FC2ブログ

プロフィール

ラボスタッフ

Author:ラボスタッフ
北里大学海洋生命科学部
ミニ水族館
『北里アクアリウムラボ』
学生スタッフ達による日々のあれこれをお届けします。

最新トラックバック
大学校内案内図「開館時間」
 平日   10:00~16:00

「アクセス」
 JR相模原駅より
  神奈川中央交通バス 2番乗り場 
   「相模大野駅北口」行等に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車
 小田急 相模大野駅より
  神奈川中央交通バス 1番乗り場           
   「北里大学病院・北里大学」行
   「北里大学病院・北里大学」経由 相模原駅行に乗車
   「北里大学病院・北里大学」下車

 北里大学相模原キャンパス内 MB号館1階

「入館料」
 無料 

※学外からお越しの方は、下記に前日までにお申し出ください。
 北里大学海洋生命科学部事務室
 電話番号:042-778-7919

その他北里アクアリウムラボに関するお問い合わせはこちら
 aqualabo★kitasato-u.ac.jp  ★を@に変えてお送り下さい。
スポンサーサイト




2037/12/31(木) 23:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
とある朝、ラボスタッフが生き物たちの様子を確認しているとなんとタカアシガニの一匹、カニカマと呼ばれる子が…
103632.jpg

分身!?
いいえ、脱皮でした。

ということで今回10期の古賀からのブログは見事脱皮に成功したタカアシガニMacrocheira kaempferiについてです。

甲殻類のタカアシガニにとって脱皮という行動は成長していく中で大切なものです。脱皮しないと大きくなれないですからね!
ですがこの脱皮、体力が保たなかったり外部からの刺激などで失敗してしまったという話も良く聞きます。腕が曲がる、時には死んでしまうことも…
このことから今回脱皮の前兆であるエサを食べない状態が続いたためもう一匹のタカアシガニ(カニコロ)が刺激を与えないように
タカアシ脱皮2

壁となるものを設置。
あとは無事を祈るだけでしたので成功して良かったです。あわよくば脱皮の瞬間を動画に収めたかったのですがね…

そんな脱皮後のタカアシガニ、カニカマさんはいったいどのくらい大きくなったのか。
これは脱皮する前のお写真です。今回脱皮したカニカマは左の小さめな方。
タカアシ脱皮3

それが今では…
タカアシ脱皮4

「わたしのほうがデカいわ!」
右にいる子がカニカマです!大きくなりました。皆さんこれが死ぬ気で挑む脱皮の力です!!!

そしてこちらは脱皮殻ですが…
タカアシ脱皮5

とても綺麗な形で残っております。
この脱皮殻は今後タカアシガニ付近に展示予定です。ただいまコロナウイルスの影響で休館中ですが落ち着きしだい是非お越しください!

最後までご覧頂きありがとうございました!それではまた!

2020/03/25(水) 18:04 | コメント:0 | トラックバック:0 |
みなさんこんにちは!10期生の梶谷です。
14日の雪は驚きましたね!その日は出かけていたので積もらなくて助かりました。今年神奈川では積もって居ないので寂しい感じもありますが…。


今回はお休み中に搬入された仲間たちをご紹介します。彼らの水槽はこちら、
サンゴ水槽です!
サンゴ水槽
以前来た方には違いが分か……
分かりますよね???


今回2種類の熱帯魚と6種類のサンゴが搬入されました。
まずはチェルブピグミーエンゼル(Centropyge argi)!
チェルブピグミーエンゼル
黄色の反対色コーデが印象的ですね。
前から見た顔が何ともシュールですね笑
しかし見た目に似合わずすぐ岩やサンゴの裏に隠れてしまいます…。是非探してみて下さいね♪


お次はこの子!
スパインチークアネモネフィッシュ
これは…ニモ?いいえ、ニモでお馴染みカクレクマノミとは別種のスパインチークアネモネフィッシュ(Premnas biaculeatus)です。カクレクマノミとそっくりなのですが、頬に大きな棘が付いてるのが特徴です。2種類とも同じ水槽におりますので見比べて見てくださいね!


他にもサンゴが多数搬入されました。1つの画像にまとめましたのでご参照下さい。
スジチヂミトサカ(Nephthea striataKükenthal)
ツツウミズタ(Clavularia inflata)
アワサンゴ(Alveopora verrilliana)
ヒユサンゴ(Trachyphyllia geoffroyi)
バブルディスクコーラル(Ricordea florida)
コモンサンゴ属の仲間(Montipora sp.)
搬入されたサンゴ
(⑤、⑥の場所は写真では分かりづらいので割愛)


最後に、
北里アクアリウムラボはコロナウイルス感染拡大防止の為3/31まで休館させて頂いています。しかしこのラボブログを初め、TwitterInstagramにて休館中の様子を発信しています。是非ご覧下さい。
又、開館までの間サンゴ水槽含め様々な進化を重ねています。あと2週間、楽しみに待っていて下さいね!
最後までお読み頂き、ありがとうございました!

2020/03/18(水) 13:58 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは!11期生の伊藤です。
今回、ご紹介するのはネズミゴチRepomucenus curvicornis です。

ネズミゴチ 1


メゴチと呼ばれる魚です。釣りをされる方はメゴチと聞いて「あの魚か!」と思われる方が多いのではないでしょうか?
しかし、実はメゴチという魚は別にいます。ネズミゴチはスズキ目の仲間、メゴチはカサゴ目の仲間です。少しややこしいですね...
また、この魚はメゴチ以外にも呼び方がたくさんあります。関西ではガッチョ、テンコチなどと呼ばれたりします。

ネズミゴチは漢字で鼠鯒と書きます。名前の由来としては、この特徴的な口とエラの近くの胸ビレがネズミの顔に見えるためネズミという名前がついたそうです。

ネズミゴチ 2枚目



松葉揚げ、煮付けで食べられます。高級魚として扱われ、旬は初夏から夏だそうです。もうすぐ旬になりますね。

口元や目が少し飛び出ているところがとても可愛らしく、体表の模様もきれいです!

現在、バックヤードにいますが、これから展示されるかもしれないのでぜひアクアリウムラボにお越しください!

最後までお読みいただきありがとうございました。


2020/03/11(水) 18:06 | コメント:0 | トラックバック:0 |
こんにちは、10期生の小川です。

3月に入り、ついに就活が解禁となりました!企業説明会への参加やESの提出など、我々就活生には慌ただしい月になりそうです…!

さて、ここでクイズです。
「海星」
↑これ、なんて読むか分かりますか?








正解は「ひとで」

ラボのイトマキヒトデ

↑アクアリウムラボで飼育中のイトマキヒトデ Patiria pectinifera

海の"星"で「ヒトデ」とは、なかなか粋な読み方をさせるものです。ちなみに英語でヒトデはstarfishといい、こちらにもやはり "星(star)" という言葉が入っていますね。

☆とヒトデは形がよく似ているので、このように結びつけられることがよくあります。

初めにヒトデと星を結びつけたのは古代エジプト人と言われています。海の近くで暮らしていた古代エジプト人は、ヒトデを星に見立てて壁画を描いたそうです。そして、いつしかヒトデの形そのものが星を表す記号になったそう。"☆"のルーツはヒトデにあったんですね……!すごいぞ、ヒトデ!

最後に、イトマキヒトデを流れ星に見立てた画像を作ってみました。
流れ星ヒトデ

流れ星に願い事をすると願いが叶うといいます。皆さんもこの流れヒトデくんに願い事をしてみてください!

ちなみに私の願いは、「内定がもらえますように」です……。

2020/03/04(水) 17:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム