみてくださいね!

アクアリウムラボは現在、事前申し込み制で開館しています。予約については、下記のURLをご参照ください。
http://www.kitasato-u.ac.jp/mb/faculty/aquarium/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

2022/07/27(水) 10:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
みなさん、こんにちは!
アクアリウムラボ12期の沖です。
最近は雨が続き、むしむした暑い日々が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
今回は、とある水槽から生まれた、ラボ生まれの生き物をご紹介します。

その生き物が生まれた水槽がこちらです。
oki-1.jpg
アクアリウムラボ常設展示の入り口にある、岩礁水槽の様子です。

一見、魚たちと岩や砂しかない水槽に見えますが、ある一つの岩に注目してみましょう。
oki-2.jpg
この岩にその生き物たちがついています。どこにいるかわかりますか?

もう少し拡大してみましょう。
oki-3.jpeg
なんとこの水槽にクラゲのポリプがついていたのです!!
(クラゲの生活環についての詳しいことは、下記のブログを読んで下さい!)
http://kalsdiary.blog.fc2.com/blog-entry-1015.html

私たちが手を加えた訳ではなく、この水槽の中でポリプが自然に発生して、増えていました。しかし、ポリプだけでは、正確に何クラゲであるかの判断ができません。そのため何クラゲか突き止めるべく、少し小さい岩についたポリプを育てることにしました。

それがこちらです。
oki-4.jpeg
ラボメンバーにも協力してもらい、毎日お世話をしていると、
oki-5.jpeg
こんなにもポリプが増えました!

次はエフィラを出すぞ!と思い、いろいろな刺激を与えてみましたが、エフィラは全然出てきません……。
失敗が続き、ポリプをダメにしてしまったこともありました……。

しかし、諦めずにポリプのお世話をしていると、
oki-6.jpeg
やっとポリプからエフィラを出すことができました!!!!

エフィラを育てていき、
oki-7.jpeg
岩礁水槽にいたポリプは、サカサクラゲCassiopea ornataのポリプであることがわかりました!

まだまだ小さいクラゲですが、いつか展示することを目標に日々お世話を続けています!
お楽しみに!!
oki-8.jpeg

アクアリウムラボに来た際には、岩礁水槽の魚だけでなく、岩についているポリプにも注目してください!
もしかしたら、他の水槽にもポリプがついているかも??

アクアリウムラボは現在、事前申し込み制で開館をしています。予約については、下記のURLを参照してください。
https://www.kitasato-u.ac.jp/mb/faculty/aquarium/

最後まで読んでいただきありがとうございました!

2022/07/20(水) 19:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム